人気ブログランキング | 話題のタグを見る

④悲しい椅子取りゲーム


☆学会員のプライド.


一食数万円のレストランのテーブルの写真を示す。
④悲しい椅子取りゲーム_b0312424_18332364.jpg


前回の記事「7000万円の借金」を以下に添付します。
→sokafree.exblog.jp/30026635/

不景気な会社の悲惨は給料が上がらないことである。
元の会社では、例年、昇進昇格があった。
会社は右肩あがりに成長すると、当然、人も増えるし管理者も増える。
窓際族になる以前、菊田は35歳ですでに部長に昇格していた。
しかし、その会社の崩壊後は35歳になっても役職のない人が沢山存在した。
それなのに会社幹部は、高級な食事で接待営業をすることをやめなかった。
しけた会社と思われては仕事がこないからである。
だから金がなくても見栄を張るのである。

このような一見矛盾した経営手法は営業感覚からすれば正解である。
仕事は営業が第一優先で、仕事を得なければ一切がないからである。
そのためには男芸者にもならねばならず、嫌な相手にも
笑顔で対応し、こびを売らなければならない。

そんな接待で飲む酒はまずく、悲しいものである。
そのことを社員たちは知るよしもなかった。
「専務は何もせんむ」「役員は役立たず」「守銭奴」「たぬき」・・
無理解の者たちは、そんなぐだを撒いて安酒を飲んだ。

一方で、怪しい商材や詐欺まがいのシステムの勧誘が沢山存在した。
騙されると会社はババを掴み、してやられる。ワナは見抜かねばならない。
「生き馬の目を抜く」東京のビジネスはとても危険である。
そう、菊田が窓際族になったあの商品もその類なのだ。
泥のような世界の中で、彼は神経をすり減らした。

営業は歩合で稼げるが、間接部門は薄給だった。
職場は椅子取りゲームで殺伐とし、私自身もそのゲームの渦中にあった。
誰かが仕事で大きなミスをすると、周囲は顔をしかめたが
内心はライバルの転落を喜ぶものである。
そんな人ばかりではないが、そういう人は存在する。
菊田はそういう賤しい人間たちを心底憎んだが、
業績の悪い会社ではどうしようもなかった。

会社として困ることは、優秀な社員が退社し、
できの悪い社員が退社しないことだった。
加えて人は病気にもなるし、ノイローゼにもなる。
そんな中で、菊田は目一杯、明るく振る舞い元気に仕事をした。
彼は学会員として常に見られていたからである。

つまり学会員であることのプライドによって菊田は活躍したのであり、
よって生活も安定したのだから功徳である。
しかし、学会員が知れ渡ることは、学会の看板を背負って生きねばならない。
常に輝かねばならず、常に勝たなければならない。
そのことが菊田を幾度も苦しめた。

一方、職場には何人も学会員がいたが、自ら学会宣言する人は一握りだった。
多くは黙して語らず、隠れ学会員として生きた。

菊田は役員になると薄汚れた仕事ばかりを担当するようになった。
くすんでいく人生に必死に抗いながら彼はもがいた。

そんなとき彼は視覚障害の女性と出会い、古文のひらがな訳を始めた。
大聖人の御書を音声ソフトで読むネットサイトを作った。
菊田は生きがいを感じて真剣に取り組んだ。

彼にとって、このボランティアは大きな生きがいになった。
学会活動とボランティアだけが彼の希望だった。

当時の菊田は頻繁に信濃町の学会本部に足を運んだ。
経営難の会社の耐えきれない苦痛に立ち向かうためだった。
学会本部の御本尊にひれ伏して祈る日々が続いた。

祈りで勇気と希望をたぐり寄せていたのである。

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2020-05-06 21:56 | 窓際族以降の17年 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護