人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日顕上人の功績をお伝えします


☆坊主無用の時代を開く.


日寛上人文段集の写真2枚を以下に添付します。
日顕上人の功績をお伝えします_b0312424_17451172.jpg
日顕上人の功績をお伝えします_b0312424_17431248.jpg

写真解説「日顕上人監修、創価学会教学部編・日寛上人文段集と記されています」

日寛上人文段集の別記事を以下に示します。
sokafree.exblog.jp/28595003/

この書籍は、聖教新聞社から昭和55年3月1日に発行されたもので、
創価学会教学部が編集、802ページのボリュームになっています。
この本を見ると、日寛上人の境涯、能力の高さに驚かされます。
日寛上人は「中興の祖」であり、大変立派な僧侶でした。
創価学会の御本尊は日寛上人のものです。
そう考えるとありがたい極みです。

この書籍は、あの日顕が「監修」し、かつ日顕の「序文」が記されています。
続いて、当時の会長の北條氏の挨拶文もあります。
日顕の「序」は昭和55年1月30日、北條氏の「発刊に寄せて」は1月26日の記述。
以下に、その日顕の序文の一部を示します。(抜粋)

<序>  

この度、創価学会教学部より日寛上人の御書文段集が
のべ書きで出版されることになった。まことに喜ばしいことである。
日寛上人の教学は重要御書にたいするこの御書文段と六巻抄になるといえる。
六巻抄は大聖人の教義六つの要旨ないし方面において完全に拝受し、
束ねた綜合的教科書であるのに対し、この御書文段各書は、
大聖人の重要御書における正しい立て分けと筋道と解釈を示されることにより、
六巻抄の依て立つべき完璧な基礎を構成しておる。
今まで六巻抄はその全体が出版されて久しく、宗内僧俗の勉学において、
概ね膾炙(かいしゃ)されていたが、御書文段はその撮要(さつよう)が
富士宗学要集や日蓮宗宗学全書・日蓮正宗部に収録してあったものの、
仲々一般では入手できないのと、或いは漢文体のことと、
更には本尊抄文段を除いては要略で全貌を知りえぬ憾み(うらみ)があった。
今般、学会教学部の努力によりその全体が平易な書き下しで出版されることは、
本宗教学の基礎的分野にまで研鑽が一般化される意味を持ち、
正法正義の発揚に一段の進展があることを期待するのである。
(中略)御書を拝する上に此の書を指針として併せ研鑽する者、
必ず闇に灯を得るが如く明快な了解を得、いかに大聖人の仏法の
深甚(じんじん)にして精微を具え給うかを味識し、
信解いよいよ倍増するを覚えるであろう。
茲(ここ)にこの書出版の意義の大を嘆じ、
以て序に代える次第である。

昭和55年1月30日 総本山第六十七世 日顕

今、小説・新人間革命第30巻で、日顕の狂乱が描かれたばかり・・
その第30巻の読書感想文カテゴリを以下に示します。
https://sokamori2.exblog.jp/i49/

日顕はとっても奇妙なんです。不思議なんですね。
池田先生を公の場から追い出し、北條氏を配下に置いての出版でした。
魔僧の日顕が、宗門秘蔵の日寛上人の本を出すことを許可し、
創価学会にその奥義の一切を渡し、ノウハウの全てを宗門は出し尽くし、
もはや、学会としては学ぶべきことが一切なくなってから、
彼はC作戦を実行に移したのです。

この書籍の出版で、日興上人門下独自の秘密は一切なくなりました。
その上で最終的に、創価学会は日寛上人の御本尊を得た・・
結果として「これで創価学会宗は完璧になった」と言えるでしょう。
すなわち、このことで「僧侶は不用になった」と言えるでしょう。

この書籍の出版の翌年、日蓮大聖人第700遠忌となりました。
大聖人が大勝利され、一切の使命を終えられ、日興上人の時代に入り、
それから700年を経てこんにちに至り、日興門下の血脈が学会に伝授され、
さらに、創価学会創立50周年の佳節を迎えたのです。

尚、北條氏の「発刊に寄せて」から戸田先生の指導の部分を示します。

「日寛上人ほど正しく精密に、しかも忠実に、
大聖人の御書をお読みになった方はいないのである。
このゆえに、未来の末弟にこの文をとどめるとか、広宣流布の日にために、
これを書きおくという御文書が諸所に拝読せられるのである。
いま広宣流布ははなはだ近きにありと吾人は断ずるのであるが、
この時にあたってわれわれが御書を拝読するには、
いかようにして拝読すべきであろうか。
この拝読の指導を、日寛上人の読み方に受けなければならないと思う。
(中略)日寛上人の御書拝読の法に指導を受け、後進に対しても、
またまた、そのごとく指導しなければならぬ」
(大白蓮華巻頭言「御書の拝読について」より)

戸田先生がいかに日寛上人の教義を重要視されていたかが分かります。

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-08-20 06:06 | 日顕宗 | Comments(7)
Commented at 2018-08-20 09:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2018-08-21 12:22
非公開さん、おはようございます。
日ごろ、日顕と呼び捨てにしているので、
日顕上人と「上人」が付くと凄く違和感があります。
それにしても、最高の僧:日寛上人の書籍を、
最悪の日顕が監修していることは不思議でなりません。
仏界と地獄界が並んでいる・・
そんな印象があります。
★菊川広幸
Commented at 2018-08-24 23:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2018-08-25 07:57
長期に渡るご愛読、誠にありがとうございます。
コメントはまったくご自由にされてください。

さて、北条会長(北条会長)に関する以下の質問にご回答申し上げます。

>本当は第三代北条会長がいた
会長になってすぐに亡くなってしまった
池田先生は相当に悲しんだ(らしい)

北条(現実には北條)氏は、第4代会長です。
池田先生が第一次宗門問題で勇退された後、北條氏が会長になりました。
しかし、急死したのです。
急死は日達上人も同じです。
相次いだのです。
この日達上人の急死に乗じて法主になりました。
混乱の時代といいますか、そういうことがあったのです。
北条会長のことは、小説・新人間革命第30巻に出ています。
ここに第4代会長の誕生と死とが書かれています。
★菊川広幸
Commented at 2018-08-25 23:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2018-08-26 06:57
どういたしまして。^^
いつでもご気軽にコメントください。
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2018-08-26 06:59
尚、言葉足らずがありました。

>この日達上人の急死に乗じて法主になりました。

これは、>この日達上人の急死に乗じて日顕が法主になりました。

になります。申し訳ありません。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書の集い
ひらがな御書
ひらがな御書に学ぶ
ひらがな御書の解説
座談会御書・解説
御書の登場人物
仏法用語
小さな一歩でしゅっぱ~つ♪
千早抄 (体験談)
千早美術館
前略 千早さま
愛別離苦
日本点字図書館見学記
新版御書の拝読
新人間革命読書感想文
聖教新聞
創価学会総本部
日蓮大聖人
池田大作先生
池田先生の詩
池田大作先生の逝去
戸田城聖先生
牧口常三郎先生
幹部指導
功徳を得る信心
創価学会の記念日
創価ニュース
学会書籍のご案内
折伏教典の研究
創価学会歌
希望の哲学
創価学会の問題
宮田幸一氏問題
妙音・自由の人
障害者スポーツ
自在の人
自在会情報
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
勤行 唱題
公明党
政治
一般書籍のご案内
管理人より
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
飼い猫ラッキ一
<別館>のご案内
創価の森通信フリーダム
学会員として生きる
体験談
地域の灯台たれ
窓際族以降の17年
私の仕事
親孝行
母の旅立ち
良死の準備
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
介護士への道2023
介護福祉士2023年5月~
介護士の転職方法
ウクレレ愛好家
ボランティア芸人
夢修行
健康づくり
怪我・病気対策
ミニマリスト
大工は魔法
料理は魔法
健康ジョギング
フルマラソン
ぼっちキャンプ
ウイスキー愛好家
雑記帳
つぶやき
俳句
ポエム
日本・世界遺産見学
経済
フェイクニュース
創価学会批判
紛争・災害ニュース
沖縄の戦争
21世紀の戦争
九州大震災
大白蓮華
グラフSGI
公明党候補一覧
新版御書の全編拝読
任用試験
老後の人生設計
他宗教
サカマキガイ駆除
日顕宗
ダイハツミラ660
太鼓
実家の解体
未分類

最新のコメント

kaisenさん、おはよ..
by sokanomori3 at 06:15
菊川さん、こんにちは..
by kaisen at 16:58
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 08:02
kaisenさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:32
菊川さんこんにちは。..
by kaisen at 18:07
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:05
菊川さん、マンドリンのコ..
by 千早 at 13:18
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:57
聖教新聞 6月22日の名..
by 千早 at 19:50
菊川さん、コンサート本当..
by 千早 at 19:47
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:09
おはようございます。 ..
by 千早 at 07:00
つくだ煮さん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:24
現役引退初日、おめでとう..
by つくだ煮 at 00:00
非公開さん、こんにわ。 ..
by sokanomori3 at 10:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:19
菊川さんコメントすごくお..
by 千早 at 20:11
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 05:18
菊川さま、こんにちは。 ..
by キョンシー at 20:43
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:10

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2024年 11月
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護