人気ブログランキング | 話題のタグを見る

点字ブロックの発明


☆利用者の意見が一番大事.

公明新聞のコラムに点字ブロックの記事がありました。
以下に抜粋し、所感を述べます。



「駅で視覚障がいの男性に出会った。
白杖を持ち、すり足で進む。通路に点字ブロックがあった。
考案したのは岡山県「街の発明家」三宅精一氏。
きっかけは岩橋英行氏。岩崎氏は網膜色素変性症を患っていた。迫る失明の日。
三宅氏は友人の岩崎氏が安全に歩ける方策を考える。「苔と土の堺が靴を通して分かる」という彼の言葉をヒントに、点字ブロックを発明した。
1967年、岡山盲学校近くの横断歩道前に第一号が登場。
1970年、駅のホームに初めて設置された。
岩橋氏は、通勤途上で点字ブロックに触れた安心感を「もっとも素晴らしい介添え者に出くわしたような感じ」と記した。
駅のホームは視覚障がい者にとって危ない場所。
転落して死亡する事故もある。
そこで利用者の多い駅では、ホームと路線を作で隔てるホームドアや、どちら側が線路か分かる内方線付き点字ブロックの整備が進む。
これは、長沢ひろあき衆院議員が国会で「視覚障がい者は本当に命が懸っている」と訴え実現した。公明党は困っている人たちの手を取り、進む」.



以上は公明新聞(4月12日)からの抜粋です。
さて、晴眼者は、目から情報を得て活動しています。
ゆえに、視覚障がい者の方々の本当の気持ちは分からない。
当事者の使用感覚こそが正しい答です。
ひらがな御書も同じ。目で判断する私は、最初、千早さんの要望に素直に従わず、「このほうがいいのに」と思ったことが沢山あった。
しかし、それは道具に行動を合わせるようなもので良くないと気づいた。
やはり、行動に道具を合わせないといけない。
相手の立場にいかに立つか。そのために意見を詳しく聞くべきだ。
そのことに気づき、途中から千早さんの要望を最優先にした。
ひらがな御書はそうして今があります。
ひらがな御書HPは、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-05-03 06:05 | 自在の人 | Comments(8)
Commented at 2016-05-03 09:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-05-03 13:00 x
〉どちら側が線路か分かる内方線付き点字ブロックの整備が進む

左右の片側が、直線の点字ブロックのことですよね。
これに関しては、それまで完全に気づかなかったんですよ
実際に目の不自由な人には、どっちが線路かわからないということに
実物を見たときに、確かにそうだ。と思いました
Commented at 2016-05-03 22:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2016-05-04 06:32
非公開さん、盲導犬のYouTube、悲しい音楽に聞こえましたね。
でも感動の物語だったのですよ。
私、盲導犬のこと益々大好きになっています。
非公開さんの話聞くと、心から偉大な血統のラブラドールと生活したくなります。^^
★菊川広幸
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-05-25 20:37 x
今日の公明新聞で川崎の「エスコートゾーン」の記事がありました

子供の頃から横断歩道に点字ブロックが無いのが不思議でした
これは日本中に増やしたいですね
Commented by sokanomori3 at 2016-05-25 21:31
永遠の凡夫さん、こんばんわ。
時間はかかりますけれど、着実に増えているようですね。
政治のチカラが大事ですね。
利用者の声も大事。^^
★菊川広幸
Commented by 福島の壮年 at 2016-06-20 13:08 x
マイクロソフトの事業戦略上の勝手なやり方が、
眼のご不自由な方を困らせているようですね。
こちらのルールに則り、urlは提示しません。
以下、記事ソースは、毎日新聞です。

マイクロソフトの最新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」への
自動更新問題で、視覚障害者らが使う、パソコン画面の
表示を音声に変換する「読み上げソフト」が使えなくなる
トラブルが相次いでいる。
「10」への更新を巡っては、拒否の方法が分かりにくいなどの
理由から、画面が見える健常者の間でも意図しない自動
更新が問題になっており、支援団体は「視覚障害者が対応
するのはさらに困難」と話す。(中略)
 東京都北区の女性(62)は目の病気で視野が狭く、
見えても文字を拡大しなければならないため、PC使用時は
読み上げソフトが頼みだ。外出時の支援を依頼する時などに
PCは欠かせない。

 マイクロソフトの更新を勧める通知に気付いてはいたが、
新しい読み上げソフトの購入が必要になるため通知を消して
いた。
しかし、「10」への更新は通知を画面上から消すだけでは
拒否できない。このため、5月中旬に突然更新作業が始まって
しまった。更新終了直前に同意を求める通知が表示されたが、
読み上げソフトが使えなくなったという。

 女性は約2週間かけて相談先を探し、最終的に
「東京都障害者IT地域支援センター」(文京区)に連絡。
同センターで元のOSに戻し、今は従来と同じように使えている。
女性は「ソフトも新しくしなければならないし、慣れるのも大変で
安易に更新はできない。
全盲の人はもっと困っているはずだ」と心配する。
Commented by sokanomori3 at 2016-06-20 21:30
福島の壮年さん、こんばんわ。
そうですね、私もPC新しくして、過去の音声ソフトが使用できなくなりました。PCの商業ベースの弊害ですね。
進化させたくないのに、進化させられてしまう。
進化のためにおカネも手間暇もかかる。
その進化が、利益にならないことは多いですね。
仕方ありません。戦うしかありませんね。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん、おはようござい..
by いつも at 08:22

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護