人気ブログランキング | 話題のタグを見る

真面目なクリスマスの話


☆学会員も楽しいクリスマス.

前回の記事は、→ここをクリック!
クリスマスの朝、奥さんと次のような対話をしました。

クリスマス って、何でお祝いするの?キリストの誕生日?」(私)
「そう。でも、日本のクリスマスは企業の陰謀みたい」(奥さん)
「商業ベースってことかな?」
「本来、クリスマスは家族が集まって過ごすもので、恋人同士や友人と楽しむためじゃないって。テレビでやっていたわ」
「家族のためということは、日本の正月みたいなものかな?」
「外国では、新年の始まりはハッピーニューイヤーで終わりみたい。年末のカウントダウンまでは盛り上がっても、年を越すと普通に仕事だったりする」
「へー、正月から仕事なんて僕は考えられないなあ。正月ぐらいのんびりしたいもの。お雑煮を食べて、のほほんとする。日本人で良かったよー」
「日本人だって仕事してる人、いるじゃない」
「あゝ、でも、それは可哀そうだ。悲しいことだな」
「ちゃんと正月手当がつくよ。誰かがやらないと困るでしょう?」
「手当が付いても、僕は正月に仕事なんかしたくないなあ。でも家族は喜ぶか‥手当で給与が増えるからね。本人は悲しい、でも奥さんと子供は喜ぶ」
「手当が付くから家族が喜ぶなんてことはないよ」
「いや、喜んでいる奥さんはいる。間違いない。亭主元気で留守がいい」
「いやらしい考えだなあ、低俗だなあ」
「ジョーダンですよ。本気なわけ、なかろう」

こんな対話をしたクリスマスの朝だったのです。(笑い)
で、「そもそもクリスマスとは何か」をネットで調べてみました。
子供の頃から楽しんできたクリスマスとは、一体、何なのか。
以下は、ウィキペディアからの抜粋です。

新約聖書 には、イエス・キリストの誕生日を特定する記述はない。
イエス・キリストが誕生した日がいつにあたるのかについては、古代からキリスト教内でも様々な説がある。新約聖書にイエスの誕生日に関する記述はないが、10月1日か10月2日が誕生の日と推測する説もある。
1993年9月15日に、イギリスの天文学者が聖書中の天文現象の記述から、イエスの誕生日は紀元前7年9月15日とする説を発表した。
キリスト教圏では、クリスマスには主に家族と過ごし、クリスマスツリー(常緑樹で、一般にモミの木)の下にプレゼントを置く。
クリスマスツリーの習慣は、中世ドイツの神秘劇でアダムとイヴの物語を演じた際に使用された樹木に由来している。またクリスマスツリーに飾りつけやイルミネーションを施す風習は19世紀以降のアメリカ合衆国で始まったものである。
キリスト教の中でもカトリックの影響の強いイタリア、ポーランド、フランス、スペインなどでは、クリスマスは12月25日に始まり、1月6日の公現祭に終わる。24日はクリスマス・イヴとして夜を祝う。
大人たちは、12月初旬からクリスマスにかけて、愛情を込めた言葉を記したクリスマスカードを郵送しあう。子供達がプレゼントを貰うのは1月6日である。
オランダやドイツの一部地域では、12月6日がニコラウスの日で、子供達はプレゼントをもらう。ドイツでプレゼントを持ってくるのは北部ではヴァイナハツマン(降誕祭の男)、南部ではクリスト・キント(キリストの子)と呼ばれている。
プレゼントを貰えるのは、それまでの1年間に良い子だった子供だけで、悪い子は石炭を与えられたり、木の枝で打たれることになっている地域もある」.

サンタのオジサン は世界共通ではなかった。
トナカイが引くソリで、シャンシャンと来るわけでもない。(唖然)
おそらく、私のような無知な日本人は多いであろう。
第一、12月25日はキリストの生誕日ではなさそうだということ、西暦元年が正しい誕生年度でもなさそうということ、また、「クリスマスの日に、悪い子は木の枝で打たれる」という風習などはビックリな話である。世界は広く、深い。(^^)
キリストの誕生の年について、ご参考にウィキペディアの記述を示す。
「西暦1年は、キリストの生まれた年と決められており、紀元前を表すB.C.は「Before Christ」すなわち「キリスト前」という意味である。しかし実際には、キリストが生まれた年は紀元前8年から紀元6年ごろまで諸説ある。
西暦の1月1日を新年として祝うのは王政ローマで紀元前713年ごろから始まった。多くのキリスト教国や日本はそれに倣っている」



西暦すら正確な数字ではないということを初めて知りました。
最後に、<商業主義に対するローマ教皇の懸念>と題されるウィキペディアの記述を紹介いたします。
「第265代教皇・ベネディクト16世は、2005年、以下のようなコメントを発している。現代の消費社会の中で、この時期が商業主義にいわば「汚染」されているのは、残念なこと。降誕祭の精神は、「精神の集中」と「落ち着き」と「喜び」であり、この喜びとは、内面的なもので、外面的なものではない」.
なるほど、確かにクリスマスは企業の陰謀のようだ。
けれど、私のような部外者(学会員)からすると、この商業ベースの華やかなクリスマスは楽しいし、ありがたい祭典なのであります。^^
長い文章になりましたね。読んで、これが結論かとガッカリかも。
ガッカリされた読者の皆さま、ごめんなさい!
クリスマスの別記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-12-26 00:40 | つぶやき | Comments(2)
Commented at 2015-12-27 08:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2015-12-27 08:56
非公開さん、おはようございます。
何だか、ずっと緊張して歩んでいて、後1日で今年の仕事が終わると思ったら、ドッと疲れが出たんですね。
気持ち一つで、こんなにも出てるものなんだって、当の本人も驚き、桃の木なんですよ。(^^)
今日もいくつかスケジュールがあるし、明日は仕事納めなので気を抜く訳にいかないのですが、一度抜けた気は戻りませんね。(苦笑い)

非公開さんの進行は、当分、まったく大丈夫です。
新年明けて、気合が入ったらお願いします。
と、言いますのも、私の方は貯金が一杯あるから。^^
あと数か月かかりますから。(^^)
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護