人気ブログランキング | 話題のタグを見る

パラ選手は障がい者か


☆パラリンから学ぶこと.

400mリレーのパラ選手の新聞記事写真を添付します。
パラ選手は障がい者か_b0312424_216676.jpg


写真解説「パラリンピック400mリレーで銅メダルを獲得し、笑顔でガッツポーズをする4人の日本陸上アスリートの写真です。(読売新聞9月13日)」

パラリンとはいかなる意味なのでしょうか。
もとは半身の不随(paraplegic)+オリンピック(Olympic)の造語。
半身不随者以外も参加するようになったため、1985年から、平行(Parallel)+オリンピック(Olympic)で、「もう一つのオリンピック」と解釈することになった、とのこと。なるほど!^^

さて、世界中のパラ選手たちが頑張っているリオ・パラリンピック。
どの選手たちも半端なく元気で、輝きに満ちていいます。
この陸上400mリレーの選手、2人のひざ下はバネ状の義足です。
別の2人は腕に障がい(欠損等)があります。
レースは4位だったが、米国の失格で結果、銅メダルを獲得した。
金メダル、銀メダル、銅メダル・・どれもスゴイ。
入賞と比べて僅差だが、メダルはやはり重い。

それにしても何という健康な人たちだろう、と思うのです。
確かに、あるべきものがない、機能すべきものが機能しないということは事実。
でも、この選手たちには余りある強靭な健康が宿っている。
果たして、この人たちは「障がい者」なのでしょうか?
どう見ても、障がい者ではない。健常者以上ですね。

読売新聞(9月9日)に、パラ選手の言葉がありました。
「障害という言葉を死語にしたい」
「僕は自分を障がい者と思っていない。例えば、高齢で体が動かなくなる。皆はそれを老いという。例えば心に問題を抱える人がいる。内在するものは見えにくい。人は皆、何かしらの障がいを抱えている。大きな違いはないと思う」
新聞は「彼らを障がい者と呼べるのか」と語っていました。

この人たちは、やはり障がい者ではないと思います。
障がいを克服した人、としか言いようがないから。
障がいを個性に変えて輝く人とも言える。
ともかく、この人たちの姿を見て、ただ圧倒されるばかり。
目が見えなくてもサッカーすらできるのですから驚きです。
サッカー記事は、→ここをクリック!

私は千早さんを通じて自在会を知りました。
千早さんの記事は、→ここをクリック!
また、私の地区に過去いらっしゃったSさんから妙音会を知りました。
妙音会Sさんの記事は、→ここをクリック!
また、うるとらまんさんの奥さんを通じて、さらに理解が深まりました。
うるとらまんさんは、→ここをクリック!
この3人の方々は、元気に幸せに生きていらっしゃるのです。
勿論、障がいはあります。不自由もされている。
でも、克服して輝いているスゴイ人たち。^^

この人たちを障がい者というなら私も障がい者です。
近眼、老眼、脳みその劣化(笑い)による実行力の低下、気力の衰え、年齢から病気の治りが遅い、その他いろいろ。人生における問題(障害)も数知れず。
同じですよ。性格の欠点も障害といえば障害(業・カルマ)。
例えば大酒のみ、ギャンブル、浮気、虐待・・
皆、何かある。皆、同じです。

私としては、パラ選手に障がい者という認識はなくなりました。
私より数十倍も上のパフォーマンスだから。
沢山のことを学べる、リオ・パラリンです。
パラリン別記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-09-17 22:04 | 妙音・自由の人 | Comments(4)
Commented by sokanomori3 at 2016-09-19 06:27
1名様、コメントの前半部の内容が分かりにくく、コメント公開をいたしませんこと、お許しください。
https://www.youtube.com/watch?v=ZlAW_HnUdjo
は、拝見いたしました。
麻生太郎さんが絶賛していましたね。
まさに障がいを乗り越えるためのチャレンジ。
嬉しく拝見いたしました。
★菊川広幸

Commented by いつも at 2016-09-19 14:22 x
菊川さん、こんにちは。
前半は偏向報道についてでした。(^^)
後半は、この記事と共通する方だと思い、ご紹介しました。

これは、お時間あればです。(^^)v
http://www.citizens-i.org/kenpo/050423/takenaka.htm

たぶん、菊川さんと同じ意見だと思います。
Commented by sokanomori3 at 2016-09-20 06:50
いつもさん、ありがとうございます。
ワード9ページ分、プリントアウトしました。
通勤電車の中で読みます。
ありがとうございます!^^
★菊川広幸
Commented by とろサーモン at 2016-09-21 03:14 x
おはようございます、菊川さん。「障害」は、持ってる人はもちろん周囲の人や社会全体が大きく変わり飛躍するための大いなるバネですね。私は創価の日蓮仏法を信じないとこういう発想はできないままだったと思います。人から言われてもピンと来なかったかもです。ありがとうございます、菊川さんたち創価学会同志の皆様、本当にありがとうございます(*^▽^*) 


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん、おはようござい..
by いつも at 08:22

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護