人気ブログランキング | 話題のタグを見る

折伏教典の研究


☆物資乏しい時代の本.


折伏教典の破損部(背表紙内側)の写真を添付します。
折伏教典の研究_b0312424_10171586.jpg
折伏教典の研究_b0312424_08434850.jpg

写真解説「書籍の背表紙が剥がれ、内側の紙が古紙であることが分かります」

折伏教典は昭和29年9月5日に印刷刺され、昭和29年9月10日に発刊されました。
西暦1954年ですから、今から67年前に発刊された本です。
販売価格は250円。今となってはほとんどの人は
所有していないであろう伝説の本です。

私が所有する折伏教典は、昭和31年に祖母が購入したもので、
過去に、そのことを記事にしています。
→sokanomori.exblog.jp/10254844/

貧しい時代だったのでしょう。本の背表紙の内側には
辞典と思われる古紙が補強に使われていました。
手作りの、糊で貼られた本なのです。

この本、創価学会の原点となる戸田先生の思想が収められています。
近代の今から見れば、いささか表現が古く無骨に感じますが、
今の学会の基盤となる確信の内容となっています。

ここには大聖人の仏法、なかんずく創価学会の信仰が
明快に書かれているのであり、その内容は
今も不滅の光を放っているのです。

当ブログでは、この折伏教典から信仰の基礎となる内容を引用し、
読者の方々にご紹介するとともに、現在の私たちの
立ち位置から論評したいと考えています。

以下に、その「折伏教典の研究」カテを示します。
→https://sokafree.exblog.jp/i91/

このカテゴリ記事は、信心への確信の薄い人や
本気になれない人にとって刺激になることでしょう。

ご参考にしていただければ幸いです!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2021-02-25 09:08 | 折伏教典の研究 | Comments(4)
Commented by 天翔る人 at 2021-02-26 10:48 x
こんにちは。いつも楽しく拝見しております。
旅先でふと立ち寄った古物屋さんで折伏教典を発見し、購入したのが15年くらい前の話です。
明確で親しみやすい表現に、当時男子部だった私は目からウロコの思いで読ませていただきました。
今回、是非再読したいと思いました。学ばせていただきます。宜しくお願い致します。

Commented by sokanomori3 at 2021-02-27 04:15
天翔る人さん、おはようございます。
古本屋さんにありましたか^^
私の所有の本と違い、欠損はないでしょうね。

さて、私がこの本を始めて読んだのは高校生の時です。
当時はチンプンカンプンで理解できませんでした。
今、信心を20年、それなりにやって読むと
意味がはっきりと分かるし「その通り、その通り」と
全部、腑に落ちるのです。

研究とはいささか大げさですが、今後、このシリーズには
折伏経典の記述内容を添付しながら、
私の解釈も記すつもりです。
★菊川広幸
Commented at 2021-03-14 21:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2021-03-15 10:55
ありがとうございます。全ての記事を修正します。
ご指摘に感謝申し上げます。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:17
天翔る人さん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 19:24
いつも楽しく拝見しており..
by 天翔る人 at 14:38
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:39
こんなにすごい忙しく大変..
by 千早 at 23:00
あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護