人気ブログランキング | 話題のタグを見る

四条金吾殿御返事(2018年2月度座談会御書)


☆煩悩即菩提御書に学ぶ.

(ぼんのう そく ぼだい ごしょに まなぶ)


四条金吾殿御返事(しじょうきんごどのごへんじ)。
2018年2月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載されている四条金吾殿御返事(別名、煩悩即菩提御書1117・1118ページ)のひらがな文、漢字文を示し、背景と大意を述べます。

○ひらがな文.


ほけきょうの しんじんを とおし たまえ  
ひを きるに やすみぬれば ひを えず  
ごうじょうの だいしんりきを いだして  
ほっけしゅうの しじょう きんご しじょう きんごと
かまくらじゅうの じょうげ ばんみん
ないし にほんこくの いっさいしゅじょうの くちに うたわれ たまえ.

○漢字文.


法華経の 信心を とをし給へ 
火をきるに やすみぬれば 火をえず 
強盛の 大信力を いだして 法華宗の 四条金吾 四条金吾と
鎌倉中の 上下万人 乃至 日本国の 一切衆生の 口に うたはれ給へ.
 

○背景と大意.


文永9年(1272年)5月2日、日蓮大聖人51歳の御時、四条金吾に与えられた御書です。
祈雨対決で敗北した良観の策謀から竜の口の法難、佐渡流罪の大難が起こり、
難は門下にも及び、多くが退転しました。
以下に良観との祈雨対決記事を示します。
http://sokafree.exblog.jp/28018053/

その中で、この難について本抄冒頭に次のように記されています。

「法華経の行者としてかかる大難にあい候はくやしくおもひ候はず」(1116)
「仏果をうべき身となればよろこばしく候」
大聖人は死罪、流罪すら喜びであると述べられているのです。

今月の大白蓮華の範囲は、本抄の末尾の御文になります。

火を得ようとしているのに作業をやめてしまったら火はえられない。
強盛の信力で鎌倉中、日本国中の人々から法華宗の四条金吾と呼ばれる大勝利者になりなさい

(以上、学習範囲の趣意)

この御書をどのように拝すべきでしょうか。
四条金吾の物語として拝すのではなく、自分自身に置き換えることが肝要です。
それは「創価学会とは何か」と聞かれたら「私です」と胸を張って言えることでしょう。
大白蓮華47ページには次のように解説されています。

「仏法を実践する私たちが、現実の人生と生活に勝利し周囲から信頼されてこそ、仏法の力が証明されます。池田先生は語られています。
私は創価学会だ。だれが何と言おうが、偉大な創価学会の代表だ、 
そのくらいの決心で、胸を張っていくべきだ

加えて、池田先生は今月号の巻頭言に「挑戦王」と題しご指導をくださっています。

仏法は「挑戦」の宗教である
妙法とともに、月々日々に蘇生した生命力で、たゆまず新たな価値を創造する挑戦だ
御書とともに、人生のいかなる試練、なかんずく自他共の生老病死の苦悩を打開する挑戦だ
同志とともに、現実社会の課題に立ち向かって、幸と平和の連帯を広げゆく挑戦である

そして同じく巻頭言に和歌を添えてくださっています。
創価とは 挑戦王の 異名なり 溢れんばかりの 勇気で勝ち切れ

「溢れんばかりの勇気」を「大信力の唱題」から得る。
現実社会の中で自他共に試練を乗り越える。
価値を創造する。四条金吾のごとく、創価の偉大を証明する。
必ず勝つ!と腹を決めて歩む。
そして「創価学会の○○」として勝利する。
これが創価の誉れの人生であります。

○所感.


本抄は、700年後の今日、「予言の書」となった感があります。
四条金吾は、創価の希望と勇気を象徴する誉の弟子です。
今や国内のみならず、全世界に金吾の名前が轟き渡っています。

学生時代、私は「一生、金吾のような勝利者にはなれない」と思っていました。
劣等な能力に、社会で実証を示せる自信がなかったのです。
しかし、信心し、小さいながら私なりの実証を示せたとき、
使命を果たすことの喜びを知りました。

個々の宿命の中で誰よりも立派に生きることこそ、
私たち一人ひとりの使命ではないでしょうか。

私は40歳のとき窓際族となり、その悩みから本気で信心をしました。
3年間で300万遍唱題を果たし宿命転換しました。
その体験を以下の記事URLに示します。
sokanomori.exblog.jp/15414796/


ひらがな御書の四条金吾殿御返事(別名、煩悩即菩提御書)を以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b1116

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-01-25 22:11 | 座談会御書 | Comments(6)
Commented at 2018-01-26 13:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2018-01-26 21:40
非公開さん、ご指摘ありがとうございました。
修正しました。^^
★菊川広幸
Commented at 2018-01-27 23:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2018-01-28 05:54
非公開さん、おはようございます。
その部分は、私の入力ミスでした。
コメントありがとうございます。
★菊川広幸
Commented at 2018-02-11 20:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2018-02-12 05:47
非公開さん、おはようございます。
同じ名前・・そうですか。^^
ありがとうございます。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護