人気ブログランキング | 話題のタグを見る

戸田城聖先生の生命論(まとめ)


☆境涯の転換=人間革命.


以下に、美しいタンポポの種(綿毛)の写真を添付します。
戸田城聖先生の生命論(まとめ)_b0312424_14323722.jpg

写真解説「丸くふわふわとしたタンポポの綿毛の写真です。背景の緑はスギナです]

生命とは何か、この世に幸福と不幸が混在しているのはなぜか、
植物とは何か、動物とは何か、宇宙とは何か、
死とは何か、どうすれば不幸から脱却できるのか、
仏とは何か、南無妙法蓮華経とは何か・・

それらの疑問に対し幾多の人々が知りたくても知ることができなかった
「究極の真理」を戸田先生は「生命論」で説き明かしてくだいさいました。
当ブログでは、その生命論を11編の記事にしました。
以下にURLを添付し、ご案内申し上げます。

1.序文(問いかけ):sokafree.exblog.jp/30442415/
2.生命は永遠不滅:sokafree.exblog.jp/30443522/
3.生と死の解説:sokafree.exblog.jp/30445308/
4.動物と植物の違い:sokafree.exblog.jp/30450135/
5.十界論(1):sokafree.exblog.jp/30450326/
6.十界論(2):sokafree.exblog.jp/30450326/
7.親子の関係:sokafree.exblog.jp/30454305/
8.仏とは何か:sokafree.exblog.jp/30454327/
9.差別の原因:sokafree.exblog.jp/30455377/
10.眷属:sokafree.exblog.jp/30456723/
11.境涯の果報:sokafree.exblog.jp/30458532/

(URLをクリック頂けると対象記事を閲覧できます)

この11の記事をまとめれば次の内容になります。

>生命とは、日蓮大聖人が命名された南無妙法蓮華経の「仏界」によって
維持されているが、生死を繰り返す中で「宿業」が形成され、
同じ環境、同じ時代に生きながらも、ある者は幸福に生きられ、
ある者は不幸に生きざるを得ず、種々に「差別」が生じる。
境涯の視点で論じるならば、宿業とは地獄、餓鬼、菩薩等、
九界に分類され、人それぞれがいずれかの境涯に固定されている。
その固定化された宿業を持った人間が、人生の中で縁にふれて、
まったく別々のことを感じ、まったく別々の結果に至るのである。
その結果、幸・不幸は千差万別になっているのである。
悪い宿業を背負っていれば、悪い果報は延々と続いてしまう。
では、その不幸をいかにして解決すればいいのであろうか。
それは「境涯を高い次元に固定化する」ことである。
そのために日蓮大聖人は御本尊を残された。御本尊に南無妙法蓮華経
(仏の名)を唱えれば、自身の生命の中にある仏界が目覚め、
生命が仏界に感応し、仏の生命になっていく。
その修行で低い次元の己の生命が高まり、やがて四聖となり、
さらに菩薩・仏へと高まり、境涯の固定場所が変わる。
境涯が変われば、エゴが利他に変わり、行動も変わり、
宿業も変わって不幸が消え、幸福が生まれる。
そのことを創価学会は「人間革命」と呼んでいる。
果報(功徳)は、個々人の果報に止まらない。
「一心一念法界に遍し(あまねし)」であり、
家族や会社などの周辺をも良くすることができるし、
死去した親も兄弟にも祈りは届き、もし仮にその死者が
不幸であっても幸福にすることができる。

(以上は、学んだ内容を個人的にまとめたもの)

尚、生命論の最後には次の内容が書かれています。

>生命の種類は三千種類であり、大別すれば十種類である。
この三千世間の変化は、一念の心に納まっている。
(中略)生命は一念三千の当体であり、
この生命が妙法蓮華経なのである。

生命の力の根元の生命を南無妙法蓮華経というのであり、
生命の肉体の働きも南無妙法蓮華経である。
この南無妙法蓮華経を御本尊を拝して題目を唱え、
仏勅(ぶっちょく)のままに折伏行に励んた時に、
おのれの生命の本質を証得しうるのである。

(折伏教典68ページ「結論」より)

所感:皆さん、いかがでしたでしょうか。納得できる人、できない人、
よく分からないという人もいらっしゃることでしょう。
事実、この理屈を頭で分かったとしても、
現実の境涯が変わる訳ではありません。

この学習を縁とし、これを信じ、これを実践することができなければ
宿命転換、人間革命を果たすことはできません。
その人間革命を果たすために創価学会の組織が存在するのであり、
学会組織から離れているようでは人間革命は果たせません。
信心は信・行・学の仏道修行です。生涯、学会から離れず、
水の信心を続け、人生の困難を乗り越えながら、
「地涌の菩薩」の大幸福を得ようではありませんか。

以上で、戸田城聖の生命論の解説を終了します。

追記:写真のタンポポの綿毛は種子であり、風に吹かれて飛んでいきます。
この綿状の種は、タンポポの智慧であり、子孫を増やすためのもの。
同じく私たちは、この偉大な仏法を永遠に伝え、残し、
多くの人々に与えてゆく使命があります。

共々に大仏法の種子を拡げてまいりましょう!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2021-03-17 04:18 | 折伏教典の研究 | Comments(2)
Commented by 千早 at 2021-03-21 15:28 x
忙しくて読めていないんですよ~(^^;
すること終わったらゆっくり楽しみに読ませていただきますね♪
亀の歩さんから朗読してある折伏教典をもらっていますがほんのちょっと読んだけどむつかしそうでやめてました。
このシリーズ見た後に読んだら理解しやすいかもしれないですね!

Commented by sokanomori3 at 2021-03-21 19:22
ぜひ、通しで読んでみてください。
生命論、スゴイですよ!^^
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書の集い
ひらがな御書
ひらがな御書に学ぶ
ひらがな御書の解説
座談会御書・解説
御書の登場人物
仏法用語
小さな一歩でしゅっぱ~つ♪
千早抄 (体験談)
千早美術館
前略 千早さま
愛別離苦
日本点字図書館見学記
新版御書の拝読
新人間革命読書感想文
聖教新聞
創価学会総本部
日蓮大聖人
池田大作先生
池田先生の詩
池田大作先生の逝去
戸田城聖先生
牧口常三郎先生
幹部指導
功徳を得る信心
創価学会の記念日
創価ニュース
学会書籍のご案内
折伏教典の研究
創価学会歌
希望の哲学
創価学会の問題
宮田幸一氏問題
妙音・自由の人
障害者スポーツ
自在の人
自在会情報
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
勤行 唱題
公明党
政治
一般書籍のご案内
管理人より
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
飼い猫ラッキ一
<別館>のご案内
創価の森通信フリーダム
学会員として生きる
体験談
地域の灯台たれ
窓際族以降の17年
私の仕事
親孝行
母の旅立ち
良死の準備
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
介護士への道2023
介護福祉士2023年5月~
介護士の転職方法
ウクレレ愛好家
ボランティア芸人
夢修行
健康づくり
怪我・病気対策
ミニマリスト
大工は魔法
料理は魔法
健康ジョギング
フルマラソン
ぼっちキャンプ
ウイスキー愛好家
雑記帳
つぶやき
俳句
ポエム
日本・世界遺産見学
経済
フェイクニュース
創価学会批判
紛争・災害ニュース
沖縄の戦争
21世紀の戦争
九州大震災
大白蓮華
グラフSGI
公明党候補一覧
新版御書の全編拝読
任用試験
老後の人生設計
他宗教
サカマキガイ駆除
日顕宗
ダイハツミラ660
太鼓
未分類

最新のコメント

非公開さん、こんにわ。 ..
by sokanomori3 at 10:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:19
菊川さんコメントすごくお..
by 千早 at 20:11
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 05:18
菊川さま、こんにちは。 ..
by キョンシー at 20:43
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:10
キョンシーさん、こんばん..
by sokanomori3 at 20:54
こんばんは。菊川さまから..
by キョンシー at 20:39
オガワさん、こんにちわ。..
by sokanomori3 at 17:16
初めてコメントさせていた..
by オガワ at 11:18
尚、キョンシーさんもそう..
by sokanomori3 at 07:19
普通に考えれば、5月に親..
by sokanomori3 at 07:08
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 07:05
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:35
菊川さま、こんばんは。 ..
by キョンシー at 19:41
キョンシーさん、こんばん..
by sokanomori3 at 19:24
菊川さま お返事ありがと..
by キョンシー at 12:11
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん ブログ配信あり..
by キョンシー at 12:10
kaisenさん、ありが..
by sokanomori3 at 06:00

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2024年 11月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護