人気ブログランキング | 話題のタグを見る

1200年間だまされ続ける人々


☆天空の宗教都市「高野山」


少し前になるが、NHKで「天空の宗教都市・高野山」という番組があった。
弘法大師「空海」が祭られ、今も繁栄する町の姿が紹介された。
高野山は空海の聖地として栄え、観光地としても人気なのだという。
その番組を見て、1200年続く繁栄?に首を傾げた。

誤った信仰をすれば不幸になると、日蓮大聖人は仰せである。
しかし、空海を祭る高野山は栄えている。
念仏も真言も同じであるが、つまり釈尊の教えを汚し、
真実を覆い隠してしまった事実を知らぬまま
今も沢山の人々がありがたがっている。

おそらく、宗教をビジネスとした人々(僧侶含む)は
金儲けとしては成功しているのだろう。

思想も信仰も言論も個人の自由だし、食べたいものを食べ、
飲みたいものを飲んでいいのであるが、
空海が何者かも知らず、疑いもせず信じる人々は
目を閉じて運転をしているように危うい。

死人に口なしというが、宗教をして不幸になった人の言葉は残らない。
寺を廻ってはパワーをもらったと言っているが、
どんなに巡り巡っても、真実の幸福にはたどり着けない。

ともかく、あらゆる宗派が葬式仏教、観光事業に堕した時代に
創価学会だけが宗教本来の宗教と言える。

大聖人は国の保護を受けなかった。学会も同じである。
学会は民衆が自発的に、信者を対話で増やし、供養を捻出し、
多様な書籍、新聞を量産する努力を続けた。

その中心人物は、徹頭徹尾「池田大作」がエンジンだった。
池田大作は、戸田城聖の構想を実現したばかりでなく、
全世界に弘教を展開した。それは宗教活動以外の分野にも及び、
学術、教育なども含め、その活躍に枚挙のいとまはない。

一方、世界的にキリスト教の信者が増えないらしい。
むしろ減少傾向にあると報道されている。
日曜の礼拝に若者が行かないらしい。
では、日顕宗はどうだろうか。キリスト教どころではない。
まったくの「鳴かず飛ばず」である。

きょうはくしくも、空海の如き日顕の一回忌である。
魔の巣窟・大石寺は、これからも高野山のように
人々をだまし続けるのであろうか?

以下に、日顕死去に関するの記事カテを示します。
→https://sokamori2.exblog.jp/i73/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2020-09-20 04:44 | 他宗教 | Comments(4)
Commented at 2020-09-24 19:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2020-09-25 04:51
非公開さん、おはようございます。

>今の日本の学会は、政治屋になっているのでは、ないかと思います。

私もそんなふうに思った時期もありますよ。
今もふとそんなふうに感じることあります。
ただ、活動家は創価の素晴らしさを心から納得して
いるので、迷いなく戦っています。
生命力が旺盛と言うか、学会や公明党を
心から愛しているので、いつも
ベストを尽くそうとします。

そのことに熱中するがあまり、その他のことが
おろそかになるし、だから純粋な信心をしたい人は
もやもやするという副作用があります。

たしかに受け止め方は複雑ですよね、選挙は。
海外では選挙活動をしませんから、
純粋に信仰ができる。日本だけが特殊ですね。

私は沢山の功徳をいただき、学会への恩返しがしたいから
選挙活動をそれなりにやります。ただし、眼前に
プライベートで危機が迫ったり、問題がある場合は
やらない(やれない)ことがあります。

このことは以前、記事にしたことがありますが、
もし学会が選挙活動をしなければ、逆にちやほやされて
(票田として大きいから)、傲慢になったり、
ゆでガエルになったりで、純粋性が保てなくなる
ことにもなりかねないと思うのです。
★菊川広幸
Commented at 2020-09-26 00:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2020-09-26 09:24
非公開さん、おはようございます。

>このことは以前、記事にしたことがあります・・
その記事を教えてもらえますか?

記憶から15分ほど探したのですが見つけられませんでした。
なにせ、12年も続けているブログですので、
いつ、どこに書いたのか、探せないことがあります。
そこで、新しく<別館>に記事にしました。
まず、手始めに「なぜ創価学会は宗教政党を持っているのか」
と題して記事を一つ作りました。
https://sokamori2.exblog.jp/30232544/

次回、「もし学会が選挙活動をしなければ、逆に
ちやほやされて傲慢になったり、ゆでガエルに
なったりで、純粋性が保てなくなる」
という理由を書きたいと思います。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護