人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新潟・長野の不思議な旅④


☆壮絶無比「無言館」


無言館の建物入り口とパンフレットの写真です。
新潟・長野の不思議な旅④_b0312424_11453159.jpg
新潟・長野の不思議な旅④_b0312424_11453145.jpg

写真解説「大自然に囲まれたコンクリート造りの無言館とパンフレット」

無言館という美術館が長野県にあります。奇妙な名称に
最初「一体、なんだろう」と思いました。

それは東京美術大学の卒業生が、画家を目差しながらも
戦地に赴き、戦死したり、行方不明になったり、
あるいは戦地で病魔に襲われ、帰国するも
再起できず、死去した二十代、三十代の
若者が残した油絵が展示されている美術館です。

人里離れた山の上にぽつんと存在する建物は、
生コンクリートの質素な作りで、入り口はまるで
一般民家のように小さく、美術館としては
とても質素で貧弱な木のドアでした。

ドアらしかなる粗末な扉を開けると薄暗い空間になっていて、
そこにずらりと油絵が描けられているのでした。
絵は風化して輝きを失っています。

作者の名前の横には、戦死した場所が記されていました。
ある人はビルマ、ある人は中国(満州)、
ある人はフィリピン、ある人はシベリアで
「戦没」していて、同じ大学を出て
それぞれが別々の世界で死んだのです。

かの太平洋戦争が、いかに広域で戦われたのか、
戦没者の最終地点が教えてくれました。

私が最も印象的だったのは「自画像」でした。
自画像というのは知っていたのはゴッホぐらいで、
そもそも自画像というは、買って
自宅に飾ろうとは思わない、いわゆる
「売れない」絵なのです。

戦場に出向く前に書かれた「自画像」は、
売るためのものではなく、売れるものでもなく、
ただ、じっと自分を見つめて描いたもの。
人生を終えるには早過ぎる彼らが、
「自分とは何ものか」と凝視しているようで、
その情念が絵から迫って来て、息が止まるような
思いで見つめる自分がありました。

この人は何を思い戦場に行ったのだろうか。
銃弾は体のどこに当たったのだろうか。
あゝこの人は輸送船と共に海に沈んだのか・・
この人は極寒のシベリアで死んだのか・・

家族の悲しみ、無残に打ち砕かれた画家の夢、
戦場への遠い道のり、そして死・・

拝観して、出口で入館料を払い外に出ました。
出口は入口よりもっと殺風景でした。
ただ、山の木々の緑が救いでした。

もし冬なら、もっと切なくなるだろうし、
悲しくなることでしょう。

次の記事は、→ここをクリック!



ブログトップへ

by sokanomori3 | 2023-07-23 03:43 | 日本・世界遺産見学 | Comments(2)
Commented by つくだ煮 at 2023-07-23 13:32 x
「無言館」のドラマ、昨年の24時間テレビで観て この美術館のことを初めて知りました。亡くなられた方々や恋人、家族の思いを想像するのは とてもつらく、目を背けてはいけないことだけれど、行ってみたいような行ってみたくないような、複雑な気持ちになったことを思い出しました。ドラマの内容は24時間テレビを検索すると今も出てきます。悲しいですね。
Commented by sokanomori3 at 2023-07-24 05:02
つくだ煮さん、おはようございます。
そうでしたか・・
私はまったく知らなかったのです。
奥さんのプランで行って、
そもそも「無言館ってなに?」と聞くと、
戦場に行く前に書いた絵がある美術館だと言われ、
何を描いたのだろう?
私なら何を描くのだろう?
そんなことを考えて行きました。
まるで墓標のような建物なのです。
墓の中に沢山の遺品があるかのような・・
言葉にすると軽くなってしまうのですが、
すごかったです。重かったです。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書の集い
ひらがな御書
ひらがな御書に学ぶ
ひらがな御書の解説
座談会御書・解説
御書の登場人物
仏法用語
小さな一歩でしゅっぱ~つ♪
千早抄 (体験談)
千早美術館
前略 千早さま
愛別離苦
日本点字図書館見学記
新版御書の拝読
新人間革命読書感想文
聖教新聞
創価学会総本部
日蓮大聖人
池田大作先生
池田先生の詩
池田大作先生の逝去
戸田城聖先生
牧口常三郎先生
幹部指導
功徳を得る信心
創価学会の記念日
創価ニュース
学会書籍のご案内
折伏教典の研究
創価学会歌
希望の哲学
創価学会の問題
宮田幸一氏問題
妙音・自由の人
障害者スポーツ
自在の人
自在会情報
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
勤行 唱題
公明党
政治
一般書籍のご案内
管理人より
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
飼い猫ラッキ一
<別館>のご案内
創価の森通信フリーダム
学会員として生きる
体験談
地域の灯台たれ
窓際族以降の17年
私の仕事
親孝行
母の旅立ち
良死の準備
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
介護士への道2023
介護福祉士2023年5月~
介護士の転職方法
ウクレレ愛好家
ボランティア芸人
夢修行
健康づくり
怪我・病気対策
ミニマリスト
大工は魔法
料理は魔法
健康ジョギング
フルマラソン
ぼっちキャンプ
ウイスキー愛好家
雑記帳
つぶやき
俳句
ポエム
日本・世界遺産見学
経済
フェイクニュース
創価学会批判
紛争・災害ニュース
沖縄の戦争
21世紀の戦争
九州大震災
大白蓮華
グラフSGI
公明党候補一覧
新版御書の全編拝読
任用試験
老後の人生設計
他宗教
サカマキガイ駆除
日顕宗
ダイハツミラ660
太鼓
実家の解体
未分類

最新のコメント

kaisenさん、おはよ..
by sokanomori3 at 06:15
菊川さん、こんにちは..
by kaisen at 16:58
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 08:02
kaisenさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:32
菊川さんこんにちは。..
by kaisen at 18:07
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:05
菊川さん、マンドリンのコ..
by 千早 at 13:18
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:57
聖教新聞 6月22日の名..
by 千早 at 19:50
菊川さん、コンサート本当..
by 千早 at 19:47
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:09
おはようございます。 ..
by 千早 at 07:00
つくだ煮さん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:24
現役引退初日、おめでとう..
by つくだ煮 at 00:00
非公開さん、こんにわ。 ..
by sokanomori3 at 10:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:19
菊川さんコメントすごくお..
by 千早 at 20:11
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 05:18
菊川さま、こんにちは。 ..
by キョンシー at 20:43
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:10

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2024年 11月
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護