人気ブログランキング | 話題のタグを見る

遠藤周作「イエスの生涯」読書感想3


☆キリスト教に実証なし.


キリストの活動範囲を示す地図写真を添付します。
遠藤周作「イエスの生涯」読書感想3_b0312424_05494194.jpg

写真解説「小説・イエスの生涯付録の現在のイスラエルとその周辺の地図の写真です」

前回、の記事を以下に添付します。
sokafree.exblog.jp/28335987/

運命に従うだけの彼の人生に愕然としました。
譬えるなら、癌になった患者が、自分はいずれ死ぬと思い、何の抵抗もできず、何の奇蹟も起こらず、結局死んでしまったようなプロセスだったからです。
まして、弟子たちは少数を除き、皆、弾圧を恐れて逃げた。
イエスは弟子たちにも裏切られ、ゴルゴタの処刑場で処刑された。
両腕と両足に釘を打たれ、昼に十字架にかけられた。
午後3時には絶命に至ったとされる。

実は、キリスト教は、このイエスの死後、弟子たちによって起こされるのです。
弟子たちがキリストは復活した、神であると言って・・
実際には死んだイエスが本当に復活したのではなく、
弟子たちの心にイエスが生き続けたというのが遠藤周作の考えでした。
ともかく、キリストは死んで神として仰がれた。
そして彼の説いた「愛」に共感し、今日のキリスト教の発展となった・・
そのように学び、そのように理解しました。

以上の内容を読み、驚愕したのは「実証のなさ」です。
イエス・キリストは「無力」のまま死にました。
遠藤周作は小説・「沈黙」に続き、ここでも「神の沈黙」を語りました。
小説「沈黙」とまったく不二のイエスの人生でした。
sokafree.exblog.jp/28318471/

神は純粋な信者を助けなかったのです。
その源のイエスも神は助けなかった。
その恐るべき無風の現実に、私は驚いたのです。
「キリスト教は運命を受け入れるとは聞いていたが、
ここまで不幸に対して無力なのか」と。

確かに人類の不幸を一切背負った尊き人、という印象は残る。
でも、仏法、なかんずく日蓮大聖人の一生を学んでいる私にとって、
この人生はまるで「念仏信仰」そのものなのです。
「死んであの世で幸せなる」という宗教・・「愛」の精神は素晴らしい。
けれど、利他だけの自己犠牲だけの人生でいいのだろうか。
私は「自他共に幸福になる宗教」を実践したい。

また、私が感じたのは、キリスト教が「空想」の宗教であることです。
弟子たちが、理想を盛り込んだ弟子たちの宗教であるということ。
キリストは運命に殉じた。運命を変えられなかった。
けれど、その信念を貫いたキリストに弟子たちが共感した。
そのような構造の宗教なのでしょう。

対して日蓮大聖人は、記録に曖昧さは一切ない。
出生、時系列の明確なプロセス、全部、事実の体験である。
そして、竜の口の法難の勝利の実証。
さらに法華経の予言の通りの二度の流罪・・
全部を乗り越え、全部を勝ち越えられた。
その実践の上で、膨大な記録を現代に残された。
キリスト教がイエスの言葉でなく、弟子の言葉であることに対し、
大聖人の御書は、大聖人の書き残された言葉です。

その大聖人の仏法と対比して、キリストはあまりに弱く、あまりにはかない。
加えて、「因果の理法」「永遠の生命」が説かれない。
仏法の根幹たる「原因と結果」、「宿業」などがない。
これはキリスト教の致命傷であろう。
これでは到底、この世の荒海は渡り切れないだろう。
もし、私が生活の困らない金持ちならいいだろう。
私はキリスト教徒になることはできないと思いました。
いかに讃美歌が心地良くても、いかに教会が美しくても、
内実に納得できないとやれません。

私は遠藤周作の二部作を読み、強く確信しました。
それは「大聖人の仏法が必ず世界に広宣流布される」ということです。
南無妙法蓮華経は好き嫌いや共感という次元でなく「法則」です。
この法則を知り、対処しない限り悪しき運命は変えられない。
創価はまさにこの法則の宗教であり、故に力ある宗教です。
勝利の宗教であり、師子王の宗教です。

皆さん、キリストを知りたくば遠藤氏の本はお勧めです。
私が書いた感想文と同じ結論にいたることでしょう。

尚、私は小説・「キリストの誕生」も購入しています。
これは主に、残された弟子たちの話のようです。
でも、この三冊目は今は読まないことにしました。
今回の二冊で大方予測がついたからです。

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-05-29 05:45 | 他宗教 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん、おはようござい..
by いつも at 08:22
非公開さん、ありがとうご..
by sokanomori3 at 03:38
1名様、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 20:34
天翔ける人さん、非公開さ..
by sokanomori3 at 18:00
おはようございます。 ..
by 天翔ける人 at 07:45
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:51
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:23
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:16
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:11
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:08

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護