人気ブログランキング | 話題のタグを見る

公明党・遠山氏の議員辞職の波紋


☆身を滅して党を守り抜く.


報道から1週間で議員辞職した遠山氏の新聞記事を示します。
公明党・遠山氏の議員辞職の波紋_b0312424_04211835.jpg
公明党・遠山氏の議員辞職の波紋_b0312424_04212951.jpg

写真解説「記者会見の写真付き読売新聞と、議員辞職を告げる公明新聞の写真です」

このほど、公明党の国会議員・遠山清彦氏がコロナ緊急事態宣言下で、
深夜まで銀座の高級クラブで飲食していた件と、過去に遠山氏の資金団体が
キャバクラ代金を不正支出していた件などが報道され、
その責任を取り、党の役職を辞任後、電撃的に
「議員辞職」したことについて、一般紙と公明新聞の
内容を示し、個人的な評価を申し上げます。

>(読売新聞)公明党内で、遠山氏が議員辞職したことへの動揺が広がっている。
将来の党を担う有望株で、次期衆院選で神奈川6区からの
出馬も決まっていたが、遠山氏に変わる候補者の
擁立は困難との見方が出ている。山口代表は2月1日、記者団に
「強い政治不信をもたらし、深くおわび申し上げたい」と陳謝した。
候補者不在となるかながわ6区への対応についは
「地元とよく相談しながら検討したい」と述べるにとどめた。

公明党は当初、遠山氏への処分は見送る方針だったが、
支持母体の創価学会内では、選挙応援の核となる
婦人部を中心に不信が治まらなかった。

>(公明新聞)遠山清彦衆議院議員は1日、緊急事態宣言下の飲食店を
午後8時以降訪れていたことや、2019年の政治資金収支報告書に
不適切な支出を計上していたことへの責任を取り、
議員辞職願を提出し、同日夜の衆院本会議で許可された。

山口代表は同日午後、記者団に対し遠山氏から1月31日に
議員辞職の申し出があり、1日午前の常任役員会で
議員辞職願が出されたとを説明。「議員の出処進退は
本人が決めるべきもの。今回、本人の最も厳しい
決断が示され、それを受け止めた。その上で、
「国民の皆さまに強い政治不信をもたらしてしまったことを
党を代表して深くおわび申し上げます。党一丸となって、
政治の信頼回復に尽力していきます」と語った。

これに先立ち、遠山氏は識者会見で「1月29日に幹事長代理を辞任したが、
さらに重い決断をしなければ信頼回復はできないのではないかと
熟慮した結果、議員辞職すべきと決意した。
改めておわび、申し上げます」と陳謝した。

(以上、2021年2月2日の新聞記事より)

この遠山氏に関し、私は先に次に示す記事を書いていた。
→sokafree.exblog.jp/30409338/
→sokafree.exblog.jp/30411575/
→sokafree.exblog.jp/30413448/

この一連の内容を推理すると、「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、
大衆の中に死んでいく」という公明党の立党精神を守るため、
遠山氏は議員辞職というもっとも厳しい選択をしたのだと
私は感じたし、一切をかなぐり捨てた遠山氏に
納得できたし、また感動も得たのでした。

敗北ともとれるプロセスですが、私は公明党の未来にとって
大きな価値ある辞職だったと受け止めています。

その理由は、緊急事態宣言下で率先垂範に反した行動をとったこと、
2019年6~10月に地元の公設秘書が福岡市内のキャバクラ3軒に計約9万円を支出、
加えて遠山氏自身が宮崎県延岡市内のスナックを利用し、
2万円を支出していたことは、どれも問題です。

※秘書は後援会関係者らと、自身は民間企業社長と懇談した。

しかし、それが議員辞職に価するかというと本当はそうではない。
実績もある。能力もある。これからも沢山の仕事をして
世に尽くすことができる力ある議員でした。
けれど、それを全部、なぜ切り捨てたのか。

それは遠山氏の政治に対する真剣な取り組みの姿勢、思いの強さから、
「公明党に泥を塗った」ことへの悔恨の情が深くあり、
今後の公明党の前進・活躍のために、個を捨て、
組織を守ったということなのでしょう。
まさに「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」です。

私自身、任期中は在籍しても、遠山氏は次期選挙以降、
政治家を続けるべきではないと思っていました。
「申し合訳ないことをした。やり残した仕事を任期中全部やり切り、
責任をとって、衆議院解散後は政治家を引退します!」
という進め方になるだろうと感じていました。しかし、
予測もしなかった「即時、議員辞職」でした。

私は「なんだこれは。即時辞任は過剰過ぎないか!」と驚きましたが、
よくよく考えてみれば「これが一番いい選択」だと思ったし、
「遠山議員は立派な仕事をした」と感心したのです。

いかなる不正もしない、一切の私利私欲を捨てて大衆に尽くし抜く。
その道を外れたら、即時、辞職をもって責任をとる・・
その公明党の歴史の道を作ったと言えるからです。

遠山氏の心の内が今、語られることはないでしょう。
また、公明党からも情報発信はないでしょう。
今の段階では「言い訳」になるからです。

でも、この即時・辞任は、全公明党議員への大きな波紋となり、
未来永劫、不正のない党運営の流れを作る礎になるでしょう。
そして、身をもって正した、この事実をもって、他政党も起こすであろう
不正・不適切な行為への追及も、公明党は縦横無尽にできるでしょう。

以上のことから今回の内容は心から納得できたのであります。
遠山氏には「お疲れさまでした。あなたは立派です。
勝利者です」と申し上げたいと思います。

追記:誰もが、ついふらふらと行動し、失敗もミスもするものです。
しかし、そのとき、どう責任を取るかは千差万別です。
遠山氏の決断は、未来に必ず評価されるでしょう。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2021-02-03 05:49 | 公明党 | Comments(1)
Commented by minmin at 2021-02-04 19:35 x
遠山さんの心機一転、再出発心よりお祈りいたします


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書の集い
ひらがな御書
ひらがな御書に学ぶ
ひらがな御書の解説
座談会御書・解説
御書の登場人物
仏法用語
小さな一歩でしゅっぱ~つ♪
千早抄 (体験談)
千早美術館
前略 千早さま
愛別離苦
日本点字図書館見学記
新版御書の拝読
新人間革命読書感想文
聖教新聞
創価学会総本部
日蓮大聖人
池田大作先生
池田先生の詩
池田大作先生の逝去
戸田城聖先生
牧口常三郎先生
幹部指導
功徳を得る信心
創価学会の記念日
創価ニュース
学会書籍のご案内
折伏教典の研究
創価学会歌
希望の哲学
創価学会の問題
宮田幸一氏問題
妙音・自由の人
障害者スポーツ
自在の人
自在会情報
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
勤行 唱題
公明党
政治
一般書籍のご案内
管理人より
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
飼い猫ラッキ一
<別館>のご案内
創価の森通信フリーダム
学会員として生きる
体験談
地域の灯台たれ
窓際族以降の17年
私の仕事
親孝行
良死の準備
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
介護士への道2023
介護福祉士2023年5月~
介護士の転職方法
ウクレレ愛好家
ボランティア芸人
夢修行
健康づくり
怪我・病気対策
ミニマリスト
大工は魔法
料理は魔法
健康ジョギング
フルマラソン
ぼっちキャンプ
ウイスキー愛好家
雑記帳
つぶやき
俳句
ポエム
日本・世界遺産見学
経済
フェイクニュース
創価学会批判
紛争・災害ニュース
沖縄の戦争
21世紀の戦争
九州大震災
大白蓮華
グラフSGI
公明党候補一覧
新版御書の全編拝読
任用試験
老後の人生設計
他宗教
サカマキガイ駆除
日顕宗
ダイハツミラ660
未分類

最新のコメント

今、創価学会は全世界19..
by sokanomori3 at 05:06
その最たるものが言論出版..
by sokanomori3 at 05:05
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:42
池田先生が亡くなられて、..
by 千早 at 22:48
菊川さんは イスラエルと..
by 千早 at 22:17
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:39
そもそも、池田大作に操ら..
by sokanomori3 at 05:26
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:14
池田先生が亡くなられたこ..
by 千早 at 22:38
ありがとうございます。 ..
by たかはしあかり at 16:38
人間革命 寂光の章 改め..
by 勇気 at 17:35
poorさん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:12
けっこう有名な名だたる評..
by poor at 16:48
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:34
追記 創価の森の小..
by sokanomori3 at 15:54
jun1さま、切迫した状..
by sokanomori3 at 15:32
赤ポスさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:39
妙法の  広布の旅は ..
by 赤ポス at 01:04
りんさん、kaisenさ..
by sokanomori3 at 17:58
Commented b..
by sokanomori3 at 17:23

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2024年 11月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護