人気ブログランキング | 話題のタグを見る

国境なき時代に排他的孤立の画策は不可能


☆世界市民的人間像の価値.



創価新報のタイトル“グローバルな視野と人類益”を添付します。
国境なき時代に排他的孤立の画策は不可能_b0312424_15465310.jpg


創価新報に1990年3月1日のアルゼンチン・ブレノスアイレス大学の
池田先生の公演内容が紹介されていました。
以下にその内容の一部(趣意)を抜粋します。

>今、世界は、ボーダーレス(国境なき)時代を迎えています。
昨年末、東西冷戦の象徴であった“ベルリンの壁”が崩壊しました。
私自身、かつてそこを訪ねた一人として、まことに
感慨深く、この時代の回転を見つめました。
政治であれ、経済であれ、世界の相互依存は
一層、緊密化しており、いかなる国家も体制も
排他的孤立は不可能になっています。

現代は巨視的に見れば、二度の世界大戦をはじめ「対立と分断」の
悲劇に覆われてきた歴時の歯車が、新しい「共存と調和」の
秩序を模索し、動きはじめた「大いなる過渡期」と言ってよい。
・・その前途には幾多の難問が濃霧のように
垂れ込め、混とんとしております。

>そうした中にあって、21世紀へ向けての最大の課題はなにか。
私はナショナリズムとグローバリズムをどう融合させるか、
すなわちグローバリズムを志向し、どう
ナショナリズムの新しい秩序づけを行うのか、
という問題であると思います。

それは例えば、ソ連や東欧諸国における民族運動の沸騰や
ドイツ統一、1992年に予定されている
欧州連合の問題などにも“ポスト。「・ヤルタ”の
世界が直面する最大の試練としてすでに
先鋭的に現れております。もし、対応を誤れば
収拾のつかない混乱を招くことは必至であり、
地平線上に顔をのぞかせたグローバリズムの太陽も、
たちまち黒い雲に覆われてしまうでしょう。

今、私の脳裏には、この一月に会談した貴国の
デ・ラ・グァルディア駐日大使の一言が蘇るのです。
それは、私が貴国の国民性について伺った折りに、(中略)
その特質を「融合の地」と表現されておりました。
まことに素晴らしい洞察であり、特質であると思います。
(中略)私はこの「融合の地」という溶鉱炉に
限りない可能性がたぎる音を聴き取る思いがするのです。

(創価新報・2022年7月20日より)

池田先生は、このスピーチの後、「グローバルな視野と人類益の発想に立つ」
ことの重要性を説かれ、“地球主義”を提唱され2022年(令和4年)、
グローバリズムを破壊するナショナリズムが台頭しました。
ロシアはウクライナ併合を狙って侵攻し、中国は
台湾併合を狙って驚異的な軍事演習を展開しています。

ロシアと中国は調和ではなく対立、繁栄のための暴力による
権益の拡大に舵をきりました。これに対し、
米国・欧州は経済制裁で対抗しましたが、
致命的打撃を与えることはできていません。

まさに池田先生が言われたスピーチそのものです。

>対応を誤れば収拾のつかない混乱を招くことは必至であり、
地平線上に顔をのぞかせたグローバリズムの太陽も、
たちまち黒い雲に覆われてしまうでしょう・・

その解決の方途は「共存と調和」の秩序を話し合える
「地球主義」しかありません。

ナショナリズムの典型であるロシアと中国とをどうするのか・・
その解決を人類は果たさなければなりません。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2022-08-10 05:34 | 池田大作先生 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん、おはようござい..
by いつも at 08:22

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護