人気ブログランキング | 話題のタグを見る

須田晴夫氏の経歴


☆須田晴夫(スダ ハルオ)

須田氏の経歴と著作物について以下に申し述べます。

出身地 東京都.
学歴 1977.3 東京大学法学部 卒業.
経歴 2012年2月 団体職員定年退職.
(団体職員とは、聖教新聞社と思われる)

著書1『新版 日蓮の思想と生涯』(鳥影社)
      2016年8月発刊  A5版481頁.
著書2『新法華経論 現代語訳と各品解説』(ラピュータ)
      2015年5月発刊  A5版409頁.
論文に「西田哲学と中道の論理」、「神の変遷」など多数。

日蓮の思想と生涯、新法華経論の書籍写真を以下に添付します。

須田晴夫氏の経歴_b0312424_21373323.jpg

写真解説「左は『新版 日蓮の思想と生涯』、右は『新法華経論』である。新版・日蓮の思想と生涯は、再版時に加筆・修正された」


新版 日蓮の思想と生涯.
2012年9月に旧版が発刊され完売。
2016年8月に加筆・修正されて新版が発刊された。
日蓮の思想と生涯を年齢順で鮮烈に解説している。
ISBN978-4-86265-575-2
価格:本体3500円+税

新 法華経論.
2015年5月に初版として発刊された。
法華経28品を現代語訳し、大変分かりやすい。
ISBN978-4-905055-29-7
価格:本体3500円+税

大聖人の生涯、法華経を学びたい人は座右の書とできる比類なき名著です。
心よりご推選いたします。

尚、2016年11月現在、創価大学教授の宮田論文の問題を指摘する須田氏のHPがあります。そのHPと宮田論文の指摘PDFのURLを示します。

須田晴夫ホームページ
http://www4.hp-ez.com/hp/haruosuda/page2

宮田論文への疑問・日蓮本仏論についての一考察(PDF)
http://file.www4.hp-ez.com/haruosuda/file_20160922-132507.pdf

宮田論文への疑問・要約版(PDF)
http://file.www4.hp-ez.com/haruosuda/file_20161025-141928.pdf

次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-11-11 22:07 | 宮田幸一氏問題 | Comments(7)
Commented by 谷口尚男 at 2022-03-10 21:50 x
初めてのコメントとなります。このサイトをいつも拝見させて頂いています。
管理人様!いつもありがとうございます!そしてありがとうございます!
ブログはしていないのでコメント申し上げます。
私は60歳で大腸がんステージ3を患い明日66歳を迎えます。何とか、がん闘病6年を過ぎようとしています。病は道心を生じるとの大聖人の仰せの通りだ!と、この言葉に感服している一人です。
定年を迎えた矢先の突然の大病宣告でした。嘘はつけません。動揺があったことは事実です。自身の今世をどのように生きるか!?悶悶と唱題するうちに御書の大聖人のお言葉そして現代の戸田先生、池田先生が示してくださる無尽蔵と感じる励ましの言葉の嵐!は新鮮に自分の命にめり込んできました。
健常であった時とは全く違う励ましを感じ、その通りであると深く感じる言葉の嵐でした!その励ましの言葉を貪り読み、今まで過ごしてきた信心を今一度、一歩も二歩も深く掘り下げていきたいと決意して6年。
その間、勇気を頂きました!乗り越えました!闘病10年を目指しています!
その勇気を頂いた方には須田さんもいらっしゃいます。阪神淡路大震災の1995年の開始された「法華経の智慧」として池田先生と座談会的に進められたメンバーに当時副教学部長と記憶していますが初めて須田さんを知りました。出版物を読ませていただいています。学ぶこと多々!教学を掘り下げる過程で真実に近づけることの大切さを学びました。お礼を申し上げたい気持ちでいっぱいです。宮田論文にいら立ちを持っていた私でしたが「宮田論文への疑問・日蓮本仏論についての一考察」は教学を掘り下げておられる須田さんが論破をしていただきまして、ありがい!と正直、お礼を申し上げたく思います。多くの地涌の諸先輩に続けとわたくし自身にできる今世の闘いを進めてまいります。長くなり失礼しました。
Commented by sokanomori3 at 2022-03-11 05:53
谷口尚男さん、おはようございます。
定年を迎えられた矢先にステージ3の癌、
どれほどのショックだったことでしょう。
そしてそこから6年。おめでとうございます。
どれほど真剣に信心されたか、どれほど真剣に
生きられたか、その歩みがコメントから
うかがい知れて身が引き締まりました。

真の学会員は「大聖人の仰せの通りだ!」と一生の間に
必ず悟り、納得し、歓喜を得る。
生死を繰り返しながら、必ず一生の内に
その一点に到達する。
そして苦難を乗り越えた歓喜の実証を語り、
桜梅桃李に広宣流布を果たす。
何という尊い人生でありましょう。
どうかどうか、学会創立100周年を
大歓喜で迎えてください。
私も私ができる闘いを進めます。

コメントありがとうございました!
★菊川広幸

Commented by 吉田通廣 at 2022-06-22 17:34 x
 宮田教授の論文まだ読んでいませんが、本ホームページを少し読んだだけでこれはあかんと思いました。
 高校生の時から疑問を持ち騙しだましきて未だにその疑問を持ち続けているという。この際獅子身中の虫とならないように大聖人と池田先生の弟子を止めて中村先生の弟子として生きていかれるのが良いかと。
 大聖人の仏法(南無妙法蓮華経日蓮)から大きく逸脱しているので、学会と日顕宗にしがみつくことなく新たに自分の演繹的ではなくいつまで経っても真理に近づけない学者的帰納法的宮田宗を起こし布教されたらいかがと思う。
 学者なので理の一念四千(三千を越えれますか?)は説けても慈悲広大な事の一念四千は説けないだろう。幾ばくかの二乗は付いて来ても、日々生活に奮闘している民衆および民衆救済誓願の菩薩は付いて行かないだろう。
 仏法は勝負なり。宮田先生勝負してみたらどうでしょう。
Commented by sokanomori3 at 2022-06-24 04:13
吉田通廣さん、おはようございます。
まさに獅子身中の虫、私ごときが出ても焼け石に水・・
でも須田晴夫さんがすでに破折してくださいました。
以降、どうなっているのか・・
今の学会員は教学もあるし、もはや
惑わされることもないのかも知れません。
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2022-06-25 05:47
Commented by 吉田通廣 at 2022-06-25 00:08 x
菊川さん

貴殿ページとても良いページと思います。お付き合いさせて頂きたいと思います。ただ、どこにコメントを出すのが適切なのかがよくわからず(全体を読みきれば分かるかと思うのですが、根気の無い人間なのでそれができません)、もしおかしな事が有ればご指摘下さい。

先日書いたかも知れませんか、菊川さんと私の考え方がよく似ています。血液型もA型です。ウクレレも引こうと思って持っています。血液型で性格分類もあるようですがそんなことは信じていませんでしたが、あるいは有るのかもと。また投稿時間が夜中にされておられますが私も夜型です。努力して12時までには寝ようとしますが、1時2時になります。朝起きるのが遅いしんどい。朝勝ちが出来ません。

出来ればお歳または年代、及び信心発心の地を知りたいのですがご無理でしょうか。私は74才で関西で発心(20代)しました。現在東京です。若い人から老人と見られていますが、心身とも青年です。乗馬を現在やっています。大学時代は弓道をやっていたのでこれから流鏑馬をしょうかと。これは冗談です。
仏法を別として私の人生論は65才(60才定年前提)で一人前と言うものです。人間は経験しないと分からない事が多い。一通りの人生活動とリタイア後数年の経験が有って初めてどんな人ともお話出来る。若い方は歳よりの気持ちは理解出来ない。かつて私もそうでした。

夜型と書いて思い付いたのですが、菊川さんは一人で出来る自営業で40--50代または定年後の60代?全然外れていたらごめんなさい。年代によって話が変わってきますので。

菊川さんのブログを見ていて、きっと大きな体験をしているに違いないと思っていましたが、その体験のページが見つかり読ませて頂き、菊川さんのブログ内容に納得しました。

私も苦境を乗り切った体験また功徳はいくつも待っています。従って腹は決まっています。時々元本の無明が出てきますが、それに負けたことはありません。地獄に落ちても学会、先生からは離れません。

長文になりご免なさい。

菊川さんの悩める皆さんへの激励は素晴らしいです。本来は組織の幹部がやって欲しい話ですね。

(もし公開して良い内容でしたら公開してください)
Commented by sokanomori3 at 2022-06-25 06:00
吉田通廣さん、おはようございます。

私は現在62歳、「菊川広幸」はハンドルネーム
(ペンネーム)で実名ではありません。
私は40歳で発心し、50代から経営者をしていましたが、
60歳で引退し、介護職員になりました。
そのいきさつは「介護士への道2020」という
カテゴリに詳しく書いています。

※そのカテゴリの最初の記事に、転職の状況を書いています。

また、「窓際族以降の17年」というカテゴリに
私の経営者時代の体験を書いています。

私は夜型ではなく、超朝型です。
9時前に寝て、朝の2時半や3時に起床します。
仕事がシフト制で、朝の5時半に出発したり、
夜勤もときどきあるものですから、
ブログ記事入力の時間帯はまちまちです。

以上、簡単ですが、自己紹介とさせていただきます。
★菊川広幸
Commented by 吉田通廣 at 2022-06-26 11:52 x
自己紹介ありがとうございます。
他のカテゴリーも追って拝見させて頂きます。
朝型とのこと、先のコメント出した後、もしかして朝型?とも思ったのですが。共通点が一つなくなりました。アルバイトのある日は5時6時でも起きれますが、ない日は自己制御できず8〜11時頃起床です。朝負けの人生です。
まずは御礼まで。


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 04:42
こんばんは(*^^*) ..
by キョンシー at 21:50
やまおさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:43
菊川さんこんにちは。 ..
by やまお at 17:21
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 20:27
ラッキーちゃんにはいつも..
by 千早 at 20:06
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 04:49
菊川さんご無沙汰してます..
by キョンシー at 22:04
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:47
菊川さん、すっごく楽しそ..
by 千早 at 11:00
匿名さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:55
河西宏一議員のTweet..
by 匿名 at 15:05
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori3 at 17:42
いつもさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:04
菊川さん、こんばんは。 ..
by いつも at 19:34
いつもさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:11
天翔る人さん、こんにちわ..
by sokanomori3 at 17:01
こんにちは。いつも楽しく..
by 天翔る人 at 10:20
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 20:22
今回の選挙はうつ病の治療..
by kaisen at 19:02

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護