人気ブログランキング | 話題のタグを見る

母の検査入院


☆余命二週間の診断.


私の父は2001年3月23日に71歳で死去しました。
当時、私は41歳でした。今、私は64歳です。
そして先日、母が85歳で亡くなりました。

父を失って23年間、母は一人で岡山で生活していました。
18歳で東京に出た私は、親孝行をいかに果たすかを
ずっと悩み続け、ことあるごとに
できるかぎりのアプローチをしてきました。
そして、そのアプローチはこれからも
何年も続くだろうと考えていました。

振り返れば、今から10年前に母が病に倒れた時、
母の命には限りがあり、必ず死ぬであろうことを実感しました。
以来、私は具体的な親孝行について真剣に考え、
その方途を模索、確定したのです。

それは当時56歳だった私が、60歳で会社を引退して
次に介護の仕事をして、母が衰弱したら
一緒に暮らすというシナリオでした。
独り暮らしの母ですが、最期は淋しい
思いを絶対にさせないと決意したのです。

以下に、その最初のアクションを書いた
8年前の記事を以下に示します。

→sokafree.exblog.jp/26155848/

※この記事の内容は、介護資格「初任者研修」の
説明会に参加した時のものです。

父を失ったとき、私は父の支援を何もできませんでした。
ただ一度、父の髭を剃ったことがありました。
その時の父の笑顔は忘れ得ぬ思い出になっています。
父は、死に際し次のように語りました。

「わしは死ぬことなんかちっとも怖くないぞ・・
お母ちゃんを頼むな・・」

これが父の最後の言葉でした。
以下に、当時を語った記事を示します。

→sokanomori.exblog.jp/11207643/

私は母の晩年に際し、できる限りのことをしたいと考え、
以降、いくつもの支援を行ってきました。
遠方でもあるし、できることは限られましたが、
出来る限り先手を打ってきました。

本年(2024年)初頭、私は複数の親戚に連絡を入れました。

「今年の5月18日(土曜日)に母と伺います。
元気なうちにぜひ会ってください」

ホテルの予約、レンタカーの手配も済ませました。
そして母は3月末まで元気でした。

親戚も母との再会を楽しみにしてくれていました。
私の希望は大きく膨らみ、今年一番の
イベントの準備を加速させました。

ですが、4月初頭に母の体調が悪くなったのです。
私の奥さんが急遽帰郷して付き添い、
4月11日に検査入院しました。

そして12日、「余命二週間」を告げられたのです。
胆のう癌でした。すでに各所に転移があり、
数日後、腹水を抜く処置が施されました。

私は4月13日に帰郷して一週間滞在しました。
母の意識ははっきりしていて苦痛は少なく、
個室で手厚い看護を受けていました。

この母が亡くなったのは4月27日AM10時です。
余命二週間の宣告の通りの死去でした。
母の葬儀は5月3日に行われました。

今、母の遺骨は茨城の私の自宅の仏壇にあります。
私は7月から岡山に帰郷して、母の死去後の
手続きをする予定になっています。

予定していた親戚回りの直前に母が入院・死去したことは、
読者の皆さまからすれば驚きのことでしょう。
ですが、実はとても不思議なのですが、最高の形での
母の死であり、葬儀でありました。

さらに申し上げれば、わが母の死は誇りが持てる、
大きな感動を伴う旅立ちとなりました。

そのことを、私はしっかりと皆さまに
ご報告させていただきたいですし、
これからの私の予定もお伝えしたいのです。

尚、この記事より「母の旅立ち」と題し、
シリーズでご報告申し上げます。

内容は、この記事を含め以下の10篇とします。
(現段階の予定です)

①母の検査入院(余命二週間の診断)
②帰郷(母の死の受け止め方)
③親戚への連絡(イベントの中止)
④最後の母との対話(一時、茨城へ)
⑤訃報(死去した母との対面)
⑥通夜(感謝の勤行・題目)
⑦告別式(5・3の葬儀)
⑧遺骨との生活(幸せ)
⑨決意(これからの予定)
⑩霊山への旅立ち(まとめ)

これから私の母の死の体験(真実)を語ります。
最後までご覧いただければ幸いです。

次の記事は、→ここをクリック!



ブログトップへ

by sokanomori3 | 2024-05-30 05:43 | 母の旅立ち | Comments(7)
Commented by リストラおやじ at 2024-05-30 07:03 x
お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。お題目送ります。
Commented by 夕焼け at 2024-05-30 18:28 x
知りませんでした。
追善の題目を送らせていただきます。
 
Commented by sokanomori3 at 2024-05-31 04:21
リストラおやじさん、夕焼けさん、
ご安心ください。
母は一点の曇りなく、
清く美しく旅立ちました。
ありがとうございます。
★菊川広幸
Commented by レオ at 2024-05-31 14:10 x
ご冥福を心よりお祈りします。
自分も83歳になる母がいます。
残された時間を大切にと祈る日々です。
ご自身のお体ご自愛ください。
Commented by sokanomori3 at 2024-06-01 04:27
レオさん、おはようございます。
私の母とほぼ同年齢ですね。
ありがとうございます。
★菊川広幸

Commented by kaisen at 2024-06-02 20:11 x

お悔やみ申し上げます。
Commented by sokanomori3 at 2024-06-03 06:00
kaisenさん、ありがとうございます。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書の集い
ひらがな御書
ひらがな御書に学ぶ
ひらがな御書の解説
座談会御書・解説
御書の登場人物
仏法用語
小さな一歩でしゅっぱ~つ♪
千早抄 (体験談)
千早美術館
前略 千早さま
愛別離苦
日本点字図書館見学記
新版御書の拝読
新人間革命読書感想文
聖教新聞
創価学会総本部
日蓮大聖人
池田大作先生
池田先生の詩
池田大作先生の逝去
戸田城聖先生
牧口常三郎先生
幹部指導
功徳を得る信心
創価学会の記念日
創価ニュース
学会書籍のご案内
折伏教典の研究
創価学会歌
希望の哲学
創価学会の問題
宮田幸一氏問題
妙音・自由の人
障害者スポーツ
自在の人
自在会情報
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
勤行 唱題
公明党
政治
一般書籍のご案内
管理人より
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
飼い猫ラッキ一
<別館>のご案内
創価の森通信フリーダム
学会員として生きる
体験談
地域の灯台たれ
窓際族以降の17年
私の仕事
親孝行
母の旅立ち
良死の準備
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
介護士への道2023
介護福祉士2023年5月~
介護士の転職方法
ウクレレ愛好家
ボランティア芸人
夢修行
健康づくり
怪我・病気対策
ミニマリスト
大工は魔法
料理は魔法
健康ジョギング
フルマラソン
ぼっちキャンプ
ウイスキー愛好家
雑記帳
つぶやき
俳句
ポエム
日本・世界遺産見学
経済
フェイクニュース
創価学会批判
紛争・災害ニュース
沖縄の戦争
21世紀の戦争
九州大震災
大白蓮華
グラフSGI
公明党候補一覧
新版御書の全編拝読
任用試験
老後の人生設計
他宗教
サカマキガイ駆除
日顕宗
ダイハツミラ660
太鼓
未分類

最新のコメント

キョンシーさん、こんばん..
by sokanomori3 at 20:54
こんばんは。菊川さまから..
by キョンシー at 20:39
オガワさん、こんにちわ。..
by sokanomori3 at 17:16
初めてコメントさせていた..
by オガワ at 11:18
尚、キョンシーさんもそう..
by sokanomori3 at 07:19
普通に考えれば、5月に親..
by sokanomori3 at 07:08
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 07:05
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:35
菊川さま、こんばんは。 ..
by キョンシー at 19:41
キョンシーさん、こんばん..
by sokanomori3 at 19:24
菊川さま お返事ありがと..
by キョンシー at 12:11
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん ブログ配信あり..
by キョンシー at 12:10
kaisenさん、ありが..
by sokanomori3 at 06:00
お悔やみ申し上げます..
by kaisen at 20:11
いつもさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:59
菊川さん、この度はお悔や..
by いつも at 00:36
レオさん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:27
ご冥福を心よりお祈りしま..
by レオ at 14:10
リストラおやじさん、夕焼..
by sokanomori3 at 04:21

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2024年 11月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護