人気ブログランキング | 話題のタグを見る

次々に功徳を受けられる不思議


☆人生が四百万遍で変わった.


私の人生は43歳のとき180°大転換された。
否、正確に言えば、27歳の離婚で90°変化し、43歳にさらに90°、すなわち180°変わった。
180°というのは天地がひっくり変えるほどの変化です。

27歳まで、私は慢性的に不幸でした。
まず、スリハンドクの如く愚鈍でした。
生来の勉強嫌いに加え、人生をどのように生きるべきかの方途がまったく分からなかった。
社会の仕組み、対人関係のいろは、幸福の何たるかも知らない。
仏法では上根(じょうこん)、中根、下根と人間を三種に分類してる。
とにかく私は下根で何もかもが劣っていた。
愚かで頭の悪い私は上根の人たちに強いコンプレックスを持った。
それが私の不幸の始まりで、高校、大学、社会人と不幸が続きました。

そうしてあの強烈無比な離婚がありました。
私は耐えられず、生まれて初めて死ぬ気でお題目を唱えたのです。
その地獄の底のお題目で、私はスゴイ功徳を得ました。
それは仕事。好きな仕事で給料30万円。祈った通りの現証でした。
けれど、まだ幸福の基盤が半分築かれたに過ぎませんでした。
仕事は満足できても、人生には満足できない。
本当の満足が得られない生活が続いたのです。

次に窓際族の地獄に落ち、そこで唱えた三百万遍。
これで完璧な人生の基盤が構築されました。

百万遍:sokanomori.exblog.jp/15414508/
三百万遍:sokanomori.exblog.jp/15414796/

あれからさらに10年以上の歳月が過ぎました。
その歩みも、山あれば谷ありの人生でした。
でも何より「確信」が違うのです。

嵐があっても挫けないのです
「来たか。さあ、乗り越えよう!」と胸を張るのです。
「なにクソ、じっとこらえて今にみよ!」と決意するのです。
「さあ、この宿業を使命に開こう!」と糧にするのです。
ですから、負けるということがありません。
全部、成長の因、全部、幸せの種子になるのです。

そして、ひらがな御書を今から6年前に始めた・・
そのひらがな御書ホームページを以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b.html
苦労しました。なにせ「漢字が正しく読めない」のですから。
生来の勉強不足、愚鈍さなのに、そんなことを始めた。
でも、愚鈍だからこそ始めたと言えます。
読めない辛さ、読めない苦しみを知っていたから。
開始した当時は読めない認識は私自身になかったのです。
読めている、と思っていた。そうしたら間違いだらけ。
そこでネット上で批判を浴びたのです。

「こんな漢字も読めないなんてチャンチャラおかしい!」
「御書の平仮名訳なんて、お前がやるな!」

随分批判されたし、馬鹿にされました。
でも、スゴイことに「諸天善神」が集まった。
そうして正しく読めるSさんまでもが加わってくださった。
赤ペンだらけの原稿に驚きつつ、今日まで歩みました。
するとどうでしょう。かなり読めるようになりましたよ。
これ、私としてはあの離婚や窓際族の信心の功徳に匹敵する大功徳と思っています。

頭が確実に良くなっているんですね。
頭が良くなり、大聖人の御書に触れる悦びを味わえる!
それでもって「次は頭が良く生まれるかも」など、来世のことまで喜べる。
確かに、私は心と頭脳が清浄になってきているみたいです。
本日、平仮名訳を電車でしていて、次の御文(517)がありました。

にぜん しゃくもんの ぼさつは わくしゃ なり
じゆのぼさつ のみ ひとり げしゃ なり.

爾前迹門の 菩薩は 惑者 なり
地涌の菩薩 のみ 独り 解者 なり.

地涌の菩薩の凄さを大聖人が教えて下さっているのですが、要するに迹門の菩薩には迷いがあるというのです。末法の菩薩(学会員)は解者(げしゃ)、すなわち解脱した迷いのない人だとのご指導です。要するにとっても幸せな人たちなんだと。
末法に生まれ、世界一の御本尊を祈ることができ、そして世界一の創価の仏の集団の一員として生きられること。たしかにスゴイことなんですよね。

24時間365日幸せなんですよ、私。
こう申し上げると「お前、目も耳も問題があるじゃないか!」ですって?
あゝこの記事のことですね。
sokafree.exblog.jp/27646181/
sokafree.exblog.jp/27631311/

でもこれは「重い宿業を軽く受けている」んです。
そうして自在会の方や妙音会の方々に寄り添える感性も磨かれる。
ですから、全部、功徳なんですよ。^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

by sokanomori3 | 2017-11-11 06:29 | 体験談 | Comments(11)
Commented by うるとらまん at 2017-11-11 15:27 x
もう6年になるんですね。
コツコツ続けれらていることに敬意を感じます。
なかなかできることではありません。
そのようは人には、必ず、攻撃されます。
菊川さんは、それを承知で活動しています。
相変わらず、呼ばれてもいないのに、押し入ってきては、
難癖をつける人間はいます。
攻撃し続ける人は哀れです。何の価値も生まれません。
菊川さんの大勝利を祈ります。
Commented by 代配ゆきんこ at 2017-11-11 16:42 x
初めまして、こんにちは。
私もこの信心で功徳を得ることができました。
30代後半で、祈った通りの今の主人と出会えたことです。
今までたくさん祈ってきたけど、本当に祈りは叶うんだ!と
思えたのはこの結婚でした。
Commented by とろサーモン at 2017-11-12 00:49 x
おはようございます、菊川さん。いつもハッピーな菊川さん、万歳!さらに幸せになっていってください!(^^)!うるとらまんさんも代配ゆきんこさんも、同志のみなさんも池田先生とともに。ヽ(^o^)丿
Commented by sokanomori3 at 2017-11-12 05:41
うるとらまんさん、おはようございます。
足掛け6年になりました。
実際は5年と2ケ月になります。
千早さんには10年でカタチにすると申し上げました。
道中場にして258編の収録ができました。

>なかなかできることではありません。

そうですね。ましてこれは私個人の成果ではありませんから。
諸天善神が支援してくださった。
その根本的チカラは千早さんの心でしょう。
千早さんが読みたいと願い、一切が動きました。
今も、あの時の千早さんの心が私のエネルギーの源で、まるで核燃料のように枯渇することなく私を突き動かしています。

批判者は純粋な心が分からない人たちで、とかく売名行為だとか自己顕示欲の塊といったような表現で批判する人たちですが、結局、何をしようとそういう見方しかできない。
私としては、今となっては何とも思いません。
そういう人はいなくならないから。

うるとらまんさん、いつもありがとうございます。
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2017-11-12 05:51
代配ゆきんこさん、おはようございます。
大きな功徳、得られましたね。
おめでとうございます。

夢が叶うという結果には「実力がある」とも言えると思います。
学び、行動する中で、チカラがつく。
チカラがつけば、同じく何度でも思い通りに果たせる。
これはおカネ儲けでも、人間関係でも同じ。
だから次々に良い結果を出せますね。
一方、いつも失敗したり結果が得られないのは実力不足だからということもありますね。

でも宿業は、通常、努力では変えられない。
ですからチカラあっても、努力してもだめ。

私たちは宿業すら変えられる。
スゴイことですよね。
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2017-11-12 05:57
とろサーモンさん、おはようぎざいます。
苦しみ、迷いはありますが、でも小さいです。
信心がありますから、必ず乗り越えられる。
乗り越えていけるとの確信が、悩みを悩みで無くす・・
ですからまだ問題から抜け出せていなくても悩みから解放されているし、むしろ喜んでいたりする・・
これも、池田先生、学会同志のお陰です。
ありがたし!^^
★菊川広幸
Commented at 2019-04-19 00:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2019-04-19 05:49
非公開さん、おはようございます。
絵というのは大きな力がありますね。
歌声もそうです。私は歌も絵もできませんから、
写真と文章で表現するのですが。
地区の人たちはあなたさまの紙芝居で豊かに
笑顔なられていることでしょう。
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2019-06-25 05:08
公開コメントでしたが、投稿者のプライバシー保護のため、
文章を加工して以下に添付します。

Commented by nightflight at 2019-06-24 10:45

菊川さんの体験談、読ませていただきました。
ものすごく励みになっています。
私は22歳で地元の役所に入りました。
ところが、何年間もパワハラに苦しみました。
男子部組織では、先輩がこれまた全く反りが合わない。
それでも職場と組織で耐えましたが、
うつ病を発症し翌年4月に復職しました。
山の中の木の上で首を吊って死のうかと
数え切れないほど考えました。
そのときは辛くも難を逃れ復職できましたが、
その後また再発。職場からは「区切りをつけてほしい」と言われています。
加えて、婚活の末に見つけた彼女が、
クモ膜下出血で倒れ意識を失い、
この5月初めに霊山に旅立ちました。
正直、「彼女の人生、何のためやったのか?」と
辛く思ってしまいました。
実務に役立つかどうかわからない英語や
その他の外国語の知識、また行政書士という
あまりお金にならない資格しかもたない私にとって、
公務員を辞めて他にいくのは難渋を極める作業に思えました。
そのなかで、彼女の回復を祈って唱えた題目は、
亡くなる前日に215万遍。昨日の四十九日法要で
ちょうど300万遍になりました。
功徳と言えるのかどうかわかりませんが、
毎日僕がお見舞いに行く姿に、
彼女のお父さんや兄と姉のそれぞれの家族がみな、
一様に感謝してくれました。
Commented by sokanomori3 at 2019-06-25 05:08
彼女の家はもともと地域の名士のものすごいお堅い家です。
対する僕の家は、山の中の貧乏な百姓の家。
恐る恐る彼女の家族に会うと、
「うちの娘が本当にあなたに会って元気になって旅立った。
親戚一同、みんな感謝してます」と言ってくれ、
「うつ病で職場で実証を全く示せてない僕にも、
生きる意味はあるんだな」と思えました。
昨日、ようやく職場を辞める決心がつきました。
今後のことを考えると、まだまだ正直おそろしいし、
うつ病からくる無能感に圧倒される思いです。
過去のトラウマのせいで、
いつも誰かに罵倒されているように思えて仕方ありません。
しかし、心の仏性を輝かせ道を開きたい一心で、題目を唱えています。
会ったことがない菊川さんですが、
ともに学会員として歩んで参りたいと思います。
Commented by sokanomori3 at 2019-06-25 05:09
nightflightさん、おはようございます。

うつ病、大変ですね。
また、彼女との離別、さぞかしお辛いでしょう。
300万遍、必死に唱えたのでしょうね。
私の300万遍唱題のときのように・・
お金にならないとか言われていますが、
英語もでき、行政書士もある。
スゴイじゃないですか。
でも役場に勤めていらっしゃって、
辞めないといけないのでしょうか。
辞めなくていいのであれば、
残ってもいいように思いますが。
民間企業はもっと否寛容ですから。

私はうつ病の苦悩は友人、知人の生活を見て知っています。
しかし、体験がないのでその辛さが感覚的に分かりません。
おそらく、交通事故で重大な損傷を受けたに等しいのでしょう。
一体、そこの病からどう脱出するのか・・

誰もがとんでもない宿業を持っているものですが、
あなた様の300万遍のお題目は並大抵のものではないです。
あなた様は、本当は素晴らしい人なんだと思う。
だから心から宿命転換してい頂きたいです。

7月の大白蓮華の御書は第六天の魔王の働きを「十軍」とされていました。
すなわち、欲、愁い、飢えと乾き、妄執、睡魔、怖れ、疑いや悔い、怒り、貪り、おごりなどの煩悩が魔だというのです。
うつ病とは、愁い、怖れが増幅する病気なのでしょう。
その宿業の鉄鎖を断ち切り、蘇生の実証を築いていただきたいです。
そのことが、紛れもなく、あなた様の使命なのですから。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護