人気ブログランキング | 話題のタグを見る

精神病を理解する


☆精神病を理解したプロセス.

統合失調症を克服したカメさんからのメール写真を添付します。

精神病を理解する_b0312424_20101594.jpg<写真解説>
一応今でも薬は飲んでいますが副作用に負けず頑張っています(^^♪
と記されたメールの写真です。



私は精神疾患、うつ病すらよく理解できないでいました。
それが統合失調症となると、さらに分からないのです。
カメさんの体験を語る前に、まず、私の体験からお話します。

精神科病院 とはどういう病院なのでしょうか。
昔は精神病院と言われていました。名称が変わったのは平成18年6月です。
その改定の理由は「精神病院という用語には精神病者を収容する施設というイメージが残っていて、このことが国民の正しい理解の深化や患者の自発的な受信の妨げとなっている」という理由からだそうです。
かくいう私は、幼少期、精神障害(統合失調症やうつ病)の知り合いはいませんでした。その私が精神病の人を見たのは26歳前後の時です。
社会人になってしばらくして、精神科病院を仕事で訪れたのです。
(以下、当時の話なので精神病院と呼びます)
当時、私は何の知識もなく精神病院の建物に入りました。
そこは老人ホームのような感じでしたが若い人もいました。
鍵のついたドアをいくつか通ると、目つきがおかしい男性がいました。
普通ではないのです。重い症状のようでした。
さらに奥に進むと鉄格子の檻のような部屋がありました。
私が見た風景はそれだけです。

うつ病の人 を実際に知ったのはそれから20年近く経ってからです。
私が42歳のときだったと思います。
その知人は家を建て、子供のいる家族のご主人でした。
優秀な大学を出て仕事をされていましたが、うつ病で退職を余儀なくされ、転職しましたがやはり続かず休職していました。
知人は失業保険が切れるまでに就職しなければならず悩んでいました。
奥さんは家計をまかなうためにパートをしていました。
親密な付き合いはなかったのですが、私は年賀状を出していました。
1月の初旬、ハガキが送られてきて、その知人が亡くなられたと知りました。
知り合いから遠回しに聞くと自殺でした。ビックリしました。
その後、職場にうつ病の社員がいて休職しました。
とにかく「ガンバレ」と言ってはならないと教えられ、腫物にでも触るように優しくするだけに終始しました。「仮病ではないのか」とも思っていました。
見た目は普通です。だのに病気だという・・

理解できない 人たちだった精神病の人々・・
その人たちがどのような苦悩を感じているのか。
そのことを知ったのはこの3年ほどの間、直近のことです。
それまでは接触はあったものの理解をしようとしなかった。別世界の人たち、理解できない人たちと思っていました。
その世界を痛烈に教えてくれた人がいるのです。
一人は千早さん、もう一人がカメさんでした。
千早さんは「うごけん病」という病気、カメさんは「統合失調症」でした。
うごけん病というのは千早さんが付けた名称で、実際は「気分変調症」と呼ばれる病気。名前からは大変そうなイメージはありません。
「動けない病気って なんだろう?」と最初は思っていました。
ともかく気持ちが重くなり動けなくなるのです。
同じころ、カメさんの悩みに接しました。「幻聴を聞く」とのこと。
私は困惑しました。なぜなら雲を掴むような話だからです。
励まそうにも励ませないもどかしさ・・
当時のカメさんの記事が<別館>にあります。
その記事は、→ここをクリック!

当時の私は、統合失調症と聞いてもさっぱり分かりませんでした。
まして、千早さんが病気とも感じていませんでした。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-08-21 20:18 | 体験談 | Comments(3)
Commented by kaisen at 2016-08-22 21:45 x
私もうつ病の部員さんがいます。
いつも家庭訪問をするのですが、信心と病気の関係などについてどう言葉をかけて良いか悩んでいました。

そうしたら私もうつ病になってしまいました。
本当に苦しいです、自分をダメな人間と思い自殺したい衝動に常にかられます。

菊川様の知人の気持ちが良くわかります。

幸い良い医者に巡り合うことができたので、少しずつ焦らずに病に向き合っていきたいです。

Commented by sokanomori3 at 2016-08-22 22:37
kaisenさん、こんばんわ。
あなたは素晴らしい人です。
病気がそのように思わせるのでしょうね。
これも、今生のあなた様の使命ですよ。
数多くのうつ病の人たちに同苦し、救済する使命があるのです。
離婚も職場での苦労も全部です。
今まで乗り越えてこられたではありませんか。
一歩一歩焦らず進みましょうね。
★菊川広幸
Commented by kaisen at 2016-08-23 00:07 x
菊川様
コメントありがとうございます。

そうですね、これも私の使命として一歩一歩進んで行きます。
自ら御本尊にこのような病や境遇を願い生まれたのですから。


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書の集い
ひらがな御書
ひらがな御書に学ぶ
ひらがな御書の解説
座談会御書・解説
御書の登場人物
仏法用語
小さな一歩でしゅっぱ~つ♪
千早抄 (体験談)
千早美術館
前略 千早さま
愛別離苦
日本点字図書館見学記
新版御書の拝読
新人間革命読書感想文
聖教新聞
創価学会総本部
日蓮大聖人
池田大作先生
池田先生の詩
池田大作先生の逝去
戸田城聖先生
牧口常三郎先生
幹部指導
功徳を得る信心
創価学会の記念日
創価ニュース
学会書籍のご案内
折伏教典の研究
創価学会歌
希望の哲学
創価学会の問題
宮田幸一氏問題
妙音・自由の人
障害者スポーツ
自在の人
自在会情報
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
勤行 唱題
公明党
政治
一般書籍のご案内
管理人より
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
飼い猫ラッキ一
<別館>のご案内
創価の森通信フリーダム
学会員として生きる
体験談
地域の灯台たれ
窓際族以降の17年
私の仕事
親孝行
母の旅立ち
良死の準備
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
介護士への道2023
介護福祉士2023年5月~
介護士の転職方法
ウクレレ愛好家
ボランティア芸人
夢修行
健康づくり
怪我・病気対策
ミニマリスト
大工は魔法
料理は魔法
健康ジョギング
フルマラソン
ぼっちキャンプ
ウイスキー愛好家
雑記帳
つぶやき
俳句
ポエム
日本・世界遺産見学
経済
フェイクニュース
創価学会批判
紛争・災害ニュース
沖縄の戦争
21世紀の戦争
九州大震災
大白蓮華
グラフSGI
公明党候補一覧
新版御書の全編拝読
任用試験
老後の人生設計
他宗教
サカマキガイ駆除
日顕宗
ダイハツミラ660
太鼓
実家の解体
未分類

最新のコメント

kaisenさん、おはよ..
by sokanomori3 at 06:15
菊川さん、こんにちは..
by kaisen at 16:58
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 08:02
kaisenさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:32
菊川さんこんにちは。..
by kaisen at 18:07
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:05
菊川さん、マンドリンのコ..
by 千早 at 13:18
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:57
聖教新聞 6月22日の名..
by 千早 at 19:50
菊川さん、コンサート本当..
by 千早 at 19:47
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:09
おはようございます。 ..
by 千早 at 07:00
つくだ煮さん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:24
現役引退初日、おめでとう..
by つくだ煮 at 00:00
非公開さん、こんにわ。 ..
by sokanomori3 at 10:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:19
菊川さんコメントすごくお..
by 千早 at 20:11
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 05:18
菊川さま、こんにちは。 ..
by キョンシー at 20:43
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:10

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2024年 11月
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護