人気ブログランキング | 話題のタグを見る

種種御振舞御書(2021年2月度座談会御書)


☆種種御振舞御書に学ぶ.


(しゅじゅおふるまいごしょに まなぶ)


2021年2月号大白蓮華(だいびゃくれんげ)種種御振舞御書(910ページ)の
ひらがな文と原文を示し、背景と大意、所感を申し上げます。

○ひらがな文.


ぶつ めつご 2220よねんが あいだ かしょう あなん とう 
めみょう りゅうじゅ とう なんがく てんだい とう 
みょうらく でんぎょう とうだにも 
いまだ ひろめ たまわぬ ほけきょうの かんじん 
しょぶつの がんもくたる みょうほうれんげきょうの 5じ 
まっぽうの はじめに いちえんぶだいに 
ひろまらせ たもうべき ずいそうに 
にちれん さきがけ したり.
わとうども にじん さんじん つづきて 
かしょう あなんにも すぐれ 
てんだい でんぎょうにも こえよかし.

○原文.


仏 滅後・ 二千二百二十余年が間 迦葉 阿難 等・ 
馬鳴 竜樹 等・ 南岳 天台 等・ 妙楽 伝教 等だにも 
いまだ ひろめ 給わぬ 法華経の 肝心 
諸仏の 眼目たる 妙法蓮華経の 五字 末法の 始に 
一閻浮提に ひろまらせ 給うべき 
瑞相に 日蓮 さきがけ したり.
わたうども 二陣 三陣 つづきて 
迦葉 阿難にも 勝ぐれ 
天台 伝教にも こへよかし.


○背景と大意.


本抄は、健治2年(1276年)9月、日蓮大聖人が身延から弟子の光日房に
与えられた御書とされていましたが、詳細は不明です。
御書全集にして17ページという長編の御書です。
(そのボリュームは立正安国論とほぼ同量)

大聖人は予言された蒙古による「他国侵逼難」的中のプロセスを詳細に語られ、
立正安国論による幕府への諌暁、また公場対決によって法の正邪を
決定すべきであると強く迫られた十一通の書状提出から、
流罪地・佐渡の闘争、開目抄の記述に至るまでを記述されています。

本抄では、その大聖人のお振舞い(身をもっての実践)を基に、門下の弟子に
折伏をすれば難が競い起るけれど、この尊くも偉大な
南無妙法蓮華経の大仏法を弘めるために、
「二陣・三陣とつづきなさい」と励まされています。

○所感.


くしくもコロナウイルス大流行の只中、日蓮大聖人ご生誕800年、
戸田城聖先生の会長就任70周年という本年を迎えました。
大悪の中で、まさに栄光の歴史の佳節を迎えたことに
仏法の使命たる「民衆救済」の大義を強く感じています。

今、コロナで「緊急事態宣言」が出され、外出や交流ができない時節ですが、
その中でどのように広宣流布を進めるのか、折伏・弘教を果たすのか、
この種種御振舞御書から今一度、学び、方策を見出し、
そのために祈り、今だからこそできる活動を
「さきがけて」「ひろまらせ」なければなりません。

今、世は闇に包まれ、奈落の底に落ちている人が数多くいるし、
先の見えない人たちが巷に溢れてきています。
どうでしょうか。皆さまの周囲に苦しみ、
もがいている人はいないでしょうか。

今年に入り、友人や知人が悩みを抱え、苦しんでいるという話を
立て続けに二人聞きました。一人は仕事の悩みを抱え、
腸に炎症を発生させて入院、もう一人は
職場でうつ病に悩んでいるのでした。

この数年、私の周囲に不幸を語る人はいなかったのですが、
そういう話を聞いて、「さて、どうするか」と
考えていたところに、今月の座談会御書を拝しました。

まず、私は入院した友人に励ましの手紙を書こうと思います。
さらにうつ病の人について祈ろうと思います。

私は昨年転職し、2月で1年が経過する「新米」です。
私自身が学会員であることを告げることなく
今まできたのですが、仏法対話をひとたび始めると
怖いことは「難が競う」ことです。

大聖人は種種御振舞御書に「日蓮悦んで云く」と前置きされながら
「本(もと)より存知のことなり」と国家諌暁・
公場対決要求によって大難に及ぶことは知っていた
(覚悟していた)と述べられています。

にちれんよろこんで いわく もとより ぞんちの むね なり.
せっせんどうじは はんげの ために みを なげ じょうたいぼさつは みを うり.
ざいぜんどうじは ひに いり ぎょうぼうぼんじは かわを はぐ
やくおうぼさつは ひじを やく ふきょうぼさつは じょうもくを こうむり.
ししそんじゃは こうべを はねられ だいばぼさつは げどうに ころさる.
(中略)おのおの おもい きり たまえ.
この みを ほけきょうに かうるは 
いしに こがねを かえ ふんを こめに かうる なり.

>日蓮 悦んで 云く 本より 存知の 旨 なり.
雪山童子は 半偈の ために 身を なげ 常啼菩薩は 身を うり.
善財童子は 火に 入り 楽法梵士は 皮を はぐ.
薬王菩薩は 臂を やく 不軽菩薩は 杖木を かうむり
師子尊者は 頭を はねられ 提婆菩薩は 外道に ころさる.
(中略)各各 思い 切り 給へ. 此の 身を 
法華経に かうるは 石に 金を かへ 
糞に 米を かうる なり.(910)

「思い切る」決意は、お題目からしか得られません。
しっかりと題目を唱え、アクションしたいと思います。

以下に、種種御振舞御書の過去記事を添付します。

→sokafree.exblog.jp/29387104/
→sokafree.exblog.jp/28405820/

ひらがな御書の異体同心事交互文と背景と大意を示します。

→hiraganagosho.web.fc2.com/b909.
→hiraganagosho.web.fc2.com/c909.


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2021-01-28 05:15 | 座談会御書


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:17
天翔る人さん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 19:24
いつも楽しく拝見しており..
by 天翔る人 at 14:38
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:39
こんなにすごい忙しく大変..
by 千早 at 23:00
あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護