人気ブログランキング | 話題のタグを見る

続・創価学会への遺贈寄付の検討


☆創価大学への遺贈寄付.


前回の「創価学会への遺贈寄付の検討」に関する記事を示す。
sokafree.exblog.jp/28520730/

遺贈寄付は具体的にどのような手続きをすればいいのでしょうか
創価大学と三井住友信託銀の情報を示し所感を述べます。

1.創価大学への遺贈による寄付.
soka.ac.jp/about/contribution/bequeathalより

創価大学の学生支援・教育研究活動・施設の拡充等発展を支えるため、
遺言贈与として寄付いする制度があります。
寄付については、相続税法上の優遇処置を受けられます。
創価大学への遺贈寄付の方法を以下に示します。

•遺贈による寄付をご検討の方は、企画部校友課(042-691-2213)に相談する。
 (希望により信託銀行・専門家を紹介してもらえる)
•信託銀行の専門スタッフがご遺贈の相談を受け付ける。
 (相談料は無料。遺言書の保管・執行については金融機関所定の手数料が必要)
•信託銀行等金融機関が遺言書の保管と管理を行う。
•相続人の方からご逝去の通知を受け次第、遺言を執行する。
•創価大学へ寄付金が遺贈される。
•遺贈された財産は、相続税の非課税財産になる。

(以上、創価大学のホームページより)

2.金融機関の働き.
smtb.jp/personal/entrustment/=YY82Nd4Bより

自身の遺産を「社会・公益のために役立てたい」とするなら、
所定の銀行が学校法人等と提携している「遺贈による寄付制度」がある。
「遺贈による寄付制度」提携とは、学校法人などの公益団体の手伝いを
銀合等が提携して行うというもの。
その手続きと執行は以下の通りです。

•遺贈による寄付を希望する人は、提携銀行に相談・遺贈の申入れを行う。
•事務局にご相談の場合、三井住友信託銀行が相談窓口として紹介される。
•財務コンサルタント等専門のスタッフに相談する(相談料無料)。
•ご相談の秘密は保護される。
•遺言書は原則として公正証書で作成する。
(公証役場所定の公正証書作成手数料が必要になる)
•提携先の銀行が遺言書正本を保管する。
•逝去の通知があり次第、銀行が遺言を執行する。
•執行完了時に当社所定の遺言執行報酬を銀行が受け取る。

(以上、三井住友信託銀行のホームページより)



以上はインターネットで調べた「創価大学」に対する遺贈寄付の手順です。
宗教法人・創価学会に対しての寄付も同様であろうと思われます。
よく、「あの世にお金は持っていけない」と言いますが、
遺産が大学や学会で活用されるなら、貯める意味もありましょう。
私は、この制度を活用したいです。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-07-30 05:26 | 良死の準備 | Comments(2)
Commented at 2018-07-30 19:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2018-07-31 05:31
非公開さん、おはようございます。

>まとまった金額を大学に寄付後、確定申告すると還付が受けられる上、
大学から記念品をたくさんいただけます笑

母校への寄付、偉いですね。
創価大学にも寄付したくなりました!^^
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん、おはようござい..
by いつも at 08:22
非公開さん、ありがとうご..
by sokanomori3 at 03:38
1名様、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 20:34
天翔ける人さん、非公開さ..
by sokanomori3 at 18:00
おはようございます。 ..
by 天翔ける人 at 07:45
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:51
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:23
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:16
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:11
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:08

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護