人気ブログランキング | 話題のタグを見る

今、私の人生は起承転結の「結」


☆転機は不幸の中で起る.


若かりし頃の父の写真と幼少期の私の写真を示します。
今、私の人生は起承転結の「結」_b0312424_17590932.jpg

写真解説「青年期の父の写真と小学低学年の私の写真(いずれも白黒写真)です」

先日、コロナ問題は起承転結の「起」だと申し上げました。
→sokamori2.exblog.jp/30144436/

では、今の私の人生は起承転結のどこなんだろう・・
どうやらすでに「結」のようですね。
最後の20年に突入した訳ですし。

歳月は歩みを止めることはありません。
産声から始まって子供時代があり、青春を経て壮年となり、
いつしか老い、病んで人は死んでいきます。

この写真は父の若かりし頃の写真と幼少期の私ですが、この時代から
50年以上が過ぎ去り、父は亡くなり、私は還暦となりました。
ちなみに母の若かりし頃の写真も示しましょう。
→sokanomori.exblog.jp/13989919/

早いものです。母も年老いて残り10年生きられそうはない。
でも、何をしたか、何を成したかと振り返れば、
なかなか多彩な人生で、山も谷もあり、まさかの坂もあり、
泣いて笑って、人生を味わって、それなりに
満足のできる人生なんだと思います。

私の場合、40歳の時の窓際族の苦難は大きな転機になりました。
あの苦難があったからこそ、私は信心を真剣に受け止めたのです。
そして、そこからの20年の信心で私は幸せになりました。
もし、あの時の苦労と信仰がなかったら、おそらく・・
私の人生が幸福に至ることはなかったでしょう。

不安だらけで20歳になり、そこから結婚・離婚を経て
修羅の時代を生きた青春の20年がありました。
その40年が「起」と「承」でした。
このように20年周期で人生が進んでいます。

だとするなら、これからの20年は「結」です。
(さらに20年生きられるのなら)
もし、命にかかわる病気が明日にでも発見されて、
数年のうちに死んだとしても私には悔いはないです。
ただ、願わくば母を来世に送ってから死にたい。

もし私に使命があって、80歳まで生きられるとしたら・・
70歳以上まで介護の仕事をして世に尽くし抜き、
広宣流布に大いに貢献したいです。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2020-07-19 05:15 | 良死の準備 | Comments(3)
Commented by 天翔る人 at 2020-07-19 16:17 x
菊川さん。
はじめまして。
五十代半ばになる壮年です。
数ヶ月前からブログを拝見しており、大変に勇気をいただいております。
菊川さんほどではありませんが、私も社内で窮地に立たされ、
同時に身内の不幸がかさなり、とても苦しい思いをした事があります。
しかし、学会家族のみなさんに励まされ、信心を奮い起こすことが出来まして、
今までやってこれました。
また、その苦しい間に住宅の購入をしたりと、菊川さんと
似た体験もしております。

昨日の新聞二面に
「苦労をも楽しむ人が人生の達人」
とあります。
今の菊川さんはまさに達人の境涯に
到達されていると思います。
これからもブログを楽しみにしております。
長文失礼しました。
Commented by sokanomori3 at 2020-07-20 07:58
天翔る人さん、おはようございます。

>苦労をも楽しむ人が人生の達人・・
この記事の内容を以下に添付します。

>大聖人は流罪という大苦難の中でも大歓喜を感じておられた。
どんな境遇にあっても、人生を楽しみきっていけるのが信心です。
戸田先生は「成仏というのは、生きていること自体が楽しくて、
楽しくてしょうがないという境涯であると、よく語っておられた。
人生には苦労はつきものです。学生のうちは勉強しなければならない。
会社に入れば働かなければならない。
しかし、その中に意義を見出し、生きがいをつくり、目標を定め、
はつらつと挑戦し、苦労をも楽しみながら、
瞬間、瞬間を最高に有意義に楽しみきって
生きていける人が人生の達人なのです・・

すばらしい指導ですね。創価思想の真髄であり、
日蓮大聖人の仏法の功徳そのものと感じました。
私もいつしか、苦労を乗り越える楽しさが習慣化していて、
むしろ弊害がないと拍子抜けして、物足りないと
感じることすらあります。ありがたいです。

この記事には他にも、「試練に打ち勝つ強さ培う信心」や
「絶対的幸福境涯」など、創価学会の信仰の
真髄が書かれていましたね。

コメントありがとうございました。
★菊川広幸
Commented by 天翔る人 at 2020-07-20 16:20 x
菊川さん
ご多忙な中、お返事ありがとうございました。
うれしいです。
やはり凄い境涯ですね!
これからもブログを拝見させていただきます。


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:17
天翔る人さん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 19:24
いつも楽しく拝見しており..
by 天翔る人 at 14:38
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:39
こんなにすごい忙しく大変..
by 千早 at 23:00
あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護