人気ブログランキング | 話題のタグを見る

続・人はなぜウソをつくのか


☆勝つためにウソをつく.


前回、罪にならないウソの話をしました。
sokafree.exblog.jp/26944387/
今回は、他者を打ち負かすためのウソについて申し述べます
ただし、悪を諌めるために使うウソは善であるという論理もありましょう。
例えば、戦争ではウソで相手を迷わしますが、これは戦争ですから正当です。
西に行くと見せかけて東に行く、これを陽動作戦と言います。
もし、戦争で、西に行くと公言して西に行けば、待っているのは敗北です。

相手を打ち負かすウソが沢山あるのが政治の分野です
特に、これを多用するのが野党の一部の「批判ばかり政党」です。
また、デモを行う人々の中にもウソを叫んでいる人がいます。
加えて、メディアにも多数、ウソを言う人がいます。
新聞社も、特に朝日新聞はひどいウソを書きます。
彼らは、基本的に反権力を売りにしている人たちです。
おそらく、そういう人たちは、相手を敵視する傾向性ゆえに、戦争理論と同じウソで、攻撃材料にできるなら何でもいい、とにかく騒ぐことを優先する性質を持っているものと考えられます。

今の加計学園問題は、その典型でしょう
今回の騒動では「ソンタク」という聞きなれない言葉をたびたび耳にします。
総理が友人を利するために便宜を図ったと野党は騒いでいます。
安倍首相は学園の顧問をして、過去、14万円を得た、問題ではないのかと意地悪な詰め寄り方を野党はしました。総理は、批判のための批判に憤怒の反論をしました。
そもそも昔のこと。しかも「たかだか14万円」の実入り。
(一国の首相という意味での「たかだか」の表現です)
しかし、世論はこの総理の反論を「傲慢」と受け止め、支持率が急落しました。
これが、野党の狙いでした。挑発し、怒らせ、総理を悪者に仕立てるのです。

この方法は、過去、創価学会批判の常套手段でした
昔、P献金なる大ウソで学会批判が展開されたことがあります。
youtube.com/watch?v=pnys7r0n7Xg
この批判の中心者の石井一(はじめ)は真光教の信者でした。
sokanomori.exblog.jp/12699825
こういう攻撃に対しては、低姿勢で、丁寧な答弁が必要ですが、安倍総理は「まったく、とんでもないことだ!」と怒り、相手の術中にはまりました。
私には安倍総理の怒りは良くわかるし、一国の首相の仕事に対する愛情と決意が、その仕事ぶりから痛いほど伝わってくるし、そういう批判者らの無責任で意地の悪い追及に、同様に腹が立ちます。けれど、そこは忍ばなければなりません。

そもそも、獣医学部が半世紀近く増設できないことがオカシイのです
増設に反対しているのは獣医学部がある大学の関係者です。
利権を切り崩し、自由に競争させるのが本当の民主主義ではないでしょうか。
それを増やすべきではないという不可解な制度に問題があると私は思うし、その利権にメスを入れた加計学園の獣医学部創設は良いことだと私は思っています。
その視点から見るなら、ソンタクした、ケシカランと騒ぐことの方がオカシイのです。
しかし、マスコミも野党も、ソンタク、ソンタクと大騒ぎします。
なぜか。それは安倍政権を打ち負かしたいから。

商売で、ライバル会社の悪い風評をネットで流すのは今や常套手段です

あらゆる組織、あらゆるグループでウソ情報は使われます。
ウソというのは真っ赤なウソもありますが、むしろ1を100、あるいは1000にして騒ぐことが多いのです。確かに1は当たっていても、999がウソなら、大ウソです。
職場でも対立するライバルの足を引っ張るというのは皆がやっています。
すなわち、国会も会社も、どこであろうと、悪口、挑発が行われています。
以下に森友問題と加計問題の記事URLを示します。
sokafree.exblog.jp/26753315/
sokafree.exblog.jp/26895001/
こんなことが巷には溢れております。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-06-26 05:36 | フェイクニュース | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書の集い
ひらがな御書
ひらがな御書に学ぶ
ひらがな御書の解説
座談会御書・解説
御書の登場人物
仏法用語
小さな一歩でしゅっぱ~つ♪
千早抄 (体験談)
千早美術館
前略 千早さま
愛別離苦
日本点字図書館見学記
新版御書の拝読
新人間革命読書感想文
聖教新聞
創価学会総本部
日蓮大聖人
池田大作先生
池田先生の詩
池田大作先生の逝去
戸田城聖先生
牧口常三郎先生
幹部指導
功徳を得る信心
創価学会の記念日
創価ニュース
学会書籍のご案内
折伏教典の研究
創価学会歌
希望の哲学
創価学会の問題
宮田幸一氏問題
妙音・自由の人
障害者スポーツ
自在の人
自在会情報
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
勤行 唱題
公明党
政治
一般書籍のご案内
管理人より
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
飼い猫ラッキ一
<別館>のご案内
創価の森通信フリーダム
学会員として生きる
体験談
地域の灯台たれ
窓際族以降の17年
私の仕事
親孝行
母の旅立ち
良死の準備
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
介護士への道2023
介護福祉士2023年5月~
介護士の転職方法
ウクレレ愛好家
ボランティア芸人
夢修行
健康づくり
怪我・病気対策
ミニマリスト
大工は魔法
料理は魔法
健康ジョギング
フルマラソン
ぼっちキャンプ
ウイスキー愛好家
雑記帳
つぶやき
俳句
ポエム
日本・世界遺産見学
経済
フェイクニュース
創価学会批判
紛争・災害ニュース
沖縄の戦争
21世紀の戦争
九州大震災
大白蓮華
グラフSGI
公明党候補一覧
新版御書の全編拝読
任用試験
老後の人生設計
他宗教
サカマキガイ駆除
日顕宗
ダイハツミラ660
太鼓
実家の解体
未分類

最新のコメント

kaisenさん、おはよ..
by sokanomori3 at 06:15
菊川さん、こんにちは..
by kaisen at 16:58
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 08:02
kaisenさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:32
菊川さんこんにちは。..
by kaisen at 18:07
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:05
菊川さん、マンドリンのコ..
by 千早 at 13:18
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:57
聖教新聞 6月22日の名..
by 千早 at 19:50
菊川さん、コンサート本当..
by 千早 at 19:47
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:09
おはようございます。 ..
by 千早 at 07:00
つくだ煮さん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:24
現役引退初日、おめでとう..
by つくだ煮 at 00:00
非公開さん、こんにわ。 ..
by sokanomori3 at 10:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:19
菊川さんコメントすごくお..
by 千早 at 20:11
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 05:18
菊川さま、こんにちは。 ..
by キョンシー at 20:43
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:10

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2024年 11月
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護