釈迦十大弟子立像の見学 感想1


☆大報恩寺の重要文化財.


大報恩寺の仏像展示会場の入り口と仏像の写真を示します。
b0312424_21145043.jpg
b0312424_21150148.jpg
b0312424_21151554.jpg

写真解説「東京国立博物館の館内、展示会で唯一、写真撮影が許可された仏像の写真です」

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」を見学しました。
この展示会の開催場所と開催期間を以下に申し上げます。

場所:東京国立博物館・平成館 特別展示室第3室・第4室
日程: 2018年10月2日(火 ~ 2018年12月9日(日)

※上野駅から徒歩5分の国立博物館で行われています。

京都市上京区に所在する大報恩寺(だいほうおんじ)は、
承久2年(1220年)に建立され、以来、釈迦如来坐像を本尊とし、
釈迦十大弟子立像等が所蔵されてきました。
学会本部のある信濃町駅に、大報恩寺の展示会のCM看板があり、
そこに「十大弟子立像、10体そろって寺外初公開」と書かれてありました。
十大弟子と言えば、舎利弗や目連など、学会員としてはなじみがあります。
一体、どのような顔、姿なのか興味が湧き 見学したのです。

日蓮大聖人の御生誕は1222年であり、御年22歳に比叡山に遊学された時に、
この大報恩寺の十大弟子立像をご覧になられたでしょう。
そんなこともあって、ぜひ見たいと思いました。

入場料1400円を支払い、展示場に入ると、
当時の写経や、経典を納める木箱などもあり、
やがて目当ての釈迦の仏像と十大弟子の像が一同に展示されていました。
過去から、仏像はいくつか見てきましたが、十大弟子像は・・
その姿とはいかなるものだったのか・・

連載でご報告申し上げたいと思います。
地祇の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-10-13 21:33 | 御書の登場人物 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句散歩
学会活動
功徳を得る信心
未分類

最新のコメント

はい。消しました。 ★..
by sokanomori3 at 22:59
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:43
おはようございます、菊川..
by おりがみ at 06:49
遊さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:31
お疲れ様です。 つい先..
by 遊 at 21:07
了解しました。 202..
by sokanomori3 at 19:30
非公開さん、いいですよ。..
by sokanomori3 at 18:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:19
>アメリカの中央銀行・F..
by sokanomori3 at 21:29
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:36
私は平凡な学会員ですし、..
by sokanomori3 at 23:11
何かあるはず 自分にで..
by みっちゃん at 23:07
ご丁寧な回答、ありがとう..
by sey hello at 13:48
おりがみさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:25
非公開さん、こちらこそあ..
by sokanomori3 at 05:22
おはようございます(・∀..
by おりがみ at 04:06
以上は、須田晴夫氏の論文..
by sokanomori3 at 20:01
宗教的にも、伝教大師..
by sokanomori3 at 19:54
日蓮が自身の時代を末..
by sokanomori3 at 19:54
拙著『新版 日蓮の思想と..
by sokanomori3 at 19:53

リンク

以前の記事

2019年 11月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア