人気ブログランキング | 話題のタグを見る

沖縄・平和祈念公園の見学


☆70年前を風化させない.

平和祈念公園の建物の写真を以下に3枚添付します。
沖縄・平和祈念公園の見学_b0312424_4373013.jpg
沖縄・平和祈念公園の見学_b0312424_4381360.jpg
沖縄・平和祈念公園の見学_b0312424_4382210.jpg

写真解説「1~2枚目は平和祈念堂で高さが数十メートルの白い塔とその入り口の写真です。3枚目は平和祈念資料館の入り口写真です。屋根が朱色の瓦葺きです」

前回の記事を以下に示します。
sokafree.exblog.jp/27016995/
先の記事で「沖縄は豊かな県であり、発展している」ことを書きました。
親戚の生活レベル、教養レベルの高さにも驚きました。
地方という暗さがない。まるで東京のように活力があるのです。
一方で、沖縄の戦争の記憶はどうでしょうか。

沖縄本島の最南端に平和祈念公園があります。
沖縄戦で最期の攻防戦が繰り広げられた土地。
今は様々な施設と石碑のある公園になっています。
公園には、24万人を超える沖縄戦での死者の名が石碑に刻まれています。
私はかねてより、平和祈念公園に行きたかったのです。
「24万人の戦争犠牲者の名前が書かれた石碑があるらしい」
「いったいどういう所なのか」「そこに立てばどんなことを感じるのか」・・
ずっとそのことを考えていたのです。

葬儀の翌日、その祈念公園をついに訪れました。
公園に向かうクルマから白い大きな塔が目に入りました。沖縄平和祈念堂です。
中に大きな仏像があるようで、学会員の私はそのことが嫌で入館しませんでした。
その塔の向こうに平和祈念資料館という朱色の屋根の建物が見えました。
入館料を払い特設展示場を見ました。沖縄戦を伝える展示会でした。
写真撮影が禁止されていたので、映像はお伝えできませんが、当時の写真、当時の現実の遺品などが展示されており、洞窟に潜む島民や兵士のリアルな人形もあります。
人形の島民家族は普段着で打ちひしがれ、銃剣をつけた日本兵は鬼のような顔をしていました。地獄と修羅とが混在した当時とはこういう状態だったのでしょう。
息をのみ無言で見入りました。入館者全員が同じく無言でした。

資料館の中も(外の公園も)ほとんど話し声が聞こえないのです。
悲しみとも憤りともつかない情念が涌いて言葉になりません。
YouTubeやネットではけして感じらない途方もない悲しみがここにあります。
当時の遺品や写真に圧倒され、その衝撃でフラフラになりました。
「沖縄の人はこの視点から戦争を見ているんだ」「沖縄の戦争はこの施設によって、永遠に風化することはないだろう」・・そんなふうに感じました。
私は展示会場を出て資料館のさらなる奥に進みました。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-07-30 05:24 | 沖縄の戦争 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:17
天翔る人さん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 19:24
いつも楽しく拝見しており..
by 天翔る人 at 14:38
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:39
こんなにすごい忙しく大変..
by 千早 at 23:00
あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護