人気ブログランキング | 話題のタグを見る

文証 理証 現証(創価は正しいのか)


☆創価の功徳はウソなのか.


仏法では「文証・理証・現証」によって正邪を判断します。
そもそも文章(教義)のない信仰は宗教にはなりません。
例えば道端にある「お地蔵さん」を信仰の対象にしたとしても、
文証も理証もないのですから、人生の宗(根本)にはならない。
次の問題は、文証として書かれている内容が「現証」として
効力を発揮するのかどうかになります。

先日、池田先生の指導が聖教新聞に掲載されていました。
私の現証(体験)を照らし合わせてみましょう。

文証1:大聖人は流罪という大苦難の中でも大歓喜を感じておられた。
どんな境遇にあっても、人生を楽しみきっていけるのが信心です。
戸田先生は「成仏というのは、生きていること自体が楽しくて、
楽しくてしょうがないという境涯であると、よく語っておられた。
人生には苦労はつきものです。学生のうちは勉強しなければならない。
会社に入れば働かなければならない。
しかし、その中に意義を見出し、生きがいをつくり、目標を定め、
はつらつと挑戦し、苦労をも楽しみながら、
瞬間、瞬間を最高に有意義に楽しみきって
生きていける人が人生の達人です。

体験1:私は窓際族という大ピンチの中で信心をスタートしました。
信心への投資の見返りは、想像を絶するものでした。
→sokanomori.exblog.jp/15414796/
確かに、大苦難の中で大歓喜が得られました。
そして、その歓喜は一時的なものではなく、
こんにちまでずっと続いているのです。

私は学生時代、勉強が大嫌いで劣等生でした。
社会人として働くにしても、労働の苦痛は伴いました。
けれど、いつか仕事に意義を見出し、生きがいを持つようになり、
今もはつらつと仕事をし、人生を楽しんでいます。

文証2:本当に一つ一つのものごとを自分で考え、判断しているだろうか。
周囲の意見や、流行、大勢などに従っていないだろうか。
本当の幸福は、自分で創り上げるもので、
誰かから与えられるものではない。
自分の外に求めた幸福は、時とともにいつか
崩れ去ってしまう、つかの間の幸福である。

体験2:仏法は境涯論と言われますが、若い時は
これがなかなか体感的に分かりませんでした。
というか、まったく分かっていませんでした。
私は、窓際族の時の信心で幸福の正体を突き止めることができ、
心の底から大聖人の仏法を学び、納得したのです。
人生の幸福とは「成仏」にあります。
私は一つ一つ自分で考え、判断できる人になれました。

文証3:「相対的幸福」とは、経済的な豊かさや社会的地位など、
自分の外の世界から得られる幸福である。
そんな幸福はひとたび環境が変われば、
いともたやすく崩れ去ってしまう。

対して「絶対的幸福」とは、いかなる困難や試練にも負けることなく、
生きていること自体が楽しくてしょうがないという境涯の確立で、
その境涯の確立は御本尊への唱題以外にありません。

体験3:私は長く、経済的豊かさや社会的地位が幸福だと思っていました。
広い土地に大きな家があり、召使いがいて楽して生きられる。
高給なクルマには運転手がいて、美味しいものを食べ、
楽しいことを沢山して、愉快に生きる・・
でも、そんな人にはなれない。普通にだってなれない。
そんなくよくよした人生が、信心によって変わりました。
「ありのまま」の姿で大富豪を見下ろす幸せを得ました。

今となっては周囲からの評価なんてまったく関係ないのです。
しかも困難や試練がないと面白くないという境涯になりました。
今も課題や問題は沢山あります。仕事の未熟さ、母親の健康問題や
親孝行したいけど、今はその準備期間中ですし、
65歳までは年間350万円(税込み)ほどの稼ぎも必要、
残された人生を悔いなく生きるために、いろいろ
苦労もあります。でもそれが楽しいのです。

今、コロナウイルス問題で、世界が変質、変形していて、
従来の幸福が崩れ去っている時代ですが、
私の人生はまったく影響を受けていません。
それは60歳から、私の決めた道を歩んでいるからです。
この決意と行動が、私の幸福の基礎です。

以下に、その転職(介護職)の記事を添付します。
→sokafree.exblog.jp/i84/

私は給料が半減しましたが、幸福は10倍になりました。

さて、上記の文証は7月18日付けの聖教新聞(二面)から引用したのですが、
創価にはこの他、無数の文証があります。大聖人の御書、
創価三代の会長の指導、小説・人間革命などです。
商品には保証書がありますが、宗教もあります。
ただし、それがウソか本当かが問われます。

創価は本物です。なぜなら私自身の20年の信仰の体験が
ことごとく文証に符合するからです。
池田先生の指導にウソはありません。

創価学会員として、平凡でも信心を継続できれば、
必ず周囲に惑わされず、自分自身のしたいことをして、
大幸福、大歓喜の人生を得ることができます。



解説:きのうの記事に読者の方から新聞記事の紹介を頂いて、
そのご縁から今回の記事を書きました。
天翔る人さん、コメントありがとうございました。

以下に、きのうの記事URLを示します。
→sokafree.exblog.jp/30146900/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2020-07-20 08:50 | 仏法用語 | Comments(3)
Commented by petanko5500 at 2020-07-23 22:50
今晩は(^-^)今 心が折れています。主人(入会してるが学会嫌い)がYouTube見てて創価 公明党の批判凄くなって来て 例えば中国とかの対応ですね 中国は非人道的な事してるのに何故 親中派なのかとか 池田先生批判です。冷静に対応が出来ない私 つい言い合いになってしまいました。悲しいです 中国に付いては、私もそうだなと思う事もあります、学会の事は信心してるから、病気も良くなったのに認めないのです。まだ不満みたいです。普段の会話は多いし、話も会うのですが 信心の話は聞く耳持たない人です。
Commented by sokanomori3 at 2020-07-24 04:41
petanko5500さん、おはようございます。
この仏法は「難信難解」ですからね。
なかなか信じられないのです。
でも、味方にすることが先決でしょう。
中国は最近まで正常でした。
そして両国は多大なる交流をし、発展してきました。
その礎を作ったのが池田先生でした。
中国が悪くなったのは、ここ数年のことです。
(ウイグル人迫害は別)
この悪くなった関係をどうするのかですが、
おそらく公明党は対話路線なのでしょう。
悪いから関係を断つでは対話の道も閉ざされます。
公明党はおそらく習近平なき後のことまで考えて、
50年、100年の未来まで考えて行動しているはずです。
勿論、公明党は今の野心的中国の行動を認めていません。
言うことははっきり言っています。
というか、はっきり言えるだけの強固な
信頼関係があるんです。
今はご主人はそうでも、これからの未来に
必ず、「公明党はたいしたものだ」という
評価が得られる実績が得られるでしょう。
日中両国の懸け橋に、公明党は
欠かせない存在なのですから。
★菊川広幸
Commented by petanko5500 at 2020-07-25 23:21
有り難うございます。そうですね公明党の事は信頼してますし、そうであって欲しいです。何時も菊川さんのブログに励まされます。これからもお身体に気をつけて下さい


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん、おはようござい..
by いつも at 08:22
非公開さん、ありがとうご..
by sokanomori3 at 03:38
1名様、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 20:34
天翔ける人さん、非公開さ..
by sokanomori3 at 18:00
おはようございます。 ..
by 天翔ける人 at 07:45
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:51
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:23
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:16
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:11
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:08

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護