人気ブログランキング | 話題のタグを見る

喧嘩両成敗


☆「世間知らず」どっち?


日本は平和というか、言論の自由が無限大というか、
あるいは野次馬根性のマスコミがやりたい放題というか、
「クダラナイ」論議が時々発生してしまう。

そのくだらない出来事の一つを以下に添付する。
→sokamori2.exblog.jp/23861072/

これは麻生氏が「渦中」を「うずなか」と読んだことに、
黒海やマスコミがバカ騒ぎをした時のもの。
私はこういう馬鹿げた騒ぎが嫌でたまらない。

この度、日本銀行・黒田東彦総裁の発言が波紋を呼んでいる。

>黒田総裁は日本経済が新型コロナウイルス禍から回復途上にあるということを理由に挙げ、「金融引き締めを行う状況にはない」と述べた。さらに、商品やサービスの値上げが相次いでいることに関連して「家計が値上げを受け入れている間に、良好なマクロ経済環境をできるだけ維持し、賃金の本格上昇につなげていけるかが当面のポイントだ」と語り、家計が値上げを受け入れ始めた背景としては「ひとつの仮説」とした上で、新型コロナウイルス禍の行動制限による「強制貯蓄」が関係していると私見を述べていた。この「値上げを受け入れている」発言を巡っては国会で、その意図を問う質問が続出。黒田総裁は衆院財務金融委員会で「家計は苦渋の選択として値上げを受け入れている。表現は適切ではなかった」と、発言の撤回に追い込まれた・・

この発言で、ネット上に様々な批判が巻き起こったという。

>「マジで世間知らず」「誰が受け入れてんだよ!強制されてるんやろが!」
「何言ってんだこの人。その間の景気悪化の責任とりなよ」
「手取月給20万円で1年間生活してみてから言ってくれない?」
>「値上げラッシュが続くも、給料が上がらない日本の現状を
 自分の目で見て確かめてほしいものだ」

こうして、マスコミは全国民が怒っているかのように炊きつけるのです。
私は個人的に黒田総裁の発言をオカシイとは思いません。
「そりゃそうだよね」と普通に認識するばかりで。

黒田氏は「ひとつの仮説」と前置きし、ウクライナでの
戦争やコロナ問題によって動乱する世界情勢から
「家計が値上げを受け入れている」と言った。

勿論、それは「仕方なしに受け入れている」訳ですが、
黒田氏とてそれは当然、知っていることです。
(そんなことは百も承知でしょう)

一方、ネットなどの声は正しいのでしょうか?
発言者は「世間をく知っている」のでしょうか?
「景気悪化の責任を取る」ほど黒田氏は問題なのでしょうか?

私は60歳以降「手取月給20万円」で2年以上生活している」のですが、
だからと言って怒りはないし、むしろ黒川氏が言うように
「値上げを受け入れている」のです。というか、
現在発生しているインフレは「当然のこと」で、
だから倹約するし、工夫するのです。

※私はバブル経済を体験した一人として、あの異常なカネ余りには
強く反発し、「これは異常だ!」と思っていました。
今、日本はバブルとは反対の立ち位置ですが、
まだバブルの方がオカシイと思います。

世界の実情を見て、歴史を見て、今の日本人の生活水準を見て、
日本がとんでもなくオカシイ国とは到底思えないし、
今の状態はまだ許容範囲の動乱と感じます。

もし、耐えらないほどの生活へのダメージがあるなら、
(勿論、世の動乱の影響を受けているに違いないが)
そもそもその苦しい生活になった「自分の責任」について
発言者たちはどう思っているのでしょう?

人生は甘いものではない。将来のリスクを考えて生きなければならない。
環境の変化に対応できなかった自分自身の問題だってあるだろうし、
たとえ手取り20万円でもやれなくはないし、
仮に20万円で足りないなら、より多く稼ぐための
努力をすべきことも同時にあるでしょう。

ある人は黒田氏の発言に怒り、ある人は「そうだよな」と共感する。
ある人は工夫して生き延びるし、ある人はふさぎ込む・・

仮に、病気などで生活が破たんするのであれば、
日本政府はちゃんと生活支援もしてくれるでしょうから、
私としては「素晴らしい国」としか思えないです。

私はこの騒動は「どっちもどっち」と感じます。
喧嘩両成敗の類で、一番の問題はマスコミでしょう。

※喧嘩両成敗:喧嘩や争いを、どちらの主張をも認めない形で落着させること。

くだらないバカ騒ぎについて、こんなにも長文の記事に
することはさらにバカバカしいことです。

かくいう私は「世間知らず」の一人で、これまたなさけない
限りなのですが、でも、少なくともある程度は
「自分の問題」だけは知っているつもり。

宿業(原因のは自分にある)という哲理を知っているから、
この種のことに怒りは生まれないのです。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2022-06-14 05:23 | 紛争・災害ニュース | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:17
天翔る人さん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 19:24
いつも楽しく拝見しており..
by 天翔る人 at 14:38
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:39
こんなにすごい忙しく大変..
by 千早 at 23:00
あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護