人気ブログランキング | 話題のタグを見る

宮田幸一氏の論文の特徴


☆宮田氏は何を言っているのか.

http://hw001.spaaqs.ne.jp/miya33x/shukyogakkai.html

上URLは、宮田氏が2015年9月5日に創価大学で開催された日本宗教学会第74回学術大会で発表した論文を、氏が修正したした論文である。
宮田幸一氏の経歴は、→ここをクリック!
この論文の発表により、他宗においては「創価学会は日蓮大聖人本仏論から釈迦本物論に転換している」との誤解を生じさせたようである。
宮田幸一氏の論文の中で「日蓮は釈迦本物論であった」と受け止められるような記述をし、また、学術大会でも口頭弁論においてその表現をしている。
その第74回学術大会の宮田氏YouTube(40分)を以下に示す。

https://www.youtube.com/watch?annotation_id=annotation_3270147511&feature=iv&src_vid=cvi5ADbnRkY&v=nInVBJ18F_0

この口頭弁論のYouTubeを聞き、私は呆れた。呆れたというのは、このYouTubeを聞く前に「須田論文」を読んでいたからである。
もし、須田論文という存在がなければ、このようなYouTubeを見ることもないし、また、その問題の大きさにも気づけなかっただろう。
この須田論文については後日その概要を述べるが、まず、この宮田氏のYouTubeの内容を以下に記してご紹介する。

当YouTubeの録画の時間表示と問題個所の発言を以下に示す。

2:45.
(2014年の会則変更によって)日蓮宗各派にある(大聖人直筆の)御本尊も、本尊としては等しく本門の本尊であるということを(創価学会は)認めましたね
→これはどういうことかというと、どれも日蓮聖人が書かれた本尊だから、題目をあげればそれなりの功徳はあるんでしょうという立場です.
過去は、学会の信心だけが功徳があるとしていた。では、(他の)日蓮宗の信仰をしている人はみんな不幸になっているのか、というとそれは言い切れない。
功徳がある、ないというのは教義によって決めることではなく、宗教社会学的な調査をもって(判断すべきことで)、信仰している人たちが「功徳がある」といえばあるんだろうし、ないというならない。
そういう考えをある程度、創価学会は受け入れているということです。

17:40.
(SGIホームページの文章を引用し語る)どこにも日蓮本仏論はないですね。日本の創価学会のホームページには日蓮大聖人本仏論があります。
→氏は、このことをダブルスタンダードと揶揄している.

21:10.
(質問に答えて)→日蓮本仏論は、日蓮正宗において「日蓮自身にその考えがあった」という前提ですが、それを(創価学会は)基本的にやめようと。(例えるなら)信仰のモデル、お手本ということでの日蓮本仏論と思っています。

23:00.
諸法実相抄で大聖人は、「末法の凡夫」として主親師(しゅししん)の三徳を最初に体得した人として述べています。→手本として信仰をしていくという意味でなら、御本仏として尊称することはあるでしょう.
「教主釈尊を本尊とすべし」という一文をどう解釈するか。
曼荼羅の中に釈迦牟尼仏と書いている。
最高のポストですよね、あそこ。そこに「南無釈迦牟尼仏」と書いてある。
それで「教主釈尊を本尊とすべし」と言っている。観心の本尊抄の記述です。
→(日蓮大聖人は)「教主釈尊を本尊としている」と私は解釈しています.



赤文字→.は、特にオカシイと感じた発言の部位です。
この他にも、創価学会で学んできたことに矛盾する発言がありました。これは口頭弁論ですが、論拠は宮田氏自身の論文に記されています。
いったい、これはどうしたことでしょうか。
創価大学で宗教哲を教える教授が、です。
「宗教の言語行為論、牧口常三郎の宗教思想」という研究者が、です。
この問題を私ごときの凡人が述べたとろで、犬の遠吠えにしかならない。
そこで、須田晴夫氏の論文をご紹介し、その破折に頼りたいと思います
須田晴夫氏の論文は以下の通りです

宮田論文への疑問・日蓮本仏論についての一考察(PDF)
http://file.www4.hp-ez.com/haruosuda/file_20160922-132507.pdf

宮田論文への疑問・要約版(PDF)
http://file.www4.hp-ez.com/haruosuda/file_20161025-141928.pdf

この須田論文はPDFのため、音声ソフトで聞くことができません。
自在会の皆様のために、論文の一部を抜粋しつつご紹介します。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-11-12 10:25 | 宮田幸一氏問題 | Comments(9)
Commented by 誓願 at 2017-10-04 20:30 x
菊川さん。ひょんなとこから失礼します。
(^-^; 私も偶然この記事にたどりつきました。
今はじめて聞いたので大変驚いています。(^^; そして勉強になりました。
宮田さん今も在籍してるのですかね?

敵も着目して撹乱(かくらん)のメインにしてきています。ですから、この破折の記事は後世に語り継がれる名作(羅針盤)になると思います。分かりやすいです。
助かりました。
Commented by sokanomori3 at 2017-10-04 21:02
私もこのことを最初に知ったときは驚きました。
魔は間断なく出現しますね。
都度、戦うしかありません。
★菊川広幸
Commented by 福島の壮年 at 2017-10-05 14:31 x
須田さんの論文も宮田さんの論文も、ここでの引用や他サイト・
掲示板等での引用で知るだけで、詳しくは両原文を読んで
おりませんので、詳細に論評することはできません(時間を
作って、一度は詳細を読んでみたいと思っています)が、
宮田さんの言い分は、要するに、宗教学者(或いは、仏教
学者)としての『学術的見解』に過ぎないと、そういう
ことでしょうね。

(宗派に捉われない意味で)純粋な仏教学者の多くは、
小乗経典を上座部経典と呼称して持ち上げ、
大乗経典を大衆部経典と呼称して見下す傾向があります。

釈尊は、文字として体系化された法説を遺していません
(釈尊在世当時の古代インドに文字文化がなかったわけ
ではなく、当時の先進的思想哲学の伝承は。口伝による
という習わしを踏襲していた)から、その教えは、滅後に
弟子たちが「如是我聞」の口述を筆記し、更に後世に於て、
体系化され編纂されたものであり、小乗経典にしても、
大乗経典にしても成立時点で既に、全てが釈尊直伝の正確
無比なものではなくなっています。
先の記事で、私は各経典とも「虚実混在」したものになって
いると書きましたが、漢文訳される以前の梵本原文の段階で、
多分にその傾向は含んでいるわけです。

(続きます)
Commented by 福島の壮年 at 2017-10-05 14:34 x
中でも、大乗経典は、小乗経典よりも成立年代は新しく、
その傾向は、より顕著です。

そういう事情というものは、大聖人御在世当時の日本では
既に知られていたことですが、現今の学者は、「虚」の
部分に固執して大乗経典を見下し、大聖人は、各経典に広く
散りばめられた「真実」を拾い、釈尊の真意を汲み取って
仏教の本義を浮き彫りにしてしています。

当然と言えば当然の帰結であり、「釈迦仏教の解釈論」と
いう点において、当世の学者は、「二乗の境涯」でしか
経典の内容を理解できず、大聖人は、「上行菩薩」の境涯
(本地は久遠元初の自受用報身如来)で、各経典を読み
解いています。

二乗は、「我が学問の向上と権威付け」しか念頭にないのに
対して、菩薩は、「衆生救済の誓願成就」のために、各経典を
読み、観じ、比較し、現実の社会に生かそうと心を砕きます。

創価大学は、大正大学と共同で仏教の学術研究を進めている
と記憶しています(記憶違いであったらごめんなさい)が、宮田さんにしても、結局は「学者」=「二乗」の立場で、
鎌倉時代の「法華経の伝承者・日蓮」としてしか、大聖人を
観ることはできないのでしょうね。

(続きます)
Commented by 福島の壮年 at 2017-10-05 14:38 x
聖教新聞にも度々、その言葉が引用される、日本における
仏教研究の第一人者・中村元氏は、法華経を「諸経の王」と
位置づけ、その「中庸と平等の思想」を深く理解し、敬意を
払って宣揚していますが、氏でさえも、釈尊の真実の教えを
過つことなく遺しているのは、ごく限られた初期仏経典だけ
であると、結論付けています。
各経典の「虚実の文量」としては、確かにそうなのですが、
それだけの理解では、法華経如来寿量品を中心とした教説は、
滅後の仏と、その仏に連なる者たちに、その本義を託し、
出現を預言したものであるという解釈は、絶対にできません。
ましてや、「大聖人本仏論」に帰結することはあり得ない
でしょう。

尤も、大聖人の高位の直弟子たちでさえ、大聖人を末法今時
の御本仏として正しく理解していたのは、日興上人唯お一人
だけだったのですから、「学問」としての求道者にそれを
理解せよというのは、無理な話です。

釈尊、大聖人、そして、創価学会の三代会長に共通するもの。
それは、「この現実世界から悲惨の二字をなくしたい」と
いうことであり、「全民衆を幸福にせずにはおくものか」
という願業であり、「自他共の幸福」のために身命を賭す
覚悟と不退転の決意です。
その誓願なくして、仏教の深義は理解できないのです。

Commented by sokanomori3 at 2017-10-05 19:32
福島の壮年さん、コメントありがとうございます。
当期記事の価値が高まりました。
深く御礼申し上げます。
★菊川広幸
Commented by 福島の壮年 at 2017-10-06 11:18 x
何度も長々と連投恐縮ですが、誤解を招きかねないので、
一点、注釈を加えさせて下さい。

私がが他に書いたコメントと、この記事へのコメントで表現
している「虚実(きょじつ)」の「虚」は、単一で用いて
いる場合でも「虚(うそ)」とは読まず、「虚(きょ)」と
読んで頂きたきたく存じます。

特に大乗経典に多くみられる「非現実的」で「荒唐無稽」に
思える「気宇壮大」な表現というのは、あながち
「虚(うそ)」とは言えないのですね。
凡夫には理解しがたい、悟りの究極の一端やその世界観を
表現するために用いられたものです。

そういえば、最新の天文・物理・量子学の有力な仮説として、
並行宇宙の存在(パラレルワールドという概念は、以前から
ありました)がクローズアップされていますね。

この宇宙がビッグバンで、急速に膨張するよりも前の段階。
特異点における「ゆらぎ」からは、無数のバブル(泡)状の
宇宙の種が誕生し、放出されたと。

(続きます)
Commented by 福島の壮年 at 2017-10-06 11:21 x
数多の宇宙の種で、膨張エネルギーが低いものはすぐに
萎んでしまい、膨張エネルギーが大きすぎるものは、
爆発的に拡張して伸びきってしまい、どちらも「宇宙」として
発展・存在することができずに、消失していったと。
私たちが存在している「この宇宙」のように膨張エネルギーと
収縮に向かうエネルギーがバランスを保ちながら成長でると
いうのは、奇跡的なことであったと。
他にも、形成過程に違いはあったとしても、この宇宙と併存
している宇宙がいくつかあるのだとすれば、物理学。量子学の
計算上は、同量存在していなければいけない筈の「反物質
(反粒子)」が、この宇宙からなくなってしまった理由が
そこに求められるかも知れませんね。
そして、未だに成長を続けているいくつかの宇宙同士が干渉
し合っているとすれば、計算上で導き出される、この宇宙内に
存在すべき物質の総量が不足していて未発見なことや、
由来不明なエネルギーの存在が解明できるかもしれません。

ちょっと余計な話をしてしまいましたが、新しいい発見が、
更に新しい謎を生んでいる最新の科学研究の成果を知るに
つけ、生命論の究極でもあり、宇宙論(世界観)の究極でも
ある仏法というのは、まさに「唯仏与仏乃能究尽」の法と
言わざるを得ないなと、つくづく、そう思わされます。
Commented by sokanomori3 at 2017-10-07 21:33
福島の壮年さん、さらにありがとうございます。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護