美味しいカップうどんの食べ方


☆生タレと粉タレの違い.

カップうどん「どん兵衛」の写真を2枚以下に添付します。
b0312424_4215926.jpg
b0312424_4221230.jpg

写真解説「1枚目位は2種類のどん兵衛を撮影したもの。向かって左が「生タレ」タイプ。右が「粉」タイプ。2枚目位は、お湯を注いで10分後の状態。油揚げが大きい」

先週のことである。
夜、事務所で夜食のため、カップラーメンにお湯を注いだ。
1分もたたない間に、会社のオーナーの姿を見た。
「お疲れさまです!」と挨拶すると、「打ち合わせをしよう」とのこと。
カップラーメンは諦めて打ち合わせを30分行った。
打ち合わせを終えてデスクに戻った。

カップラーメンを放置したのは人生で初めてだった。
「膨れてカップの外に垂れていないか?」と心配だったが、外見に変化はなかった。
カップをさわると生暖かい。フタを開けた。
「食べられるのだろうか?」と恐る恐る口にした。
柔らかくなっていたが、食べられなくもない。
これはこれで食べられるものだった。

翌日、この話を社内の知り合いにしたとろ、次の話があった。
「日清のどん兵衛を10分(規定時間の2倍)蒸らすと美味しくなるという話がネットに流れ、日清は「それはデマ情報だ」と反論したようなんですが、その後、日清の社員が10分蒸らして食べたところ美味しかったとネットに書いたようなんです」・・
その話を聞いた女子社員が昼食にどん兵衛を買ってきて、チャレンジすることになった。
大注目のその感想は「おいしい!」とのことであった。

そこで私は会社近くのコンビニでどん兵衛を1個購入、休日の昼食に食べることにした。
けれど、このイベントを私一人で楽しむのももったいない。
奥さんに話して2人で食べることにした。いつもスパーに行くと・・
どん兵衛の「生タレ」は売っていなかった。
そこで普通の粉タレのどん兵衛となり、写真の通り2種類になったのです。

生タレは後でスープを入れるが、粉タレは最初に入れた。
2つに湯を注ぎ、10分間放置した。
そして、この2つのうどんを食べ比べたのです。
果たして・・生タレはうまく、粉タレはまずかったのです。
と、いうか、生タレのどん兵衛は格段にうまいのです。
(粉タイプは最初に粉を入れたからマズかった?)

ネットで調べたら、生タレはコンビニ限定だとのこと。
スーパーには粉タイプしか売っていないことを知った。
さて、ともかく、10分ものの生タレどん兵衛は納得の美味しさでした。
これは御馳走ともいえるのです。麺が「生めん」なるのです。
油揚げも、なんだかふんわりして美味しい。

皆さま、どん兵衛生タレ10分うどん、お試しあれ。
絶対にお勧めですよ!^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-05-28 06:15 | 料理は魔法 | Comments(5)
Commented by 福島の壮年 at 2017-05-31 09:04 x
ラーメンや蕎麦は、麺を作る際の水の配分や叩き、延ばし等々に
神経を使い、ゆで時間も極力短縮し、更には、食卓にのせてからも、
「延びないうちに」食してもらい、食感や喉越しを楽しむもので、
「伸びた麺」は概して食味も落ちるものですが、うどんは、
別ですね。

勿論、腰がありつるつるとした食感の麺で喉越しを楽しむ
「讃岐うどん」も確かにおいしいし、人気もありますが、
関西で発達したうどんは、もともと軟らかい食感で、
つゆを程よく吸い、小さな子供から咀嚼力の落ちた高齢者まで
楽しめるものだった筈です。
「煮込みうどん」というものもある(「ほうとう」系のものなど
まさに、そういう食べ方が多い)通り、煮込んで軟らかくして
食することに向いた麺ですよね。
このあたり、明らかに、パスタ系やラーメンとは違っています。

したがって、「日清のどん兵衛を10分蒸らし」てから食べる
というのは、大正解だと思います。

うどんに限らず、カップ麺は、この数年から十数年でホント、
進化しましたね。
同じ日清のカップうどん、商品名は失念しましたが、だしのうまさに
「癒された」逸品がありました。
Commented by 凡ちゃん at 2017-05-31 22:17 x
伊勢うどんは、長い道中を旅してきた人たちが(江戸時代には、自動車も新幹線も無く徒歩の旅でしたから)疲労で胃腸が弱っていることを想定して、すごい柔らかく麺を茹でるそうですね。
なんとなく、スジャータの乳粥(ミルクリゾット)の話を思い出す気遣いですね。
Commented by sokanomori3 at 2017-06-01 05:34
福島の壮年さん、凡ちゃんさん、おはようございます。
お話聞いていていろいろなうどん食べたくなりました。^^
★菊川広幸
Commented at 2017-06-04 22:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2017-06-05 05:33
非公開さん、おはようございます。
そうでね、以後気をつけます。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句散歩
学会活動
功徳を得る信心
未分類

最新のコメント

はい。消しました。 ★..
by sokanomori3 at 22:59
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:43
おはようございます、菊川..
by おりがみ at 06:49
遊さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:31
お疲れ様です。 つい先..
by 遊 at 21:07
了解しました。 202..
by sokanomori3 at 19:30
非公開さん、いいですよ。..
by sokanomori3 at 18:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:19
>アメリカの中央銀行・F..
by sokanomori3 at 21:29
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:36
私は平凡な学会員ですし、..
by sokanomori3 at 23:11
何かあるはず 自分にで..
by みっちゃん at 23:07
ご丁寧な回答、ありがとう..
by sey hello at 13:48
おりがみさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:25
非公開さん、こちらこそあ..
by sokanomori3 at 05:22
おはようございます(・∀..
by おりがみ at 04:06
以上は、須田晴夫氏の論文..
by sokanomori3 at 20:01
宗教的にも、伝教大師..
by sokanomori3 at 19:54
日蓮が自身の時代を末..
by sokanomori3 at 19:54
拙著『新版 日蓮の思想と..
by sokanomori3 at 19:53

リンク

以前の記事

2019年 11月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア