相手を変えることはできるか


☆正解は人間革命の祈り.


職場や学校、家庭やサークルなどで、
人間関係に悩むということはないだろうか。
基本的に、10人いて意見が一致するということはありえない。
あるものを見て、ある人は良いといい、ある人は悪いという。
だから、政治の世界には100点はない。
そのことを述べた過去記事を以下に示す。
sokanomori.exblog.jp/12208536/

食事という、およそ一致しそうなものも好みは分かれる。
まさか「ご飯が嫌い」という人はいないだろう。
(でも、いるかも知れない)
「麺類が苦手」という人は現実にいる。
驚くのは、たこ焼きやお好み焼きが苦手という人がいること。
食べれなくはないが「食感がイヤ」という。
日本人なら誰しも好むと思われる食材すらこれだ。
まして、定番のピーマン、ニンジン、キュウリ、トマト嫌いは沢山いる。
食べものの他に好き嫌いは広範囲に及び、顔や声、スタイル、マナーなど、
多種多様に異なり、人間関係が複雑になるのは仕方ない。

職場は利害関係がからみ、対立は日常的に起こる。
そこで、悩んで、御本尊に祈ることになるが、
一体、どのように祈ることがいいのだろう。
ポイントは「あの野郎、地獄に落ちろ!」という祈りをしないこと。
そんな祈りをしても、その祈りは叶わないと思った方がいい。
自分自身すら変えるのに四苦八苦するのに、
相手が変わるなんて基本的にはあり得ない。
そうではなく、「自分を変える」祈りが正解です。

現実に、日顕や山崎正友は変わったであろうか。
あなたが立腹する相手は、変化の兆しがあるだろうか。
確かに風邪を引いたから元気がない、そんな変化はあるだろう。
でも結局、元気になればまた嫌な相手になる。
オカシナ人はオカシイままだし、
毒舌、意地悪な連中は、延々と毒舌で意地悪だ。
その相手を、延々と「変わりますように」と祈る・・
私もそう祈ったことがあるが、即効性はない。
ただし、10年、20年という単位で変わる事はある。
長い歳月がかかることは間違いなさそうだ。

大事なことは、自分自身の「実力」を付けること。
見た目、話し方、行動、能力など、とにかく自分を変える。
人を恨む自分、相手を憎む自分、相手のせいにする自分、エゴな自分、
愚かな自分、怠惰な自分などを変えることです。
相手が変わらなくても、美しい身なりで、魅力ある話をし、行動が迅速かつ的確で、
能力が高く、人を恨まず、賢く努力家で・・
そんな自分になったら、付き合う人も変わるし、評価される。
嫌な奴と一緒にいなくても生きられるというものです。
このように学会では「一人の偉大な人間革命」が基盤になります。

自分を変えると環境が変わらざるをえないのです。
良い人になれば周囲から大事にされるし、処遇も良くなる。
付き合う人も変わるし、結果、生活する環境の空気も変わる。
場合によっては引っ越しも転職もする。
そうしてどんどん変わるのです。

嫌な相手も根っからあなたを嫌っている訳ではない。
もし私たちが、日々に成長し、賢く、かわいく、
気持ちのいい人となり、尊敬される人になっていったら・・
相手は笑顔となり、優しくなり、仲良くなるに決まっているのです。
あくまで、自分が変わった分相手が変わるのです。

「いや、祈ったら相手が変わった」と言う人がいるかもしれない。
当然、なくはないだろう。でも・・
嫌いな人を恨んで祈って、自分が変わらないのに、
相手が変わったという経験は私にはありません。

ともかく、一つ言っておきたいのは、オカシナ人間は必ずいるということ。
それが世の中だし、1人嫌な人がいなくなっても、次々に嫌な人は出てくる。
だから、そんなゾンビやゴキブリのような終わりのない相手を、
次々に祈って次々に変えるなんて物理的にできないから、
やっぱり自分を変えるしかないのです。

そのことを深く肝に銘じれば、もはや相手云々でなく、
御本尊の前に座り、「人間革命させてください」と祈るでしょう。
そうすれば不思議にも、ゾンビやゴキブリすら許せる自分になることでしょう。
私はそうしてきたし、だから原因は自分だし、
だから祈りも叶い、功徳も無限なのです。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-08-05 07:04 | 勤行 唱題 | Comments(6)
Commented at 2018-08-05 11:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2018-08-05 17:36
非公開さん、こんにちわ。

>人の見方、考え方は、自分の固定観念がつきものですが、
両親の考え方、職業、育ってきた環境などに
影響を受けているのがわかり、
まさに宿業だと思っています。

出生、学校、職場・・
それらが影響もし、さらに縁する人たちに影響される。
そうして宿業として自身の人生が形成されていく・・
なるほど、そうでしょうね。
その中で、当の本人の自覚と努力とがあり、
私たちとしては、信・行・学で宿命転換する・・
ということでしょうね。
★菊川広幸
Commented at 2018-08-05 18:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2018-08-06 06:02
非公開さん、おはようございます。
誕生日、おめでとうございます。
瑞々しい心で、ハツラツと歩んでくださいね。
この一年が晴れやかで笑顔に満ちた一年になりますよう、
心よりお祈り申し上げます。
お父様、御親戚の皆様の大幸福の基盤を整えられましたこと、
誠におめでたく、そしてお疲れ様でした!
★菊川広幸
Commented at 2018-08-07 04:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2018-08-07 06:05
非公開さん、おはようございます。
もっとも大変な地区部長の使命、本当にお疲れ様です。

>我が地区を世界一にを目標にしております。

この祈りと活動こそ、師弟不二ですね。
部員さんが喜々として集い、功徳が満ちる地区で
あられることでしょう。
夢の実現、果たしてくださいね。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句散歩
学会活動
功徳を得る信心
未分類

最新のコメント

はい。消しました。 ★..
by sokanomori3 at 22:59
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:43
おはようございます、菊川..
by おりがみ at 06:49
遊さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:31
お疲れ様です。 つい先..
by 遊 at 21:07
了解しました。 202..
by sokanomori3 at 19:30
非公開さん、いいですよ。..
by sokanomori3 at 18:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:19
>アメリカの中央銀行・F..
by sokanomori3 at 21:29
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:36
私は平凡な学会員ですし、..
by sokanomori3 at 23:11
何かあるはず 自分にで..
by みっちゃん at 23:07
ご丁寧な回答、ありがとう..
by sey hello at 13:48
おりがみさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:25
非公開さん、こちらこそあ..
by sokanomori3 at 05:22
おはようございます(・∀..
by おりがみ at 04:06
以上は、須田晴夫氏の論文..
by sokanomori3 at 20:01
宗教的にも、伝教大師..
by sokanomori3 at 19:54
日蓮が自身の時代を末..
by sokanomori3 at 19:54
拙著『新版 日蓮の思想と..
by sokanomori3 at 19:53

リンク

以前の記事

2019年 11月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア