人気ブログランキング | 話題のタグを見る

如説修行抄(2018年4月度座談会御書)


☆如説修行抄に学ぶ.


(4がつど にょせつしゅぎょうしょうに まなぶ)

如説修行抄(にょせつしゅぎょうしょう)。
2018年4月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載されている如説修行抄(503ページ)の
ひらがな文、原文を示し、背景と大意を述べます。

○ひらがな文.


てんだい いわく「ほっけしゃくぶく はごんもんり」と まことに ゆえ あるかな 
しかるに しょうじゅたる しあんらくの しゅぎょうを いまの とき ぎょうずる ならば 
ふゆ たねを くだして はる このみを もとむるものに あらずや  
にわとりの あかつきに なくは ようなり
よいに なくは もっけ なり.

○原文.


天台 云く「法華折伏・ 破権門理」と まことに 故 あるかな
然るに 摂受たる 四安楽の 修行を 今の 時 行ずる ならば
冬 種子を 下して 春 菓を 求る者に あらずや
鶏の 暁に 鳴くは 用なり
宵に 鳴くは 物怪 なり.

○背景と大意.


文永10年(1273年)5月、日蓮大聖人 52歳の御時、流罪地の佐渡の一谷(いちのさわ)から門下一同に与えられた御書です。
「如説修行」とは「仏の説の如く修行する」の意味です。

当時、大聖人門下は竜の口の法難以降、大弾圧を受け、その難は門下にも及びました。

「法華経の行者は現世安穏と説かれているのに、なぜ大難が続くのか」との疑いに対し、大聖人は「釈尊の時代も難があったのだから、末法において三類の強敵(ごうてき)に遭うことは当然である。真の現世安穏とは難を乗り越えていく信心にある」と述べれています。

そして、「今は摂受(しょうじゅ)の時代ではない。権経を破す折伏の時である。もし、摂受をするなら、冬に種を撒いて春に収獲しようとしているに等しく、鶏が夜に鳴くに等しい」と御指南されました。

池田先生は「末法は、価値観が混乱し、何が正しいか、何が大切かが分からない時代です。
混乱の時は、“これこそが正義”“これが最も大事”と明確に示していかないといけない。折伏とは“真実を語る”ことです。勇気をもって言い切っていくことです」とご指導されています。

○所感.


「柔らかく法華経を弘める」では通じない人たちが沢山います。
では「強く法華経を弘める」と、どうなるでしょうか。

4月号大白蓮華の巻頭言に、池田先生は次のように記されています。
「戦時中、邪宗門は臆病にも御書の要文を削除した。
御書のままに、弾圧にも屈せず「死身弘法」を貫いたのは、牧口・戸田両先生であられる」

牧口先生も戸田先生も投獄され、牧口先生は獄死されました。
大なり小なり、いずれにしても難を受けるのです。

正直な話をすれば、私自身、折伏はいつも「怖い」です。
強い覚悟と確信がなければ「摂受」になってしまいます。
でも、本当に不幸になることが見えていたら・・
もはや「折伏」しかない。嫌われたとしても破折するしかない。
ここです。それが本当にできるのか・・

今まで私は5人の折伏を実らせました。
仏法対話した相手は30人以上になります。
摂受あり、折伏ありでしたが、批判されたことも当然ありました。
対話の瞬間から瞳がどんどん曇り、絶縁されたこともあります。
折伏って、だから命がけです。お題目あげないとできない。
一方、摂受は簡単。お題目あげなくてもできる。

私には、到底折伏できない人が一人おります。
過去、摂受の対話はしてきました。でも折伏がどうしてもできません。
大恩人ですし、大切な人なんです。ところが、迫害が怖いのです。
怒りを買うことが100%と思っているから。(私の弱さ)
でも、その人の不幸を見て見ぬふりもできません。
悩ましいですよ、折伏。本当に悩ましい。

とにかく、信心を深めてお題目で勇気を作るしかないです。
このように自分自身の中で常に葛藤しております。



ひらがな御書の如説修行抄の交互文、背景と大意を以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b501.html
hiraganagosho.web.fc2.com/c501.html

摂受と折伏について御指南されている御書を参考に示します。
sokafree.exblog.jp/28213141/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-03-27 05:47 | 座談会御書 | Comments(5)
Commented by 瓜二つ at 2018-03-27 06:49 x
菊川さんおはようございます!

もうちょっと詳しく教えてほしいです
摂受の対話と折伏の対話の違いを!
最近行き詰まってるなと思ったらもしかしたら摂受の対話になってないかなと、ふと思いました
Commented by at 2018-03-27 15:36 x
私も瓜二つさんと同じように、折伏と摂受の事をお聞きしたいです。
Commented by sokanomori3 at 2018-03-27 22:03
瓜二つさん、こんばんわ。

相手を批判することなく柔らかく導くのを摂受といい、相手の思想を破り、誤りを悟らせることを折伏というのでしょう。
素直に入会する心根の人であれば摂受でいいのでしょうけれど、多くは学会に偏見を持つし、「どの仏教も同じ」という混沌とした認識があるので、最終的に折伏にしないと、本当の決意に至らないと感じます。

言葉の持つイメージから、折伏というと「批判的」だったり、「叱責」のように思うかもしれませんが、そのような対応をすると誰も立腹します。
大事なことは「ほほえみ」であり「愛情」でしょう。

この折伏の姿を大聖人は立正安国論に記されました。

安国論では、旅客と主人が仏法対話をしますが、主人の折伏で客が怒ります。
主人は「主人 咲み 止めて 曰く」(しゅじん ほほえみ とどめて いわく)とあるように、腹を立てる旅客に、やさしく、愛情をもって折伏するのです。
折伏といえども「柔らかさ」「笑顔」「優しさ」が必要ですね。
さらに上目目線の対話ではいけない。
「余は 是れ 頑愚(がんぐ)にして 敢て(あえて) 賢(けん)を 存せず」と謙遜しつつ、丁寧な対話をするのです。

その真摯で愛情ある対話に打たれ、客は「和らぎ」、やがて「襟を刷(つくろ)い」、主人の折伏にすっかり納得します。

根本に慈悲があり、祈りがあっての、真摯な折伏・・
これが本当の折伏だと思います。
★菊川広幸
Commented by うさぎ at 2018-03-27 23:39 x
菊川さん こんばんわ
素直に入会する心根の人であれば摂受でいいのでしょうけれど、多くは学会に偏見を持つし、「どの仏教も同じ」という混沌とした認識があるので、最終的に折伏にしないと。
なるほど、まさしくそうですね。
優しく慈悲、、簡単な様で難しい。
自身の中の仏を呼び起こし慈悲のある人間に。 ありがとうございました。
Commented by sokanomori3 at 2018-03-28 05:40
うさぎさん、おはようございます。
折伏も、摂受との組み合わせのように思います。
むしろ摂受9と折伏1ぐらいの割合。
分からず屋は摂受5の折伏5というように。
人は反省しないと変わらない。
間違いを間違いと悟らないと次に進めませんね。
「この仏法は良い」だけでは分からない。
「他の宗教の問題」も教えないといけない。
両方必要ですね。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:39
こんなにすごい忙しく大変..
by 千早 at 23:00
あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護