人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダイヤモンドさんへ(2)


☆創価家族に歓喜を届ける.


前回の記事「ダイヤモンドさんへ(1)」を添付します。
sokafree.exblog.jp/29313748/
以下に、引き続きアドバイスを申し上げます。

A2.


創価学会を尊敬し、与えられた使命を果たしたい。
けれど、「私の器でこの役職でいいのか、ましてや今の自分の現実の生活の上で
状況も厳しいのに、学会活動をしきれないと憂鬱な日々」・・
理想が高い分だけ、現実とのギャップに悩みます。
理想が小さな山程度ならいいのですが、富士山ではキツイ。
と、いうか、登り切れる自信はないということでしょう。

ダイヤモンドさんは、職位も高く、広域に多くの部員さんを抱え、
その部員さんの活性化をはかり、且つ成果を求められる。
少子化、多様化によって組織基盤はおそらく弱い。
責任を一身に抱えていらっしゃるのではないか。

まず、大事なことは強力な味方を作ることでしょう。
その味方とは、右腕であり左腕の同志です。
一人では組織を動かすことはできません。
部内だけでなく、さらにご自身の組織の先輩、さらに地域の壮年部、
婦人部の先輩も味方に付ける必要があります。
やらなければならないこと、やるべきことを実行に移せる
「機能する組織」をどう作るか。

よく、創価学会は「率先垂範」と言いますが、自分だけの活動では
全体を動かすことはできないし、疲弊するだけです。
組織図(名簿)があっても、それは絵に描いた餅で、
結合せず、機能もさせられないなら何の成果も出せません。
ブロックや地区では、壮年、婦人のベテランが当たり前に活動していても、
男子部や女子部の組織は、そう簡単に動かないでしょう。

まず、ダイヤモンドさんがやるべきことは「何を捨てて、何をするか」の選択です。
全部できればいいですが、できないなら、最低限やることを決めるのです。

通常の学会員の場合で考えてみましょう。
まず、欠かせないのは座談会、協議会、部員さんとの交流です。
協議会で決まった内容を部員さんに伝え、座談会を節目にしつつ
リズムを作り、歓喜を作り、組織を動かします。
忙しければ、その他の会合はやらない。
でも、どんなに忙しくても、この3つは欠かせません。
その上で、新聞啓蒙や折伏などをやる。

力がない私などは、あれもこれもやると全部中途半端になる。
だから、「これだけはやる」と決めて、時間があれば
プラスアルファ―の活動、行動をします。
部員さん回り、掘り起こしは、粘り強い行動の継続から
仲良くなり、意気投合していくというもの。
そうやって仲良くなり、信頼が形成できると大きな財産になります。
組織が明るくなり楽しくなります。家族のようになります。
そして、座談会はいつも盛り上がります。

先日、分所帯で御本尊授与が婦人部の娘さんに行われました。
娘さんは学校を卒業され、就職で親元を離れることになったのです。
日曜日、皆で会館に出向き、勤行・唱題して御本尊が授与されました。
終了後、ある婦人は「※※さん、おめでとう!」と書かれた垂れ幕を準備し、
ある婦人部は花束を用意し、そうして会館ロビーの椅子を並べ変え、
地区の参加者全員で娘さんを囲みました。
参加者の中には、晴れの人生の門出に際し、着物姿の人もいました。
私はカメラを持参し、娘さん親子の写真を撮影し、
最後、職員にお願いして集合写真を撮りました。
式の終了後、私は選りすぐりの写真5枚を娘さんに渡し、
参加者全員に、集合写真1枚を配付しました。

写真を撮影し、写真の選定作業をしてプリントアウトし、
写真を透明のビニール製の袋に入れて、それを各家庭にお届けする・・
時間は、授与式を含めて全部で6時間ほどを使いました。
このように多大なる奉仕をしたのですが、これが地区の絆を強くするのです。
この写真は、娘さんを生涯元気づけ、創価家族の温かさを伝え、
且つ、垂れ幕を作った婦人部さんや、花束を用意した人や、
晴れ着でお祝いした人たちの笑顔が、娘さん家族も含め
歓喜と勇気を永遠に与え続けるのです。

その翌週、座談会となり、娘さんのお母さんの婦人部と、
この授与式に参加した家族全員の歓喜とで、座談会は大いに盛り上がりました。
娘さんのお母さんは、満面の笑顔で感謝されていました。

以上は地区の活動であり、上層幹部の仕事でないですが、
上層部にも同様に「これが大事」という活動、行動があることでしょう。
その要(かなめ)とは何かをしっかりと把握し、祈り、行動することが
ダイヤモンドさんの具体的使命となるでしょう。
おそらく小さな単位でも、大きな単位でも方程式は同じでしょう。
限られた時間の中で、最大効果を狙い動くべきです。
ポイントは、組織に歓喜を届ける作業でしょう。

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-03-18 05:46 | 管理人より | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん、おはようござい..
by いつも at 08:22
非公開さん、ありがとうご..
by sokanomori3 at 03:38
1名様、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 20:34
天翔ける人さん、非公開さ..
by sokanomori3 at 18:00
おはようございます。 ..
by 天翔ける人 at 07:45
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:51
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:23
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:16
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:11
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:08

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護