人気ブログランキング | 話題のタグを見る

創価学会員の親孝行


☆鬼の如き親にも仕える.


2018年(平成30年)の大白蓮華1月号。
そこに「親孝行を」と題された体験談が掲載されました。
以下に、その壮年部員の体験談を抜粋し、所感を述べます。

入会したのは1954年(昭和29年)。
病弱だったおふくろと姉が先に入って、その後、私も続いた。
ところが親父は他宗の檀家総代。
それはそれは壮絶な反対を受けた。
因習深い地域で、親戚中、近所から非難された。
それでもおふくろは「信心はすごい」と皆を折伏した。
おふくろが亡くなった後、親父の仕打ちは苛烈になった。
真っ赤に焼けた火箸(ひばし)を振り上げられて、家を追い出された。
知人の家の物置に住んだ。
職を転々としながら何とか生活した。
ある日、池田先生に指導を受ける機会を頂いた。
先生は家の状況を詳しく聞かれた上で、こう言い切ってくださった。
「親孝行をしなさい。10年間、頑張りなさい」
激励を受けてから10年目、妻と結婚した。
同じころ、親父は旅館を始めたが多額の負債を抱えて倒産。
眠れないほど悩んだ末に、私たち夫婦が莫大な借金を継いで旅館の再建をすることを決めた。
早朝から深夜まで血を吐く思いで働いた。
旅館の一部を広布の会場にして使ってもらった。
経営は軌道に乗り、やがて多額の借金も全て返済できた。
親父もだんだん変わっていった。
学会の人が会合に集う姿を嬉しそうに見るようになった。
最後は「俺も学会の葬儀で」と言って、皆に見守られて亡くなった。
おふくろが知ったら、どんなにか喜んでくれるだろう。

(以上、主要個所の抜粋)

体験の壮年部員は奥様、ご子息夫婦、孫たちと満面の笑顔で写真に納まっていました。
大勝利の姿は晴れ晴れとし、輝かしい光を放っていました。

壮年部員の父は、火箸を振り上げるほどの迫害をした人。
家からも追い出された息子が池田先生から「親孝行をしなさい」と指導される。
そして鬼のような親に親孝行する。これが学会員なんですね。
一段と、さらに決意が固まりましたよ、私。
親孝行、絶対に果たすぞ!って思いました。

私の夢は最高の親孝行をすることです。
18歳に故郷を離れ、一緒に母と生活することなく今に至ります。
母は78歳。私はもうすぐ58歳になります。

今年の正月のプチ親孝行の記事を以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/27933028/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-01-07 05:59 | 体験談 | Comments(3)
Commented by とろサーモン at 2018-01-07 21:25 x
こんばんわ。菊川さんの親孝行応援題目を上げます(*^^*) 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 大白蓮華の壮年部員さん、ありがとうございます。!(^^)!
Commented by 千早 at 2018-01-07 22:57 x
池田先生のご指導の通り親孝行をされたこの方はすばらしいですね。
私も母に親孝行をしないといけません(^^)
動けん病でしなしなになっていては孝行はできません。
元気はつらつがんばります(^^)

Commented by sokanomori3 at 2018-01-08 05:40
とろサーモンさん、千早さん、おはようございます。
ご一緒に、日本一、世界一の親孝行、いたしましょう!^^
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護