人気ブログランキング | 話題のタグを見る

戸田城聖の生命論(9)


☆人生の格差・差別の原因.


折伏教典59ページ「生命の差別」の写真を以下に示します。
戸田城聖の生命論(9)_b0312424_05031359.jpg

写真解説「戸田城聖生命論“生命の差別の出来る原因如何”と題されるページの写真」

前回の「生命とは何か」に関する記事を以下に添付します。
→sokafree.exblog.jp/30454305/
→sokafree.exblog.jp/30454327/

上の2つの記事で「生命とは何か」がはっきりとしたのですが、
次に私たちが知りたいことは、同じ人間でも国やグループ(会社や家庭)や、
個々人の性質の違いで、幸・不幸が100人いれば100通りの格差
(仏法では「差別」という)が生じること、その原因と
問題(不幸の)解結の方法ということになります。

なぜ差別が生じ、ある人は不幸で、ある人は幸福なのでしょうか。
戸田先生の生命論からその内容を探ってまいりましょう。

>人間だけを見ても差別がはなはだしく、人間と動物、動物と植物、
植物と無生物となれば天地もただならぬ差別がある。
この差別はどこから来たのであろうか。

同じ牧場で生まれた馬も、一方は競走馬として訓練を受け、一方は重量運搬用の
馬として訓練する。三年、四年と経て両者を比較すれば、
体格も性質も全くかけ離れた二種の馬となる。
人間としても同じで、それ迄にやって来た行いによって
差別が出来、貧富の差は勤勉に働いたか、怠けたかで出来、
自殺なぞした人間は、自分自身の肉体を盗んだ者として、
その盗みの報いで貧民の子として生まれ、一般よりも素質の悪い
人間としての生(しょう)を受けねばならぬ。
立派な人間を憎悪すれば、自分の命に内在する立派な性質を破壊して
低級な人間として心身共に下劣な生を受ける。

正しい仏教は人々に仏界を得させるものである。
依って正法を信じてたゆまぬ者は、必ずその結果として
仏界の果報を得、若し正法に反対の邪宗教を信じ、
修行したらば仏界の反対である地獄の果報を得るのである。

(果報は)過去世から現在迄の自分のやってきた業作(ごうさ)によって
決定されたものであり、又、現在の業作が未来の果報を決定する。

一つ例を取って見る。ある一定量の水がある。この水は条件に従って、
ある場合は熱湯となり、ある場合は氷となり、ある場合は水蒸気、
川へ流せば水力発電を発電させるはげしい急流となる。
これと同様に、地獄界から仏界迄の十種の果報も
生命の一念、心の業因に依って決定されるので、
ある時は生命全体が地獄になり切ってしまい、ある時は畜生界、
ある時は菩薩界という風に、一時に二つ以上の境涯に入ることはなく、
心身共に十種の果報そのものになり切る。

この変化の仕方を示したのが「如是相、如是性、如是体、如是力、如是作、
如是因、如是縁、如是果、如是報、如是本末究竟等」である。

今の自分を作った原因は、全て自分の責任であり、どんなに苦しい目に遭ったとしても、
その原因は自分自身にあり、自分が悪かったのである。
道楽亭主を持って悩むのも、そんな亭主を持たざるを得なかった
その原因は、過去に三千世間の渡り方が悪かったのであり、
亭主が悪い、亭主が悪いと他をせめて己をかえり見ないのは
全然見当違いで、いつまでたっても解決できぬことになる。

三千世間とは、十界の各一界に又十界を具える故に百界であり、
この百界の各一界ごとに十如是の因果をそなえて居るから千如是となり、
国土世間、衆生世間、五陰世間の三世間故に三千となる。
(先の水の譬えのように)生命は一念の働きを原因とし、
縁に従って三千種類の変化をするのである。

※五陰世間:心身の五つの要素(色・受・想・行・識)をさす。

(折伏教典59~63ページより)

所感:「仏法は内道」であり、原因があって結果があるという積み重ねで、
今の自分の境涯で幸せも不幸も決まると説きます。
私たちはとかく他人のせいにしがちですが、全ての原因は
自分にあると悟らなければ真実の解決には至らないでしょう。
邪宗教の問題は「棚からぼた餅」「奇跡」など
およそ因果の法則を無視した教義・行動にあります。
それは現実逃避でしかなく、そんな教えに従っていては
さらに逃避の宿業が膨らむことになるでしょう。

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2021-03-13 07:01 | 折伏教典の研究 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん、おはようござい..
by いつも at 08:22

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護