人気ブログランキング | 話題のタグを見る

祈祷抄(2016年6月度座談会御書)


☆法華経の行者の祈りは叶う.

2016年6月度大白蓮華800号の表示の写真を以下に添付します。

祈祷抄(2016年6月度座談会御書)_b0312424_2195189.jpg<写真解説>
今月号は800号の大白蓮華でした。
表紙に赤文字で「創刊800号」と記されています。

祈祷抄(きとうしょう)。
以下に、6月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載された祈祷抄(1351ページ)のひらがな文、漢字文を示し、背景と大意を述べます。

○ひらがな文.

だいちは ささば はずるるとも おおぞらを つなぐ ものは ありとも
しおの みちひぬ ことはあり とも ひは にしより いずるとも
ほけきょうの ぎょうじゃの いのりの かなわぬ ことは ある べからず.

○漢字文.


大地は ささば はづるる とも 虚空を つなぐ 者は ありとも
潮の みちひぬ 事は あり とも 日は 西より 出づる とも
法華経の 行者の 祈りの かなはぬ 事は ある べからず.

○背景と大意.

文永9年(1272年)、日蓮大聖人51歳の御時、佐渡でしたためられた御書です。
冒頭、「諸宗の中でどの宗教の祈りが叶うのか」との質問を設けられ、「諸宗の経典は仏説であるから一往は祈りとなるが、法華経の祈りこそが最上の祈りである」とご指南されています。祈りは絶対に叶う・・本当でしょうか。
大聖人は「但 法華経をもつて いのらむ祈は 必ず祈となるべし」(ただ ほけきょうを もって いのらん いのりは かならず いのりと なるべし・1344ページ)と述べられています。大聖人は法華経の行者です。でも、私たちは信力も行力も弱い・・大丈夫でしょうか。
しかし、本抄には次の御文があります。

「ぎょうじゃは かならず ふじつ なりとも ちえは おろか なりとも みは ふじょう なりとも かいとくは そなえずとも なんみょうほうれんげきょうと もうさば かならず しゅごし たまうべし」(行者は 必ず 不実なりとも 智慧は をろかなりとも 身は不浄なりとも 戒徳は備へずとも 南無妙法蓮華経と申さば 必ず 守護し給うべし・1352ページ)

すなわち「法華経の行者としての実践が十分でなくても、智慧は愚かであっても、身が不浄であっても、持戒による徳を備えていなくても、南無妙法蓮華経と唱えるなら、必ず(諸天善神)が守護すると述べられています。
たとえ不実でも守護される、これはスゴイこと。
ご参考に、ひらがな御書の「祈祷抄の背景と大意」を以下に示します。
その背景と大意は、→ここをクリック!

○所感.

「祈りが叶うのか」・・これは苦難に直面したとき、誰もが思うことです。しかし私は、500項目を超える祈りがことごとく叶ったという体験があります。
その体験記事は、→ここをクリック!
祈りは叶うのです。そして、今となっては、祈りは絶対に叶う、叶えてみせる、という揺るがぬ確信が私にはあります。
それは「絶対に成し遂げる」という強い気持ちと、強い祈りがあってのこと。そして「行動」が必要不可欠になります。

大白蓮華59ページに行動の重要性が書かれています。
「大事なことは祈りを根本に行動することです。先輩のアドバイスを受けたり、研究したり、誰よりも努力してこそ、職場での結果も出せます」
「自分の成功だけを祈るのではなく、広宣流布を祈りの根本に据える。広宣流布のために職場で実証を示させてくださいとの祈りが大事です」
ですから行動なき祈りは叶いません。
できれば広宣流布の祈りにしたいものです。

さて、今回の大白蓮華800号ですが、何と750号のとき、まったく同じ祈祷抄の御文が今月の御書に採用されていました。^^
その750号の記事は、→ここをクリック!
この発見は、私自身、とっても驚いています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-05-23 22:40 | 座談会御書 | Comments(11)
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-05-24 16:15 x
2012年の5月ですか、その頃は鬱病で部屋に引きこもって寝たきりで、都会のホームレスみたいになってました
(もちろん大白なんか読んでません)
自分は、御本尊様や諸天に見放されたんだ。と絶望を嘆いて生きていました

それが一年後には人生が激変して、学会に復帰したんですよね
「大誓堂完成のタイミングで、青年学会勝利の年に、一人の青年が立ち上がった。これはすごいことだ」とか言われても当時の私は訳わかりませんでした(笑)

それからしばらくして、この御書を知ったんです
「必ず不実でも守られる」を身にしみてわかりました

こんな自分でも、救われていいんだ。幸せになっていいんだ。と涙を流しました
Commented at 2016-05-24 16:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-05-24 16:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2016-05-24 20:33
永遠の凡夫さん、こんばんわ。

>こんな自分でも、救われていいんだ。幸せになっていいんだ

大きな悟りですよね。
私もありましたよ、あの一生成仏抄で。
幸せとは仏になることなんだ!
その覚醒が今の私の原点です。^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2016-05-24 20:36
非公開さん、了解いたしました。
スバラシイ体験ですね。
自分という主人公の人生、さらにさらに輝かせてくださいね。
ガンバレ、非公開さん!^^
★菊川広幸
Commented by 悩み人 at 2016-05-25 00:54 x
こんばんは!
以前、コメントさせていただいた者です。
いつも、勇気を頂いてます。
今年に入って、編年体御書で研鑽を始めたいと思いまして、創価オンラインで探したところ、通常版の御書のみしか販売していなかった為、聖教新聞社に問い合わせをした結果、現在は販売をしていないということでした。
博文等にも問い合わせをしましたが、置いていないということでした。
もし、菊川さんのルートで、どこかで、編年体御書が残っている等の情報がもし、あれば教えて頂けないでしょうか?
本当に、突然で失礼なコメントで申し訳ありません。
Commented by sokanomori3 at 2016-05-25 05:09
悩み人さん、おはようございます。
編年体御書、絶版ですか!?
博文堂に置いていないとするなら、ないでしょうね。
編年体御書は、私、一度、全編拝読していて、大聖人の足跡を年次で追えるので味わいのある御書です。
読みたいというお気持ちは良く分かります。
そうなると古書として入手するしかないでしょうね。
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2016-05-25 05:15
古本、ほとんど出ていないようです。

http://auctions.search.yahoo.co.jp/search/%E6%97%A5%E8%93%AE%E5%A4%A7%E8%81%96%E4%BA%BA%E5%BE%A1%E6%9B%B8/0/

ここに、1冊発見しました。
★菊川広幸
Commented by 悩み人 at 2016-05-25 08:15 x
おはようございます❗

ありがとうございます❗
Commented by 報恩感謝 at 2016-07-06 19:46 x
大好きで心肝に染めるつもりで読んでいる祈祷抄 

絶対に祈りは叶う 無疑日信で祈る

そして良い結果を常にイメージして戦い祈りきる

私は毎日ご本尊様に唱題出来るこの身の幸せをご本尊様に感謝しながら祈っています。

絶対に祈りは絶対に叶う! このサイトに出会えた事に感謝します。
Commented by sokanomori3 at 2016-07-06 21:44
報恩感謝さん、こんばんわ。
ありがとうございます。

>私は毎日ご本尊様に唱題出来るこの身の幸せをご本尊様に感謝しながら祈っています。

研ぎ澄まされた信心、されていますね。
大勝利、されてくださいね。^^
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護