人気ブログランキング | 話題のタグを見る

椎地四郎殿御返事(2018年5月度座談会御書)


☆椎地四郎殿御返事に学ぶ.


(5がつど ざだんかいごしょ しいじしろうどのごへんじに まなぶ)


椎地四郎殿御返事(しいじしろうどのごへんじ)。
2018年5月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載されている椎地四郎殿御返事
(1448ページ)のひらがな文、原文を示し、背景と大意を述べます。

○ひらがな文.


まっぽうには ほけきょうの ぎょうじゃ かならず しゅったいすべし  
ただし だいなん きたりなば ごうじょうの しんじん いよいよ よろこびを なすべし  
ひに たきぎを くわえんに さかんなること なかるべしや  
たいかいへ しゅうる いる されども たいかいは 
かわの みずを かえすこと ありや.

○原文.


末法には 法華経の 行者 必ず 出来すべし  
但し 大難 来りなば 強盛の 信心 弥弥 悦びをなすべし  
火に 薪を くわへんに さかんなる事 なかるべしや  
大海へ 衆流 入る されども 大海は 河の 水を 返す事 ありや.

○背景と大意.


弘長元年(1261年)4月、日蓮大聖人40歳の御時、椎地四郎に与えられた御書です。
法華経には「末法に法華経の行者が出現する」と説かれています。その法華経の行者には、必ず「三類の強敵」(さんるいのごうてき)が競い起るとも書かれています。
三類の強敵を解説する記事URLを以下に示します。
sokanomori.exblog.jp/17921543/

5月度の学習範囲では、「三類の強敵の大難が来たならば、強情な信心でいよいよ悦ぶべできである。譬えるならば日に焚き木を加えると火勢が増す、大海に川の水が流れ込むことで水かさを増すようなものである」と述べられています。

池田先生は「苦難と戦うからこそ、最高の仏の力が出せる。
環境を嘆いても何も変わらない。難を乗り越えて成仏が決定(けつじょう)する。
これが法華経の行者の実践である」と指導されています。

○所感.


創価学会はある意味、世間から批判されやすい宗教と言えるでしょう。
「どれも釈尊の教えだから同じ」とする他宗と違うからです。
「法華経のみが正しい」とする大聖人の仏法は迫害の連続でした。
その方程式は700年後の今もまったく同じです。
日蓮大聖人に極楽寺良観がいたように、池田先生には日顕がいました。
本抄の「いよいよ悦びをなすべし」というけれど、本当は大変です。
弟子の私たちも同じ。ひとたび広宣流布の決意に立てば難はつきものです。
でも、その苦難に耐え、乗り越えるなら・・
そこには間違いなく、人間革命があり、宿命転換があります。
成仏がある、学会精神がある、大幸福があります。

今、聖教新聞には、小説・新人間革命30巻の最終章「誓願」が連載されています。
前作の小説・人間革命12巻と共に、全42巻の小説に徹底的に記されているのは、現代の法華経の行者である創価三代会長(池田先生:戸田先生・牧口先生)とその門下の闘いの歴史です。
学会は、難に遭うごとに大きく、強く、深く成長しました。
私自身の人生も同じ。絶体絶命の苦難に陥るたびに信心根本で乗り越えました。
そのたびの境涯は高まり、幸福は強固なものになりました。
その私の体験記事カテゴリを二つ以下に示します。
https://sokafree.exblog.jp/i8/
https://sokanomori.exblog.jp/i5/
上記URLの体験は大小ありますが、共通しているのは「大きな苦難の中で大きく変われる」「小さい苦難はそれなり」ということです。
大きな苦難でなければ大きく変われませんでした。

今回の座談会での学習範囲に「大難が起ったらなば、強盛の信心でいよいよ悦んでいくのである」とありますが、大難はつらくて厳しいものですが、結果論として大幸福を掴めるという点において「いよいよ悦ばしい」ことでしょう。
私自身、難が来たら喜べるような大境涯になりたいです。
そのためにさらなる信心の深化を果たしたいです。



ひらがな御書の椎地四郎殿御返事の交互文、背景と大意を以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b1448.html
hiraganagosho.web.fc2.com/c1448.html


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-04-25 06:07 | 座談会御書 | Comments(2)
Commented by 千早 at 2018-04-25 07:24 x
菊川さんおはようございます。
体調不良のところ、こうして毎月の座談会御書を欠かさず書いてくださりどうもありがとうございますm(__)m
Commented by sokanomori3 at 2018-04-25 21:43
千早さん、こんばんわ!
返信がなかなかできずスミマセンでした。
コメント返信できないほど弱っていました。(笑い)
やっと元気になれました。
これから元通りですよ!^^
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護