故郷の見えない未来と万歩計


☆モクモク入道雲.


朝の入道雲とスマホ万歩計の写真を示します。
b0312424_05425289.jpg
b0312424_05443158.jpg

写真解説「朝日を遮るようにモクモクと膨らむ入道雲と名古屋到達を示す万歩計です」

西日本豪雨で、広島、岡山の両県の被害が増大している。
その死者、行方不明者は増えるばかりだ。
この両県は、私の故郷であり、親戚も多数いる。

広島と岡山で死者が200人を超す可能性がある。
毎日、新聞やネットを見るたびに増える数値を見るのがツライ。
1人が死んでも、100人が死んでも、その悲惨の重みは変わらないが、
でも、まさか、雨で100人も200人も死んでしまうとは・・
私自身、ニュースが悲しくて、涙がにじむのです。

先日、曾谷殿御返事(1059~1065頁)の平仮名訳を行いました。
内容は、輪陀王(りんだおう)と白馬の逸話で「諸天善神は題目を唱える声を食として
威光勢力をを増す」ことが記されていました。
さらに「念仏、真言等の悪法が盛んで諸天の加護が得られないが、
題目を唱える者には必ず加護がある」とも。

今回の水害をどのように受け止めればいいのでしょうか。
日本は「悪法が盛ん」なのでしょうか。
そうとも思うし、そうでないとも思います。
あるいは、重い宿業を軽く受けている「軽重軽受」でしょうか。
私には分かりません。私は平凡な人間ですから。
ただ、何がどうであろうと、私たちは幸せになるしかない。
信心を根本にして、周囲を幸せにするしかない。

さて、スマホの万歩計が名古屋まで来ました。
いよいよ、これから近畿に入ります。

前回の万歩計の記事URLを以下に示します。
sokafree.exblog.jp/28345434/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-07-12 06:23 | 健康づくり | Comments(11)
Commented by 1979 at 2018-07-21 15:27 x
関西の被害のその一方で、関東や東北で続いているのが地震です。これは専門家からも今後あると指摘がありますが、この雲が地震雲でないことを節に願うばかりです。

しかし、うーん。(≡≡;)
広宣流布が進み学会の繁栄は目覚ましいものがあり、各地で大勝利の大会も開催されています。にも関わらず、なぜ災害が多いのか?決定的な理由が少し分かりません。災害だけじゃなく普段の中でも死者が多い事も気になります。

今おもえば、皆既月食やブラッドムーンなんかも三災七難から照らせば、どちらかというと悪い兆しでした。今自然は、人間に対して無慈悲なる態度で迫って来ています。しかし、人間はどうでしょうか、人間もしかり、自然に対して無慈悲なる態度で接して来ました。

高度経済社会を優先してきた日本が、そのツケを支払う「時」が来ているとすれば次にやってくるのは関東かもしれません。私は埼玉の人間ですが、これはなんら不思議ではないと思います。もう災害に対しては、起こらない事を期待するのではなく、起こってからの事を考える時代になってしまったのかもしれません。

いや、、それでも、信心で防げるはずなのですが...
それとも何か学会に足りてないものがあるのか? 
いや、広布が近いからこそ魔が強いのか?

うーん。
Commented by 1979 at 2018-07-21 15:30 x
ただここで少し言いたい事は、もしそうなったとして、その渦中において、痛みを身に染みてわかったはずなのに、また同じ過ちを繰り返す愚かな考えに戻ってしまわないかです。過去の因の結果を今現在、嫌と言うほど味わったのならば、現在の因の一つひとつの行動を私達は見直していく事が大事になるのではないでしょうか。

少し前から私は100年後の未来に人類がいるのかが全く想像出来ない不安にかられています。
それはともかく100年後の未来の人々に私達(現代人)は
感謝されるのか?
それとも恨まれてしまうのか?
今、人類はその岐路に立たされているのではないでしょうか。

それには何と言っても心ある学会員の信心の結束こそ大事になるのと思います。その団結の法味を受けて諸天は動くと思います。
Commented by sokanomori3 at 2018-07-22 07:27
1979さん、おはようございます。
同様のコメント、<別館>にもされた方がいらっしゃいます。
いろいろ、あれから考えたのですが、
日蓮大聖人の時代とは明らかに違うのではないか。
それは三災七難の全てが符号していないからです。
戦争はない。クーデターもない。
飢饉も疫病の流行もない。
確かに水害はありました。
でも、救助は最大限されているし、
国の手厚い保護もある。
見方を変えれば、問題は起きたけれど、
鎌倉時代のような凄惨な事態に発展してはいないと。
実は「転重軽受」していないか・・
そんなふうに今、感じているのです。
★菊川広幸
Commented by 伊差川 光世 at 2018-07-23 08:21 x
本当に軽く受けさせていただいていると思います

人間が人間らしさをとり戻した時
私の予言は外れるだろう

ノストラダムスが言ったそうですが
人間革命の思想が必要の時

世皆正に背き人悉く悪に帰す、、、
言わずんばあるべからず
恐れずんばあるべからず

正しくということにもっと
注意をはらわなくては
いけないのではないだろうか
Commented by 伊差川 光世 at 2018-07-23 08:28 x
人類が人間らしさを手にした時
でした ご免なさい
Commented by 伊差川 光世 at 2018-07-23 08:44 x
たしか9.11の直前 8月の本幹で
先生が「私は勝ちました」と
勝利宣言されました

私が勝ったんだから
弟子が勝てないわけがない と

どん底で聴いたこの言葉に
どれ程勇気を震い立たせられたか
弟子が勝つしかないのだと

この大いなる勝利の勝算の伝授には
偉大な師匠がいることだ と

Commented by 伊差川 光世 at 2018-07-23 10:55 x
「アンデスを越えて」
この中に
内外ともに四面楚歌でない日は
一日もなかった とありました

先生は悠々と指揮を執られている
そう思っていた私は泣きました

九牛の一毛に感謝でした

Commented by sokanomori3 at 2018-07-23 20:51
伊差川光世さん、こんばんわ。

>人間が人間らしさをとり戻した時 私の予言は外れるだろう
ノストラダムスが言ったそうです・・

へえ、そうですか。
ノストラダムスは信じていて、世紀末に何もなく、
「えっ? 何だったの?」と呆然としました。
このコメントから、いまさら、なるほどです。

>「アンデスを越えて」 この中に
内外ともに四面楚歌でない日は
一日もなかった とありました
先生は悠々と指揮を執られている
そう思っていた私は泣きました
九牛の一毛に感謝でした・・

ステキな文章、詩ですね。
ありがとうございます。
★菊川広幸
Commented by 1979 at 2018-07-23 23:20 x
転重軽受はされていると思います。
ただ犯罪や事故などで死者が増えてきている事は少し気になります。

弟子の戦いは・・・。何と言っても今年の9月以降です。
そこで本当の戦いの開始が合図されます。タイムリーな指導が来なくなった時、私達には一歩もまちがえられない時代がやってきます。
寂しいですが...やってきます。
Commented by 伊差川 光世 at 2018-07-24 22:45 x
幸せとは
何があっても決して負けない魂の輝きにある

何もないことが幸せと思っていた
次から次と押し寄せる宿命の嵐の中で
この言葉は大きな励ましでした
Commented by 伊差川 光世 at 2018-07-25 19:09 x
菊川様
 いつも感動しています
 あたたかいお言葉恐れ入ります
 ありがとうございます


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句散歩
学会活動
功徳を得る信心
未分類

最新のコメント

はい。消しました。 ★..
by sokanomori3 at 22:59
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:43
おはようございます、菊川..
by おりがみ at 06:49
遊さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:31
お疲れ様です。 つい先..
by 遊 at 21:07
了解しました。 202..
by sokanomori3 at 19:30
非公開さん、いいですよ。..
by sokanomori3 at 18:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:19
>アメリカの中央銀行・F..
by sokanomori3 at 21:29
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:36
私は平凡な学会員ですし、..
by sokanomori3 at 23:11
何かあるはず 自分にで..
by みっちゃん at 23:07
ご丁寧な回答、ありがとう..
by sey hello at 13:48
おりがみさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:25
非公開さん、こちらこそあ..
by sokanomori3 at 05:22
おはようございます(・∀..
by おりがみ at 04:06
以上は、須田晴夫氏の論文..
by sokanomori3 at 20:01
宗教的にも、伝教大師..
by sokanomori3 at 19:54
日蓮が自身の時代を末..
by sokanomori3 at 19:54
拙著『新版 日蓮の思想と..
by sokanomori3 at 19:53

リンク

以前の記事

2019年 11月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア