人気ブログランキング | 話題のタグを見る

南無正法蓮華経(なんしょうほうれんげきょう)


☆不思議なる正法の功徳.


「正義は必ず勝つ」と言われます。
「悪は滅びる」とも言われます。
しかし、世の中には悪が厳然と存在し、
栄えている場合もあまた見受けられます。
では、正しさはなぜ大切なのでしょうか。
なぜ邪悪は問題になるのでしょう。

結論から言えば「正義にのみ普遍性がある」からです。
悪は一時的に栄えても、結局、滅び去るからです。
社会も個人もわざわざ悪を継続させません。
悪が栄えるのは、権力や武力で一時的に反対勢力を抑えているのであり、
民衆の沸騰は、その鍋のフタを吹き飛ばすに決まっています。

さて、日蓮大聖人の南無妙法蓮華経は、鳩摩羅什訳の法華経を根本としています。
一方、三蔵法師は、法華経を正法蓮華経と訳しました。
直訳すれば正法蓮華経が正しいのですが、鳩摩羅什はなぜ
妙法蓮華経と訳したのでしょうか。

鳩摩羅什は究極の正しさの効果を「妙」と名付けたのです。
正しい行いの効果は「不思議」な決末に至るのです。
「想像以上の幸せを掴んだ」という功徳になる。
そんな摩訶不思議な法則を妙法と名付けました。

正という漢字は「一に止める(とどめる)」と書きます。
すなわち、「唯一無二の正解」との意味で、
正解は二つも三つもないとの意味です。

春に田植えをすることは正しい行為です。
米は秋に実り、収穫という功徳を得られます。
では、秋に田植えをしたらどうでしょう。
収穫はできないという罰が出ます。
日常生活も社会生活も同じで、正しい方法によってのみ
社会も個人も栄えるし、その逆は悲劇になります。

南無妙法蓮華経とは「正しい方法の因で最良の結果を得る」の意味で、
ゆえにこの題目から、幸福と満足が得られます。

世の中には、悪に憧れ、悪に染まる人たちがいます。
悪は強い。弱肉強食の視点からすれば、極悪は絶対に有利です。
相手のことなど関係なく、抹殺できるのですから。
悪は残酷な搾取を可能にする生き方です。

対して善は利他ですから、分配も平等にしようとします。
ゆえに実入りは悪に比べ少なく、立場はどうしても弱くなります。
しかし、長い目で見れば善は圧倒的に悪よりも強いのです。
何故なら、悪はいつか滅びるからです。
善は普遍的に支持され、生き残ります。

善はしばしば悪と戦うことになります。
悪の傲慢と、悪の残酷と、悪の不幸と、善は戦うのです。
悪は社会にも国会にも会社にも存在するし、
家庭の中、学校の中、自然の中にも存在します。

私たちは裸で森を歩くことをしません。
そこには鋭い草木の葉や枝があるし、
寄生虫や有害な虫、危険な動物も沢山いるからです。
私たちは正しい(有効な)衣服で肌を守りながら森を歩きます。
偏食も悪です。正しい食事にしか健康はありません。
欠点は必ず露呈するのであり、ゆえに円融の正しさこそ大事です。

法華経は円経(まるいお皿の譬え)と言われています。
円満で欠けることがないとの意味です。
器が欠けていては、汁がこぼれてしまう。
妙法蓮華経とは、本来、正法蓮華経です。
この正しい経典、正しい宗教を基盤とすれば、
生活も正しく豊かになります。

追伸:みなさん、「南無正法蓮華経」と言ってみてください。
きちんと唱えることができません。

以下に、鳩摩羅什の記事を添付します。
sokanomori.exblog.jp/13461992/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-09-05 06:16 | 仏法用語 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:39
こんなにすごい忙しく大変..
by 千早 at 23:00
あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護