人気ブログランキング | 話題のタグを見る

聖人御難事(しょうにんごなんじ)資料


☆師子王の信心で成仏する.

聖人御難事(1189から1190)の記述の3か所を示します。
先に原文、後ににひらがな文を添付します。

而るに 日蓮 二十七年が間 
弘長元年 辛酉 五月十二日には 伊豆の国へ 流罪 
文永元年 甲子 十一月十一日 
頭に きずを かほり 左の手を 打ちをらる  
同 文永八年 辛未 九月十二日 
佐渡の国へ 配流 又 頭の座に 望む  
其の外に 弟子を殺され 切られ 追出 くわれう等 かずをしらず 
仏の大難には 及ぶか 勝れたるか 其は 知らず 
竜樹 天親 天台 伝教は 余に 肩を並べがたし  
日蓮 末法に 出でずば 仏は 大妄語の人 
多宝 十方の 諸仏は 大虚妄の 証明なり  
仏 滅後 二千二百三十余年が間 
一閻浮提の 内に 仏の 御言を 助けたる人 
但 日蓮 一人なり
.

しかるに にちれん 27ねんが あいだ 
こうちょう がんねん かのととり 5がつ 12にちには 
いずの くにへ るざい 
ぶんえい がんねん きのえね 11がつ 11日 
こうべに きずを かほり ひだりの てを うち おらる  
どう ぶんえい 8ねん かのとひつじ 9がつ 12にち 
さどのくにへ はいる また くびのざに のぞむ  
その ほかに でしを ころされ きられ おいだし 
かりょう とう かずを しらず  
ほとけの だいなんには およぶか すぐれたるか それは しらず  
りゅうじゅ てんじん てんだい でんぎょうは よに かたを ならべがたし 
にちれん まっぽうに いでずば ほとけは だいもうごの ひと 
たほう じっぽうの しょぶつは だいこもうの しょうめい なり  
ほとけ めつご 2せん2ひゃく30よねんが あいだ 
いちえんぶだいの うちに ほとけの みことばを たすけたる ひと 
ただ にちれん 1にん なり.

各各 師子王の心を 取り出して いかに人 をどすとも をづる事なかれ 
師子王は 百獣に をぢず 師子の 子 又 かくの ごとし 
彼等は 野干の ほうるなり 
日蓮が 一門は 師子の 吼るなり.
.

おのおの ししおうの こころを とりいだして 
いかに ひと おどすとも おづること なかれ  
ししおうは ひゃくじゅうに おじず  
ししの こ また かくの ごとし  
かれらは やかんの ほうるなり  
にちれんが いちもんは ししの ほうるなり.

大難に 値うとも 後生は 仏に なりなん 
設えば 灸治の ごとし 
当時は いたけれども 後の 薬なれば いたくて いたからず 
彼の あつわらの 愚癡の 者ども いゐ はげまして をどす事 なかれ 
彼等には ただ 一えんに おもい切れ 
よからんは 不思議 わるからんは 一定と をもへ 
ひだるしと をもわば 餓鬼道を をしへよ 
さむしと いわば 八かん地獄を をしへよ 
をそろししと いわば たかに あへる きじ 
ねこに あえる ねずみを 他人と をもう事 なかれ
.

だいなんに あうとも ごしょうは ほとけに なりなん  
たとえば やいとの ごとし  
とうじは いたけれども のちの くすりなれば いたくて いたからず  
かの あつわらの ぐちの ものども いい はげまして おどすこと なかれ 
かれらには ただ いちえんに おもいきれ  
よからんは ふしぎ わるからんは いちじょうと おもえ  
ひだるしと おもわば がきどうを おしえよ  
さむしと いわば 8かんじごくを おしえよ 
おそろししと いわば たかに あえる きじ 
ねこに あえる ねずみを たにんと おもうこと なかれ.



文意と解説.

「日蓮は立宗宣言から27年間、大難を受けてきた。
伊豆流罪、頭を刀で切られ、左腕を折られた。さらに竜の口で死罪、さらに佐渡に流罪された。弟子も殺され、切られ、追放、罰金などの難を受けた。
仏滅後、2230年の間に仏の言葉に準じたのは日蓮一人である。

どんな脅しがあっても、各々、師子王の心を取り出して恐れることがあってはならない。彼らは狐が吠えるようなもので、日蓮一門は師子が吠えるのと同じである。

大難に遭ったとしても、来世は仏になるのである。
譬えるならお灸(おきゅう)のようなものである。
その時は痛いけれど、薬になるのであるから本当は痛くない。
信心の弱い者たちには強く激励したり、脅してはならない。良い結果になるのが不思議であり、悪い結果になるのが当然であると教えなさい。
空腹で苦しんでいるなら、もっと大きな餓鬼道の苦しみを教えなさい。寒さに苦しんでいるなら、さらに辛く厳しい八寒地獄のことを教えなさい」
以上の内容が語られている御文です。

伊豆流罪、小松原法難、竜の口の法難、佐渡流・・
日蓮大聖人は立宗宣言から、間断なき魔性との闘争を続けられました。
大聖人は一切の難を「師子王の心」で乗り越えられ、勝利されました。私たちは、大聖人の弟子であり、同じくどのような難も乗り越えていけます。
本抄は、苦難に直面した時に、勇気を持って信心で立ち向かうか、臆病になるかを問う御書であり、只、絶対と決心して精進するよう示されています。
また、指導の方法にも触れ、信心の弱い人に強い指導をしてはならない、弱い人には弱い人なりに工夫して励まし、導くようにご指南されています。

次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-09-24 16:50 | 座談会御書 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書の集い
ひらがな御書
ひらがな御書に学ぶ
ひらがな御書の解説
座談会御書・解説
御書の登場人物
仏法用語
小さな一歩でしゅっぱ~つ♪
千早抄 (体験談)
千早美術館
前略 千早さま
愛別離苦
日本点字図書館見学記
新版御書の拝読
新人間革命読書感想文
聖教新聞
創価学会総本部
日蓮大聖人
池田大作先生
池田先生の詩
池田大作先生の逝去
戸田城聖先生
牧口常三郎先生
幹部指導
功徳を得る信心
創価学会の記念日
創価ニュース
学会書籍のご案内
折伏教典の研究
創価学会歌
希望の哲学
創価学会の問題
宮田幸一氏問題
妙音・自由の人
障害者スポーツ
自在の人
自在会情報
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
勤行 唱題
公明党
政治
一般書籍のご案内
管理人より
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
飼い猫ラッキ一
<別館>のご案内
創価の森通信フリーダム
学会員として生きる
体験談
地域の灯台たれ
窓際族以降の17年
私の仕事
親孝行
母の旅立ち
良死の準備
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
介護士への道2023
介護福祉士2023年5月~
介護士の転職方法
ウクレレ愛好家
ボランティア芸人
夢修行
健康づくり
怪我・病気対策
ミニマリスト
大工は魔法
料理は魔法
健康ジョギング
フルマラソン
ぼっちキャンプ
ウイスキー愛好家
雑記帳
つぶやき
俳句
ポエム
日本・世界遺産見学
経済
フェイクニュース
創価学会批判
紛争・災害ニュース
沖縄の戦争
21世紀の戦争
九州大震災
大白蓮華
グラフSGI
公明党候補一覧
新版御書の全編拝読
任用試験
老後の人生設計
他宗教
サカマキガイ駆除
日顕宗
ダイハツミラ660
太鼓
実家の解体
未分類

最新のコメント

kaisenさん、おはよ..
by sokanomori3 at 06:15
菊川さん、こんにちは..
by kaisen at 16:58
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 08:02
kaisenさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:32
菊川さんこんにちは。..
by kaisen at 18:07
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:05
菊川さん、マンドリンのコ..
by 千早 at 13:18
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:57
聖教新聞 6月22日の名..
by 千早 at 19:50
菊川さん、コンサート本当..
by 千早 at 19:47
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:09
おはようございます。 ..
by 千早 at 07:00
つくだ煮さん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:24
現役引退初日、おめでとう..
by つくだ煮 at 00:00
非公開さん、こんにわ。 ..
by sokanomori3 at 10:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:19
菊川さんコメントすごくお..
by 千早 at 20:11
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 05:18
菊川さま、こんにちは。 ..
by キョンシー at 20:43
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:10

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2024年 11月
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護