人気ブログランキング | 話題のタグを見る

加曾利貝塚 縄文祭り5


☆縄文祭りは面白い.^^


ゆるキャラや石器サンプル、土産など写真5枚を添付します。
加曾利貝塚 縄文祭り5_b0312424_17331974.jpg
加曾利貝塚 縄文祭り5_b0312424_17333222.jpg
加曾利貝塚 縄文祭り5_b0312424_17335499.jpg
加曾利貝塚 縄文祭り5_b0312424_17340775.jpg
加曾利貝塚 縄文祭り5_b0312424_17341935.jpg

写真解説「1.縄文祭りの出店とゆるキャラ、2.ゆるキャラを触る女の子、3.展示されていた黒曜石のナイフ、4.どんぐり茶をカップに注いだ状態、5.購入した土産のクッキーやお茶」

縄文時代を堪能できる最高のイベントでした
まず、加曾利貝塚(かそりかいずか)の設備がスゴイのです。
貝塚の断面、住居跡地の保管は完璧です。
http://sokafree.exblog.jp/27905111/
そして、博物館の豊富な出土品と研究の深さに圧倒されるのです。
http://sokafree.exblog.jp/27906298/
さらに、竪穴式住居に沢山の係員がいて、様々なイベントがあるのです。
http://sokafree.exblog.jp/27908485/

今回、記事にはあえてしませんでしたが、縄文時代の弓での射的、ガチョウやウサギやロバなどの小動物園もあり、出店には土産や食べ物が販売され、ゆるキャラまでもいました。
土産などの購入物以外、全部、無料でした。
一日中飽きませんしね、縄文祭り良かったですよ。
天気も良かったし、MAX大満足でした!^^

お土産にどんぐり茶、どんぐりクッキー、どんぐりの粉を買いました
どんぐり茶は美味しかったです。クッキーは素朴な味でした。
どんぐりの粉はまだ食べていません。
お好み焼きとかタコ焼きのようにして食べたいと思っています。
尚、どんぐりクッキーは、小さな袋に小分けしてブロック座談会でプレゼントしました。
素朴な縄文時代のおすそ分けをした、という具合なのです。

この縄文祭りで、私は縄文時代のシンプルな幸せを見た思いがします
当時の生活の苦労や悲しみは、それは現代より格段に大きかったでしょう。
けれど、当時の彼らの幸福の感受性は現代人より格段に大きかったでしょう。
私たちは、住む家も着る服も食事も何一つ不自由しません。
医療も介護もある。豊富な健康管理の知識もある。
それなのに、うつ病が蔓延し、自殺者も絶えない。
おかしくないだろうか、贅沢過ぎないか。

縄文祭りでは、素朴な環境の中の静寂さと温かさとを感じました
かまどの煙、晴天の青空、食べて眠るということ。
安穏とした日々、普通に生きられることへの感謝。
現代人は、そういう原点を忘れているのではないでしょうか。
私は、平凡な小さな幸せを大事にしようと思います。

ご参考に、加曾利貝塚HPを以下に示します。
http://www.chibacity-ta.or.jp/notice/

次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ


by sokanomori3 | 2017-12-30 05:30 | 日本・世界遺産見学 | Comments(10)
Commented by 誓願 at 2017-12-30 11:50 x
石器時代の弥生時代といえば邪馬台国の女王、卑弥呼を連想します。どこにあったのか場所さえ、まだ決まってはいませんが、なぜゆえ私が邪馬台国の女王『卑弥呼』がこんなにも気になるのかというと、おもえば彼女は日本初の女性総理大臣だったのですね。(実際は神に仕える巫女)

ちなみにヒミコという呼び名は
中国では 卑弥呼(ひみこ)
日本では 日巫女、日御子( ひみこ)

「日巫女」は太陽に仕える巫女の意。だそうです。ヒミコが使っていたのは仏法の部類でいう『道教』で、日本の未来や辿るべき一番良い道を予期して占っていた。
中国とも余計な争いはしませんでした。

周りの男達も彼女を信じ良く仕えた。そこにあるのは横暴な『権力』ではなく彼女に対する『信用』だったのではないかと思えてなりません。
Commented by sokanomori3 at 2017-12-30 14:54
誓願さん、こんにちわ。
なるほど、「信用」であり「信頼」だったのかも知れませんね。
ピラミッドと同じように。
★菊川広幸
Commented by 誓願 at 2017-12-31 12:24 x
すいません文字の訂正です。
なぜゆえ ×   
なにゆえ ○ 
漢字では「何故(なにゆえ)」になるが正解でした。
Commented by 誓願 at 2017-12-31 12:27 x
女王 卑弥呼が皆の為に一生懸命に日本の行く末を祈っている姿が思い浮かべられますね。私も年明けは家族で学会本部に行って唱題をあげる予定です。
Commented at 2018-01-02 23:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2018-01-04 06:11
誓願さん、おはようございます。

>女王 卑弥呼が皆の為に一生懸命に日本の行く末を祈っている姿が思い浮かべられますね。

なるほど、そうでしょうね。
そういう心根がなければ、皆から支持されませんね。
今までは、怪しい呪術で人に恐怖を与えていた・・
などと思っていました。
そうではない。愛情も慈悲も沢山ある卑弥呼。
なんだか、心の晴れる感覚になれました。
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2018-01-04 06:17
非公開さん、おはようございます。

>近代になって、九州説が出るまでは、江戸時代くらいまでは、邪馬台国は近畿地方(ヤマト)説で固定だったみたいですね。新井白石の当時の日記とかにあるそうです。

どこにあったのか、ロマンですね。
実はヤマトとヤマタイとは同じ言葉だったりして。
語源はヤマターやヤマツーだったりして。^^
★菊川広幸
Commented by 誓願 at 2018-01-05 22:28 x
語源に関しては卑弥呼という呼び名は「ヒメノミコト」あるいは「ヒメミコ」などを、中国の魏人が聞いたとき変化したのではないかという説があります。

場所に関しては九州説、近畿説、大掛かりな古墳が見つかった瀬戸内説の三つも結局はお墓から、 卑弥呼が中国の王朝から授かったと記されている「親魏倭王〈しんぎわおう〉」の 金印(きんいん。金でつくられた印章のこと)や鏡のようなものと、出土した骨が高齢の女性であった。などという発見がないかぎり確定はされません。古代ロマンは謎だらけですね。

ちなみに私が邪馬台国をあげた理由は仏法の時代的に像法時代であり、卑弥呼が女王になってから各地で無用な争いが減っていき、邪馬台国には国に法律もあり、高度な職人技術も発達して近代日本の礎を築いて行ったからです。しかし、彼女の死後、日本は争いの時代に入っていきました。

卑弥呼が女王になった理由はそれまでの男王では行き詰まっていて時代の流れで新しい王を誕生させるためでした。驚くのは一つ前の時代はマンモス追いかけていた縄文時代です。急激な発展も目を見張ります。しかし男社会が、この時もう既に行き詰まっていたなんて、ちょっとショックですよね。
Commented at 2018-01-07 11:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2018-01-07 18:23
誓願さん、非公開さん、こんばんわ。

非公開さん、

>女性初の天皇は、推古天皇です。
女性を天皇に。というのは当時、今とは比べものにならないくらいの大きな反対があったのかもしれません。

卑弥呼に推古天皇、女性がトップだった時代が大昔にあった・・
今、女性の活躍は目を見張るものがありますね。
学会は婦人部が先駆を切っていますしね。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん、おはようござい..
by いつも at 08:22

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護