人気ブログランキング | 話題のタグを見る

③働けど働けどわが暮らし楽にならず


☆7000万円の借金.


雪が積もった軽自動車の写真を以下に添付します。
③働けど働けどわが暮らし楽にならず_b0312424_18332396.jpg

前回の記事「地獄に落ちた人々」を以下に添付します。
→sokafree.exblog.jp/30025249/

この難局を、菊田は新規事業で切り抜けようとした。
それは環境に存在する有害物質の除去を請け負う事業の拡張だった。
正義感の強い彼は、社会悪とされる有害物質の除去に魅力を感じたし、
社員にも会社にも利益をもたらしたいと考えたのだ。

彼は各種の有資格者を集め、先頭に立って事業をスタートさせた。
このころ、会社の経営が好転していたので、
予算も人員も充実させ朝から晩まで懸命に働いた。
最初は順調にスタートが切れ、やがて分社化され、
彼はその会社の社長にまで上り詰めた。
おそらく、あれほど真剣に仕事をしたことはなかったろう。
彼は成功を夢見て熱中し、渾身の力で業務を遂行した。
事業は軌道に乗るかと思われた。しかし・・

やがて社会的に価格競争が始まり、損益分岐点を割って
その事業が赤字に転落してしまった。
結果、4年後に敗北。3000万円を超える赤字を残し、
菊田の事業は撤退を余儀なくされた。

有害物質除去ビジネスがなぜ、ダンピング競争に陥ったか。
その理由は、各種企業は負の遺産にコストをかけたくないからである。
加えて、業務内容は危険で、作業員の健康障害も懸念材料だった。
将来、経営者責任を問われる可能性もあった。
このリスクを回避するために、程度の悪い会社は都合が悪くなれば会社をわざと潰し、
従業員の病気の発生から生じる損害賠償から逃れるという方法を考えていた。
そんなヤクザな会社が低価格路線で仕事を請け負うものだから、
真面目に社員のことを考えたらそんな低価格はムリで、
所詮、勝ち目などなかったのである。

菊田は努力しても事態が好転しない現実に疲れ果ててしまった。
やがて彼は別会社に異動となり、一般の社員として働いた。
しかし、その転職の会社でも彼は取締役になるのである。

その役員の仕事には危険極まりない職務が待っていた。
7000万円のリースの保証人になったのである。
会社が倒産すれば、担保の自宅を失う書類に実印を押した。
そして、利益を出すためだけの努力を始めなければならなかった。
会社は苦しい資金繰りで、安い商品をいかに高額で売るかを
繰り返し検討しなければならなかった。

こうして、彼が望んだ世のため人のためという人生はいつしか消え失せ、
儲けることだけを目的とした仕事になってしまった。
拝金主義は、菊田の最も嫌う人間である。
その立場に彼は立脚し、寝ても覚めても金儲けだけを追求した。

7000万円の保証人以降、5年の長きに渡り倒産の恐怖に
脅えながら彼は生きたのである。

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2020-05-06 21:59 | 窓際族以降の17年 | Comments(3)
Commented by kaisen at 2020-04-29 10:32 x

菊川様こんにちは。

会社の運営、大変だったと思います。
自分の決断に何人もの社員の生活がかかってる。
相当なプレッシャーだったと感じます。
その中学会活動にも全身全霊で取り組んだのは凄いの一言に尽きます。
Commented by 千早 at 2020-04-29 22:10 x
本当ですね‥
その上ひらがな御書を手掛け、地域のボランティアもして、ネットの悪質な批判者からの大変なことが巻き起こっていたし…
ちょうどひらがな御書を始めた辺りで社長さんになったんでしょうか??
それでフルマラソンも走って、菊川さんはやっぱり半端ない元気だ(^^)
楽して元気とは思いません、私などには絶対想像ができない苦労努力、なので題目も真剣だったんですね。
Commented by sokanomori3 at 2020-04-30 05:39
千早さん、おはようございます。
学会員としての使命感が私を支えたのでしょう。
それと拝金主義への反発の感情もありました。
薄汚れた世界に染まりたくなかった。
今、振り返ると「よくやったなあ」と思います。
もう一度やれと言われてもできません。

私が社長になったのはひらがな御書スタートの前後です。
社長には二度なっています。
ただ、サラリーマンのような社長です。
株を持っていないか、もっていても最小でした。
現実には他のオーナーが所有する会社です。
けれど責任は重いのです。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護