人気ブログランキング | 話題のタグを見る

戸田城聖の生命論(6)


☆境涯という立ち位置.


以下に、十界論の記述ページの写真を添付します。
戸田城聖の生命論(6)_b0312424_15015064.jpg


前回の「生命論(5)」の記事を以下に添付します。
→sokafree.exblog.jp/30450326/

前回の記事では、大まかな十界の形についての記事でした。
次に、具体的な十界の境涯の内容を申し上げます。

>1.地獄界:瞋(いか)っている時、ケンカをしてる時、
ケガをしたり病気になった時。

2.餓鬼界:貪って居る時、どうしても金が居る時に欲しい欲しいと血眼で借金しに
歩いている時など。必要なものを得られず焦って他を考えない時。

3.畜生界:仕事で上役などに文句を言われ、無理を言うと
思いながらだまって従って様な場合、うそをついている時、
利害を以て善悪を無視している時。

>4.修羅界:人をだまして目的をとげようとたくらん居る、
勝負事に凝って居る時、人と争っている時、
ケンカ口論をしている時。

5.人界:平凡な人並みのことをしている時。

6.天界:大きな喜び事に没頭している場合、すばらしい音楽を
聞いたり、劇を見たりしている時。新婚当初なぞ、幸福感で
一杯な時などは天界の中でも有頂天に属する。

7.声聞界:人から有益な話を聞いたり、自分の向上の為に勉強したり、
自分の悩みを解決せんとして道を求めて居る時。

8.夜の星空を見つめて宇宙の無限性を悟ったり、大火、大地震等に遭って
人生の無常を悟ったり、立派な音楽や絵を創作して、ある法則、
真理というものを感得して、自分の心境が思いがけなく開けた様な場合。

9.「無顧の悪人も猶妻子を愛す、菩薩界の一分なり」(本尊抄)
と示されて居る通り、妻子を愛し、親に孝行をして喜ばせ、
人の為に利益を与え、人に大法を説いてる場合。

10.仏界:「仏界許(はか)り現じ難し、九界を具するを以て
之を信じ疑惑せしむることなかれ」(本尊抄)

御本尊を拝み奉って九界の中に生活しながら、今生のみならず
未来永遠に渡っての幸福を確立して、世間の様々な事件、
身に降りかかる大難、生死などに依って壊されることのない
絶対の幸福を得た境涯を仏界というのである。
この時には、一切衆生を救う力をそなえて、
きわめて生命力の強い人となって居るのである。

以上、外界の十界、人間界の十界、個人の十界を示した。
(中略)人間のみならず他の動物も十界を具えて居るし、
有情のみならず非情といわれる草木、器物、
自然物も十界を具えて居る。

一例を取れば、使用している電球に付いて考えるに、
明るい下で皆が仕事をしている時に突然切れて真っ暗に
なったら一瞬にして地獄の働きである。
電灯をつけて電力を消費するのは餓鬼界である。
嵐の時なぞ屋外で街灯が消えたり、うすくなったり強くなったり
するのは修羅の働きである。其の他、人界もあり
宮殿に灯せば天界の働きである。誰かがこの電球を
調べて、さらに高級な電球を発明したら、声聞界、縁覚界であり、
光を発するという特性から人に利益を与えて居るのは
菩薩界の働きである。仏前を照らせば仏界である。

(中略)分析して見ると、植物も動物も人間も同じく皆素粒子により
構成されて居り然も一個の形を保って居る時には
厳然として十界を具えて居る。

(折伏教典42~48ページより)

所感:ついに生命論の最も大切な内容に入りました。十界から見れば、
生物だけでなく、岩石に至るまで生命になる・・
このことには多くの人々は驚くのではないでしょうか。
(私もこの記述には驚いています)
それにしても、分かりやすい説明ですね。

この十界、人の境涯は時々刻々と変化しますが、
どの境涯を中心にしているのかが問われます。
六道輪廻を中心としているのか、四聖を中心にしているのか。
その立ち位置で、人生の幸・不幸が決まってくるのです。
仏道修行は仏・菩薩の境涯を得るためのもの。

そのことが、さらに深く生命論で解説されます。

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2021-03-09 04:09 | 折伏教典の研究 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:17
天翔る人さん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 19:24
いつも楽しく拝見しており..
by 天翔る人 at 14:38
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:39
こんなにすごい忙しく大変..
by 千早 at 23:00
あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護