人気ブログランキング | 話題のタグを見る

加曾利貝塚 縄文祭り4


☆縄文時代の竪穴式住居.


加曾利貝塚の住居といろりの写真5枚を以下に添付します。
加曾利貝塚 縄文祭り4_b0312424_17035916.jpg
加曾利貝塚 縄文祭り4_b0312424_17043686.jpg
加曾利貝塚 縄文祭り4_b0312424_17044569.jpg
加曾利貝塚 縄文祭り4_b0312424_17041771.jpg
加曾利貝塚 縄文祭り4_b0312424_17042611.jpg

写真解説「1.公園内にある竪穴式住居、2及び3.住居内の天井部分の写真、4及び5.住居内と住居外のいろり。いろりにはいずれも焚き木があり、その横に土器があります」

前回の記事URLを以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/27906298/

次に加曾利貝塚にある復元された竪穴式住居を見学しました
縄文祭りの期間中だけ、いろりに火をたいたりしているようです。
シリーズの冒頭に歩いていたコスプレ縄文人も、この期間限定とのことでした。
この竪穴式住居は複数あり、写真はその1つです。
思いの他広く、家としてしっかりしているし、屋根は入母屋(いりもや)になっていてかまどの煙が逃げるようになっていました。入母屋作りの家は、今も日本の建物にはあるし、大昔からこのカタチだったことに、ある意味、衝撃をうけました。
「そうか、現代人の知性とまったく同等の人たちなんだ!」
そう、今の私たちとまったく変わらないのです。
ただ、当時は、鉄もプラスチックもありません。
全部が全部、自然界の素材で作られているのです。

感動で涙が出るぐらいに私はシビレました
できれば、この竪穴式住居に数日間住みたいぐらいなのです。(笑い)
いろりの炎、縄文土器で作った素朴な味の食事・・
お酒はあったでしょうか。きっとあったでしょうね。
温かく、あるいは涼しく眠れて、食事ができて、家族が健康であれば、もう幸せMAXだったに違いない時代です。ただ、危険に満ちてもいたでしょう。
病原性のある虫や危険な動物とも戦わなければなりません。
今の私たちのような快適で安全な建物ではありません。
嵐や天変地異、あるいは冬の生活は大変だったでしょう。
それと病と老い、怪我などを乗り越えることも。

ガスも電気もない生活ですけれど、でも、どうでしょうか。
何とも魅力に満ちた生活に感じたのです。

次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ


by sokanomori3 | 2017-12-29 05:12 | 日本・世界遺産見学 | Comments(3)
Commented by 誓願 at 2017-12-30 11:48 x
縄文時代といえば『火起こし』をすぐ連想します。火を自在に操れるようになった人類は急激に発展していったのでしょうね。

石器時代の日本は中国に近い西日本だけが発展していたのかというとそうではなく、関東でも人々はきちんと生活して発展していたのですね。
何もない時代でも人々はきちんと生きる術を身につけていた。それは縦の関係よりも横の関係が重要だったのかもしれません。

人の手によってつくられるものって、人間の心・核(コア)となる所からつくられると思います。石器時代の魅力はそこにあるのかもしれません。生きる為の実践哲学とは言い過ぎでしょうか
Commented by sokanomori3 at 2017-12-30 14:59
>文時代といえば『火起こし』をすぐ連想します。

この縄文祭りで、火起こしを家族でチャレンジしていました。
私、半信半疑で見ていたのですが見事に火が付きました。
今ではワンタッチで火が得られる。
でも当時は手間かけて火を得ていた。
人間が人間らしく生きていたのでしょう。
物質的に豊かになって心が貧しくなるということがあるかもしれない。
いろいろなことを考えさせられた縄文祭りでした。
★菊川広幸
Commented by 誓願 at 2017-12-31 13:23 x
私も小学校の授業で火起こしを体感した事があります。火がついたとき「おー」歓声がありメラメラ燃える火を見つめながら「これ誰が考えたんだろう」と素直に思いました。
凄いと偉いの感情が同時に起こりました。きっと人間のDNAの中に原始時代の記憶があり、感性を呼び覚ますのかもしれません。


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書の集い
ひらがな御書
ひらがな御書に学ぶ
ひらがな御書の解説
座談会御書・解説
御書の登場人物
仏法用語
小さな一歩でしゅっぱ~つ♪
千早抄 (体験談)
千早美術館
前略 千早さま
愛別離苦
日本点字図書館見学記
新版御書の拝読
新人間革命読書感想文
聖教新聞
創価学会総本部
日蓮大聖人
池田大作先生
池田先生の詩
池田大作先生の逝去
戸田城聖先生
牧口常三郎先生
幹部指導
功徳を得る信心
創価学会の記念日
創価ニュース
学会書籍のご案内
折伏教典の研究
創価学会歌
希望の哲学
創価学会の問題
宮田幸一氏問題
妙音・自由の人
障害者スポーツ
自在の人
自在会情報
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
勤行 唱題
公明党
政治
一般書籍のご案内
管理人より
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
飼い猫ラッキ一
<別館>のご案内
創価の森通信フリーダム
学会員として生きる
体験談
地域の灯台たれ
窓際族以降の17年
私の仕事
親孝行
母の旅立ち
良死の準備
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
介護士への道2023
介護福祉士2023年5月~
介護士の転職方法
ウクレレ愛好家
ボランティア芸人
夢修行
健康づくり
怪我・病気対策
ミニマリスト
大工は魔法
料理は魔法
健康ジョギング
フルマラソン
ぼっちキャンプ
ウイスキー愛好家
雑記帳
つぶやき
俳句
ポエム
日本・世界遺産見学
経済
フェイクニュース
創価学会批判
紛争・災害ニュース
沖縄の戦争
21世紀の戦争
九州大震災
大白蓮華
グラフSGI
公明党候補一覧
新版御書の全編拝読
任用試験
老後の人生設計
他宗教
サカマキガイ駆除
日顕宗
ダイハツミラ660
太鼓
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:10
キョンシーさん、こんばん..
by sokanomori3 at 20:54
こんばんは。菊川さまから..
by キョンシー at 20:39
オガワさん、こんにちわ。..
by sokanomori3 at 17:16
初めてコメントさせていた..
by オガワ at 11:18
尚、キョンシーさんもそう..
by sokanomori3 at 07:19
普通に考えれば、5月に親..
by sokanomori3 at 07:08
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 07:05
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:35
菊川さま、こんばんは。 ..
by キョンシー at 19:41
キョンシーさん、こんばん..
by sokanomori3 at 19:24
菊川さま お返事ありがと..
by キョンシー at 12:11
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん ブログ配信あり..
by キョンシー at 12:10
kaisenさん、ありが..
by sokanomori3 at 06:00
お悔やみ申し上げます..
by kaisen at 20:11
いつもさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:59
菊川さん、この度はお悔や..
by いつも at 00:36
レオさん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:27
ご冥福を心よりお祈りしま..
by レオ at 14:10

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2024年 11月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護