人気ブログランキング | 話題のタグを見る

元気と幸福を与える技術を身に付けたい


☆介護は魔法になるか.


福祉用具の市場規模を示す棒グラフを以下に示します。
元気と幸福を与える技術を身に付けたい_b0312424_06152783.jpg

写真解説「年度別の福祉用具の売り上のグラフです。売り上げは年々伸びています」

国際福祉機器展2019の見学記事を以下に示します。
sokafree.exblog.jp/29663207/

この展示会の前に「住まい×食事×介護展」も見学しました。
7月23日、24日の両日、同じく東京ビックサイトにて開催されたもの。
その時、感心させられたセミナーがありました。

車椅子の足の高さや膝の高さ、背もたれ調整の実習があり、
私自身体験したのですが、体に合わせることですごく快適になりました。
さらにベッドから起き上がる動作介助や歩行介助も学びました。
体の物理的な動きを理解して介助すると、不思議と力がいりません。
また、力を入れないかわりに、利用者の体重移動を
ジェスチャーや対話で引き出すこともできる。
すなわち、介護士の腕力ではなく、相手の力を巧みに
利用する方法があることを学びました。

私はそれまで介護で必要なのは「筋力」だと思っていました。
その筋力はいざという時に力は役立つにしても、
柔らかく、気持ちよく利用者を動かす技術を持ち、
明るい声、笑顔、そして心地よい誘導で、利用者は
元気になる、幸福になるのだと確信しました。

人は要支援1から要介護5までの階段を上りながら
「人生の継続、自己決定、自己資源の発揮」を発揮し続けます。
わが母にも、最期の最後まで、座談会、墓参り、化粧も洗髪も
気持ちよく継続させてあげたいと思っています。
そのために、最高水準の技術を体得したいです。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-10-01 06:22 | 夢修行 | Comments(3)
Commented by しん at 2019-10-01 10:19 x
はじめまして。初期の頃から拝読させていただいております。長文になりますがご容赦願います。

私は今年で52歳になりますが、40歳の時に郷里の母親が倒れ、いわゆる介護離職で長年勤めた営業職を辞め東京から岩手へ帰郷しました。

母は病院退院後自宅での寝たきり生活になりましたので、自分がすべき事は食事・薬の服用介助・着替え・月一回の通院付き添い、ベッドの上での排泄介助と清拭・・・。
どれも初めてで、本やネットで得た知識の自己流の介護でした。
生活も自分の貯蓄を切り崩し不安と戦いながらも、題目で自分を鼓舞し、地域の同志のの皆さんに支えながら日々格闘してきました。
幸い良いケアマネさんに出会い、デイサービスやショートステイを利用し、デイの栄養士さんからは誤嚥防止のことや食事についても親切に教えていただいたり、肝心の母も喜んでデイに通い、帰宅したときの嬉しそうな笑顔は今でも記憶に残っています。

母の体調の悪化で入院、その後77歳で霊山に旅立ちました。私が介護を始めて7年間頑張ってくれました。
その後『介護実務者研修』という資格を知り
半年間の実習後資格取得し介護業界への就職を果たしました。

介護をするには資格や勉強が必ず必要とは限りません。
私の周りにも資格など無くてもご家族親族の介護をされてる方は何人もいらっしゃいます。
では資格を持った私とそうでない方の違いはなにか?
それは、『根拠を持って介護をしている』ということです。
こういう理由で身体をこちら側に向けるのだとか、
こういう理由でここを持つのだとか・・・。

あのときこの知識があれば、この技術を知っていれば。。もう少しお互いが楽になり、もしかしたら母の寿命ももう少し延ばせたのかな。。と母親に生かせなかったことへの後悔はありますが、今は日々利用者さんに大きく生かされています。



Commented by しん at 2019-10-01 10:21 x
続き

そして、悩んだり不安なとき、ご本尊に向かい、聖教の記事を貪り読んだり、そして何度も何度も菊川さんのブログに励まされ勇気を頂いてきました。

その菊川さんがなんと介護職を目指されたことに、自分のことのように嬉しく思っています。

この業界は50代でも利用者さん入居者さんに『お兄ちゃん』と呼ばれます笑。
60でもまだまだ若造扱いですよ!
でも20代30代のスタッフには絶対分からない古い知識(歌・映画・文化・生活・・)は我々の方が知ってて、会話も弾みます。
もちろん若い人達にも彼らの良さやバイタリティーなど見習う面もたくさんあります。

そしてやはりこれまで学会で培ってきたもの、前職で培ってきたものが今見事に役立ってる実感があります。
本当にこの信心には無駄はない、自分が頑張ってきたことや失敗してきたことまでも生かされるという思いです。

最後に、
介護は体力勝負のイメージですが、実は地味な記録作業が多い仕事です。その職場にもよるでしょうが、昼休みを半分以上犠牲にしたり、退社時間が過ぎても終わらないこともあります。
そして介護の現場はまだまだ女性中心の『女性社会』です。でも普段から強い婦人部にもまれてきた我々壮年部にとっては何でもありませんよね笑

どうかお身体を大事に、体力をつけて来て下さい。
長文駄文誠に失礼いたしました。
Commented by sokanomori3 at 2019-10-01 20:56
しんさん、こんばんわ。
7年間、お母様を親孝行されたとのこと、
あなた様は尊く、美しい人ですね。
私はこれから歩む小学一年生なので、あなた様は大先輩です。
60歳ピヨピヨ一年生からどんな人生なりますか。
初出社の日はドキドキでしょうね。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:39
こんなにすごい忙しく大変..
by 千早 at 23:00
あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護