人気ブログランキング | 話題のタグを見る

現世安穏後生善処の意味


☆人生は一編の映画のごとし.


以下に、早朝出勤時の田園の風景写真3枚を添付します。
現世安穏後生善処の意味_b0312424_04154834.jpg
現世安穏後生善処の意味_b0312424_04154876.jpg
現世安穏後生善処の意味_b0312424_04154804.jpg

写真解説「田園の向こうに太陽の光が空を照らし、川の中に一羽の鷺が佇んでいます。その反対方向(西側)には白い月が浮かび、その下に私のクルマが停車しています」

11月ともなると、早朝出勤時はまだ太陽は昇っていません。
薄暗い道を施設に向かってクルマを走らせると、
丸い大きな月が天空に輝いていたのでした。

私は月に照らされながら、一路介護施設に向かいました。
秋の終わりから冬にかけての早朝の通勤路は、
とても幻想的で美しく、身が引き締まるのです。

この日、霧がかかっていました。太陽が地平線の向こうに隠れ、
上空を照らしていましたその風景があまりに美しく、
私はクルマを停めて写真撮影をしたのです。
見ると河に一羽の鷺がじっと佇んでいました。

人生はドラマだと言われます。人生の幸せとは
そのドラマを楽しむことだと思います。

およそ幸せがお金だととか地位だとか考えているようでは、
その人はまったく幸せではありません。

地球のあらゆる所に人は生まれ、その一生を歩みますが、
与えられたその顔と姿で、その声とその活動で、幼少に遊び、
思春期を悩み、笑い、泣いて生きるのです。
やがて人生は終焉に向かい、年寄りになって
「死」というラストシーンに至ります。

人生に波のように訪れる苦難や、さまざまな苦悩も後から振り返れば
主人公の自分が演じた劇であり、その劇の中を
精一杯生きたかどうかが問われるのだと思います。

最高の人生とは不幸を克服して幸せになるという人生です。
幸せになるためには、どうしても不幸が必要です。
幸せだけの世界に幸せはありません。

個々、悲劇も喜劇もあることでしょう。失敗も敗北もある。
その中に「所願満足」という感動のドラマがあります。
私にはさいわい「信心」があり、苦難の一切を
乗り越えて今に至ったのでした。

まだ私の人生のドラマは続きますが、少なくともこんにち、
私の人生は「所願満足」であり、来世のことも
「後生善処」を確信できるのです。

日蓮大聖人は、現世安穏後生善処(げんせあんのんごしょうぜんしょ)
とお約束くださっている。冬は必ず春となるとも。

「後生善処」とは使命ある場所に、使命を持って生まれるということです。
お金持ちの宮殿に生まれるということではありません。
宮殿に生まれて、なんのドラマが生まれるでしょう。

私は貧しい家に生まれ、騒がしい世の中にもまれ、
力を付けて不幸なる人たちを救いたい。

地球のどこに生まれようと、この信心を保ち
南無妙法蓮華経を唱えて歩みたいです。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2021-11-27 04:54 | 介護士への道2021 | Comments(10)
Commented by gut at 2021-11-30 01:29 x
良い写真ですね。
最近、菊川さん、一皮も二皮も剥けましたね。(失礼な言い方かもしれませんが)
ブログ読んでいて楽しいです。
他の職員が云々、云々、人には、それぞれ境涯があり、一足飛びに仏界には至らないのですから…。
Commented by sokanomori3 at 2021-11-30 04:24
gutさん、おはようございます。

>一皮も二皮も剥けましたね。

言われてみれば・・
振り返れば、今から7年前に母が病に倒れ入院した時、
命に限りがあること、親孝行をしたいという
強い思いが生まれ、それから5年かけて
前職の引退を準備し、60歳から介護職員となって、
その転職から私の人生は大きく変わったように思います。

一皮むけたとも言えるし、幸せになったとも言えると思います。
以前が不幸だった訳ではないのですが、
どう言えばいいのでしょう。
夢が叶ったということでしょうか。

それと今までは上にいて、人々(社員)の赤裸々な姿が
見えなかったように思います。いまは末端にいるので
人々(職員)の本音や現実がはっきり見える。
まさに十界、まさに御書、学会指導の通りの世界で、
全部が腑に落ちるというか、確信できるいうか、
それにともない歓喜も何倍も大きくなりました。

それと生きる事への恐怖心や心配ことが何十倍も小さくなって、
これはきっと「余生」の力(功徳)でしょう。
★菊川広幸
Commented by at 2021-11-30 05:32 x
おはようございます。
この写真
上二枚が凄く(臨場感があります)
良いです
パソコンで拝見してこの画像ですから
実物はもっと感動的だったでしょうね。
凄いです。
Commented by sokanomori3 at 2021-11-30 06:52
華さん、おはようございます。
はい。それはそれは感動しましたよ。
この風景の縁にふれて、心が感応して・・

この朝もやの中の鷺は、何を考えているんでしょうね?

何も外国旅行して絶景を見なくても、
通勤時間に見れるのですから
何という幸せでしょう(笑い)

本当はずっと眺めていたかったので、
その点は少し残念ですが・・

キャンプで、こんな風景を見れたら最高でしょう。
でも、チャンスはなかなかないでしょうね。
★菊川広幸
Commented by at 2021-12-01 07:22 x
菊川さん、おはようございます。
はい、私も鷺の写真が好きです
動画にはない
贅沢さを感じます。
これはどこかのコンクールに出品した方が多くの方に感動もしてもらえるので、お勧めします(笑)
時を留めた瞬間、
静けさの中に呼吸を感じました。
タイトルがストーリーとなってこの写真を
紡いでいるんですかね?
菊川さんがこれから、生命を使ってお仕事に向かわれるときだからこそ、この場面に出会えたように思え、ストーリーを感じます。凄いですね写真だけでここまで語れるなんて(笑)おめでとうございます。
特に鷺と鷺の影が気に入ってます
存在感が静けさを増してます
仰る通りその中、時(映画)の主人公?鷺は何を考えているんでしょうね~
というコメントが言い得て妙です。
出品する際のタイトルに使ってもいいかもしれません♪
Commented by sokanomori3 at 2021-12-01 20:33
華さん、こんばんわ。

写真は少々ボケていて、コンクールには出せそうにありません。
「静けさ」は本当に静かな朝でした。
鷺はじっと動かず、音もなく・・
たしかに贅沢そのものでした^^
★菊川広幸
Commented by at 2021-12-17 12:10 x
こんにちは
>写真は少々ボケていて、コンクールには出せそうにありません。
とのこと。。
はい、このボケ感が時を留めた瞬間らしさなのだと思います。
何か写真のコンクールにはどう表現したら良いのかわからないですが
精度?パソコンで言うと解像度の精度が必要でしたか?

Commented by sokanomori3 at 2021-12-19 12:09
華さん、こんにちわ。
長くコメントを見過ごしていました。
そうです。解像度の精度が悪いんです。
ポケットかめらですから。
一眼レフだといいのですが^
持ち歩かないですからね。
★菊川広幸
Commented by at 2022-01-08 05:20 x
おはようございます
ポケットカメラでこのボケ感が
静けさを醸し出している。。
凄いですね
素敵な瞬間をありがとうございました。
Commented by sokanomori3 at 2022-01-08 20:38
華さん、ありがとうございます。
千載一遇のチャンスでした。
偶然の瞬間でした^^
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護