人気ブログランキング | 話題のタグを見る

蛇を殺した罪の果報はいかなるものか


☆慈悲ゆえの殺生の意味.


先日私はツバメの雛を食べようとした蛇を「殺生」した。
→sokafree.exblog.jp/30168952/

この殺生は仏道修行者として、いかなることを意味するのであろうか。
十法界明因果抄から、その因果を考えてみたい。

この十法界明因果抄は、文応元年(1260年)4月21日、日蓮大聖人39歳の御時、
鎌倉で御述作された御書である。十界(地獄 餓鬼 畜生 修羅 
人 天 声聞 縁覚 菩薩 仏)の因果が詳細に記されており、
その果報として、視力 聴力などの障がい、経済苦、
病苦、差別などの因果等も語られている。

この御書によれば「殺生」をすれば「苦」を受けるのであるが、
それは重い罪と軽い罪とに別れると述べられている。

>涅槃経に 云く 「殺に 三種 有り 謂く 下 中 上 なり.
下とは 蟻子 乃至 一切の 畜生 乃至 下殺の 因縁を 以て
地獄に 堕し 乃至 具に 下の 苦を 受く」.

ねはんぎょうに いわく.
「さつに さんしゅ あり いわく げ ちゅう じょう なり.
げとは ぎし ないし いっさいの ちくしょう
ないし げさつの いんねんを もって じごくに だし
ないし つぶさに げの くを うく」.

私はヘビを殺したので「畜生の殺」である。
大きな罪ではないようだが、小さいながらも苦は受けることになる。
しかしながら法華経の実践においてこの罪は少苦となり、
成仏の妨げにはならないとも記されている。

大事なことは、も殺さないという二乗の立場と、
殺すけれど利他の故の菩薩の殺生とでは、まったく
果報が異なるとの内容である。

>二乗 所持の 不殺生戒と 菩薩所持の 不殺生戒と 差別 如何.
答えて 云く 所持の 戒の 名は 同じと 雖も
持する 様 並に 心念 永く 異るなり.
故に 戒の 功徳も 亦 浅深 あり.
問うて 云く 異なる 様 如何.
答えて 云く 二乗の 不殺生戒は 永く 六道に 還らんと 思わず.
故に 化導の 心 無し 亦 仏 菩薩と 成らんと 思わず.
但 灰身滅智の 思を 成すなり.
譬えば 木を 焼き 灰と 為しての 後に 一塵も 無きが 如し.
故に 此の 戒をば 瓦器に 譬う.
破れて 後 用うること 無きが 故なり.
菩薩は 爾らず 饒益有情戒を 発して 此の 戒を 持するが 故に
機を 見て 五逆 十悪を 造り
同く 犯せども 此の 戒は 破れず.
還つて 弥弥 戒体を 全くす.

にじょう しょじの ふせっしょうかいと 
ぼさつ しょじの ふせっしょうかいと さべつ いかん.
こたえて いわく しょじの かいの なは おなじしと いえども
じする さま ならびに しんねん ながく ことなるなり.
ゆえに かいの くどくも また せんじん あり.
とうて いわく ことなる さま いかん. こたえて いわく
にじょうの ふせっしょうは ながく 6どうに かえらんと おもわず.
ゆえに けどうの こころ なし.
また ぶつ ぼさつと ならんと おもわず.
ただ けしんめっちの おもいを なすなり.
たとえば きを やき はいと なしての のちに いちじんも なきが ごとし.
ゆえに この かいをば がきに たとう.
やぶれて のち もちうること なきが ゆえなり.
ぼさつは しからず にょうやくうじょうかいを ほっして
この かいを じするが ゆえに.
きを みて 5ぎゃく 10あくを つくり.
おなじく おかせども この かいは やぶれず.
かえって いよいよ かいたいを まったくす.

饒益有情戒(にょうやくうじょうかい)とは、衆生を幸せにするために
力を尽くすことで、その心を起こし機を見て、あえて五逆十悪を
犯すことがあっても「戒」は破れないというのである。
すなわち「不殺生戒」を維持しているに等しい。

ましてや、法華経を信受し、実践しているのであれば
罪障消滅は疑いないということになる。

ただし、できるなら殺生は避けるべきであった。
そのことは今となっては後悔があります。

以下に、この内容が書かれている十法界明因果抄の
ひらがな御書交互文を以下に示す。

→hiraganagosho.web.fc2.com/b427


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2020-08-06 15:22 | ひらがな御書に学ぶ | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護