人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日蓮大聖人の晩年の生活


☆秋元御書に学ぶ.


大聖人は晩年(御年59歳)、極寒の身延で貧しい生活をされていた。
当時のことを、秋元御書から引用したい。
先に平仮名訳、次に原文にて示す。

ここに あんしつを むすんで てんうを のがれ
きの かわを はぎて しへきとし じしの しかの かわを ころもとし
はるは わらびを おりて みを やしない
あきは このみを ひろいて いのちを ささえ そうらいつる ほどに
こぞ 11がつ より ゆき ふり つみて かいねんの しょうがつ いまにたえることなし
あんしつは しちしゃく ゆきは いちじょう しへきは こおりを かべとし
のきの つららは どうじょう そうごんの ようらくの たまに にたり
うちには ゆきを こめと つむ
もとより ひとも きたらぬ うえ ゆき ふかくして みち ふさがり とう ひとも なき ところ なれば
げんざいに はっかんじごくの ごうを みに つくのへり
いきならが ほとけには ならずして また かんくちょうと もうす とりにも あいにたり
あたまは そること なければ うずらの ごとし.


爰に 庵室を結んで 天雨を脱れ
木の皮を はぎて 四壁とし 自死の 鹿の皮を 衣とし
春は 蕨を折りて 身を養ひ
秋は 果を拾いて 命を支へ候つる程に
去年十一月より 雪降り積て 改年の正月 今に絶る 事なし
庵室は七尺 雪は一丈 四壁は 冰を壁とし
軒の つららは 道場荘厳の 瓔珞の玉に似たり
内には 雪を米と積む
本より人も来らぬ上 雪深くして道塞がり 問う人もなき 処なれば
現在に 八寒地獄の業を 身につぐのへり
生きながら 仏には成らずして 又 寒苦鳥と申す鳥にも 相似たり
頭は 剃る事なければ うづらの 如し.

趣意を申し上げれば、次のような内容です。

山深い身延にある庵室の壁は木の皮を貼っただけの粗末なものです。
自然に死んだ鹿の皮を衣にしている。
ワラビや木の実を収集して命を繋いでいる。
その中、11月から雪が降り積もり、正月に至るまで雪が消えることはありません。
雪は一杖にもおよび、壁は氷となり、軒につららがなり、室内には雪が入るのです。
雪深い身延には人も訪れず、八寒地獄の有様。
年老いて、頭を剃らなければウズラのような頭髪です。
(以上、御書1078ページより)

年齢59歳の時の御書です。御逝去の2年前になります。
佐渡流罪の後、幕府からの寺院建立を断り、身延に入山されました。
一切、幕府からの供養を受け取らず、信者の御供養だけで生活されました。
その晩年の建物は、上記のような粗末なものでした。 
大聖人は、生涯、国からの支援を受けることはありませんでした。
門下信徒の真心のご供養だけで生活されました。
(ただし翌年、身延に十間四面(100坪)の大坊が完成した)
その大坊完成の後、大聖人は霊鷲山に旅立たれました。

いかがでしょうか。これが大聖人の晩年の生活です。
私たちは不平不満を言っていられるでしょうか。
私たちの住む家には冷暖房がある。着るもの、食べるものにも困らない。
鎌倉時代の人々から見れば贅沢極まりない。
不平不満、言ってられないです。

次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

by sokanomori3 | 2017-12-19 05:43 | ひらがな御書に学ぶ | Comments(3)
Commented by 千早 at 2017-12-19 14:35 x
大聖人の晩年の御書をいくつか読むととても苦しそうで寂しそうな感じがします。
この信心の意味が心からわかるのは私ももっともっと信心深めないと難しいなあと思うし、池田先生の御書講義を読んで勉強しないとわからないなあと思います。
本当に凍死しないのが不思議なくらいの状態ですよね‥
どう受け止めたらいいんだろうと思います。
Commented at 2017-12-20 13:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2017-12-20 21:08
千早さん、こんばんわ。
千早さんのコメントへのご回答は、続編として記事書きますね。
コメント、ありがとうございます。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:17
天翔る人さん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 19:24
いつも楽しく拝見しており..
by 天翔る人 at 14:38
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:39
こんなにすごい忙しく大変..
by 千早 at 23:00
あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護