人気ブログランキング | 話題のタグを見る

阿仏房(あぶつぼう)の戦い


☆権力と戦った阿仏房.


日蓮大聖人は、極楽寺良観の策謀で死罪となりました。
http://sokafree.exblog.jp/28018053/
しかし、「光もの」の出現で免れることができました。
次は佐渡流罪となられました。文永8年10月28日に佐渡に渡られました。

配流の地として定められていたのは「塚原」でした。
塚原の三昧堂は、墓所の死者を弔うための小さな堂でした。
壁が破損し、雪が部屋の中に吹き積もるという粗末な建物で、大聖人は極寒の冬を、この堂に毛皮で作った敷物を敷き、蓑(みの)を着て夜を明かされます。
着ているものは薄く、食べ物は乏しい命にかかわる状況であり、大聖人は「生きながらに餓鬼道を感じ、さらに八寒地獄に堕ちた」(1052)と述べられています。
この大聖人の身を案じた阿仏房は、同志の国府入道(こうにゅうどう)と共に、監視の目を逃れるために食料などを詰めた櫃(ひつ)を背負い、大聖人にお届けしました。
しかし、この行動により、阿仏房は罰金に処せられました。
加えて、家宅を取り上げられるという弾圧を受けます。

塚原に念仏などの僧らが数百人が集まり「塚原問答」と呼ばれる法論対決がありました。
この法論で、大聖人は圧倒的な勝利を果たされます。
このころ阿仏房夫妻、国府入道夫妻が大聖人に帰依しました。
同志の国府入道の記事を以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/27004785/

やがて大聖人は、初夏に入った文永9年4月に塚原から一谷(いちのさわ)入道の屋敷に移られ、以後、赦免になるまでの約2年を過ごされました。

塚原問答後、大聖人に帰依する住民が次第に増えていきました。
やがて危機感を募らせた地元の念仏者らが策謀を企てます。
それは代表らが鎌倉に出向き、幕府の高官に偽りの大聖人の悪行を訴え、「佐渡で日蓮に従う者を処罰するという偽りの御教書(みきょうしょ)を三度も出させました。
しかし、阿仏房夫妻は屈することなく大聖人を外護しました。
この阿仏房の赤誠は、大聖人から北国の導師(ほっこくのどうし)と称賛されるに至ります。

佐渡流罪中、阿仏房は「法華経に説かれる多宝如来や宝塔の出現は何を表しているのか」と質問し、大聖人は「南無妙法蓮華経と唱えれば、わが身がそのまま宝塔であり、また多宝如来となるのです」とご指導されています。
その阿仏房御書(宝塔御書)の記事を以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/24067328/

やがて、大聖人は佐渡流罪を赦免されます。
鎌倉に戻られ、やがて身延への入山となりました。
阿仏房は遥か佐渡から供養の品を携えて身延へ渡りました。その数は三度に及び、佐渡門下の無事と変わらぬ求道心を知った大聖人は「夢を見ているようだ」(1314)と述べられています。

弘安2年3月、阿仏房はその生涯を閉じました。
同年7月、阿仏房の息子の藤九郎が身延を訪れ、阿仏房の遺骨を身延に埋葬しました。
大聖人は後継の子息の姿を大変喜ばれました。
阿仏房の息子に「法華経の行者となり」と讃嘆されました。

(以上、大白蓮華2018年1月号を参考に記しました)

流罪先の佐渡でも、常に命を狙われた大聖人。
その状況下で支援者たちも同じく弾圧を受けました。
まさに師弟不二の証と思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-01-29 05:44 | 御書の登場人物 | Comments(2)
Commented by 千早 at 2018-02-02 20:06 x
本当に当時の純粋な信心の人々はすごいなあと思います。
創価学会草創期の方々も同じですが、卑怯じゃない不惜身命のまっすぐな信心、大聖人をお守りしたいという強い思い、すごいですねえ。
「いざ」という時に私はどういう態度をするんでしょうか。
まっすぐでいられるようにお題目をあげていきたいです。
Commented by 凡ちゃん at 2018-02-03 11:20 x
佐渡で断水が発生していて心配していたのですが、水道管の復旧が出来て現地の自衛隊が撤収したみたいですね。
寒い中で空腹とかだと、とてもつらかったでしょうね。


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:17
天翔る人さん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 19:24
いつも楽しく拝見しており..
by 天翔る人 at 14:38
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:39
こんなにすごい忙しく大変..
by 千早 at 23:00
あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護