人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東京都知事選2024の結果


ps://www.youtube.com/watch?v=4llXS6uKxFE
東京都知事選2024の結果_b0312424_06123457.jpg

写真解説「小池百合子氏と蓮舫氏の写真。youtubeは都知事選の評価」

立憲民主の蓮舫氏が挑んだ2024年東京都知事選挙、
その結果は以下の通りでした。

>開票結果によると、小池氏の得票数は計291万8015票(得票率42・77%)。前回2016年都知事選の366万1371票より約74万票減らした。次点は前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏(41)で計165万8363票(24・30%)、立憲民主党参院議員の蓮舫氏(56)は計128万3262票(18・81%)で3位に沈んだ。

(ネットニュースより)

この都議選の評価を語るyoutubeを添付します。
→youtube.com/watch?v=4llXS6uK

私は小池さんが勝つ、蓮舫氏は勝てないと思っていました。
その一番大きな理由は、東京都民が
「大きな不満を持っていない」からです。
「安定」を望んでいるからです。

能登半島の大地震、不透明感を増す国際情勢・・
ニーズは「普通であればいい」でしょう。
その中で蓮舫氏がいくら批判しても
心に響かないし、むしろリスクと
考えるのではないでしょうか。

勝つと知れた選挙で勝つべき人が勝って、
それ以上の感想はありませんが、
ただ、落選した蓮舫氏の
“マインド”には興味があります。

>今、どんな気持ちなんだろう・・

そもそも勝つ可能性がほとんどない候補は
なぜ戦ったのでしょうか?
お金持ちの道楽なのでしょうか。

お金だって、時間だって選挙をすれば消えてなくなる。
負けることが分かっているのに
チャレンジする、その理由が見えない。

ともあれ、蓮舫氏は立候補の段階では
「勝てる」と踏んだのでしょう。
なぜなら負ければ、バカげた挑戦
だったということになる。

おそらく蓮舫氏は夢を見たのだと思います。
勝てると信じて挑戦したのでしょう。
でもその夢は現実のニーズと合っていなかった。

蓮舫さんの発言には「希望」がなかったのです。
「批判」しかなかった。「若者支援」の政策はあったけど、
有権者の多くは若者ではありません。
加えて、政治的テクニックから言えば、
共産党の応援を受け入れてしまったことは
最悪の結果を生じさせたと言える。

共産党の参入で、いくつもの営利団体が
蓮舫氏の支援をしなかった。

なぜでしょう?

それは共産党は今般の中国の異常な政治と
おなじロジックだからです。

こういう政党が都政に影響力を持ったら、
恐ろしいことになるからです。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2024-07-08 06:08 | 政治 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書の集い
ひらがな御書
ひらがな御書に学ぶ
ひらがな御書の解説
座談会御書・解説
御書の登場人物
仏法用語
小さな一歩でしゅっぱ~つ♪
千早抄 (体験談)
千早美術館
前略 千早さま
愛別離苦
日本点字図書館見学記
新版御書の拝読
新人間革命読書感想文
聖教新聞
創価学会総本部
日蓮大聖人
池田大作先生
池田先生の詩
池田大作先生の逝去
戸田城聖先生
牧口常三郎先生
幹部指導
功徳を得る信心
創価学会の記念日
創価ニュース
学会書籍のご案内
折伏教典の研究
創価学会歌
希望の哲学
創価学会の問題
宮田幸一氏問題
妙音・自由の人
障害者スポーツ
自在の人
自在会情報
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
勤行 唱題
公明党
政治
一般書籍のご案内
管理人より
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
飼い猫ラッキ一
<別館>のご案内
創価の森通信フリーダム
学会員として生きる
体験談
地域の灯台たれ
窓際族以降の17年
私の仕事
親孝行
母の旅立ち
良死の準備
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
介護士への道2023
介護福祉士2023年5月~
介護士の転職方法
ウクレレ愛好家
ボランティア芸人
夢修行
健康づくり
怪我・病気対策
ミニマリスト
大工は魔法
料理は魔法
健康ジョギング
フルマラソン
ぼっちキャンプ
ウイスキー愛好家
雑記帳
つぶやき
俳句
ポエム
日本・世界遺産見学
経済
フェイクニュース
創価学会批判
紛争・災害ニュース
沖縄の戦争
21世紀の戦争
九州大震災
大白蓮華
グラフSGI
公明党候補一覧
新版御書の全編拝読
任用試験
老後の人生設計
他宗教
サカマキガイ駆除
日顕宗
ダイハツミラ660
太鼓
実家の解体
未分類

最新のコメント

kaisenさん、おはよ..
by sokanomori3 at 06:15
菊川さん、こんにちは..
by kaisen at 16:58
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 08:02
kaisenさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:32
菊川さんこんにちは。..
by kaisen at 18:07
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:05
菊川さん、マンドリンのコ..
by 千早 at 13:18
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:57
聖教新聞 6月22日の名..
by 千早 at 19:50
菊川さん、コンサート本当..
by 千早 at 19:47
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:09
おはようございます。 ..
by 千早 at 07:00
つくだ煮さん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:24
現役引退初日、おめでとう..
by つくだ煮 at 00:00
非公開さん、こんにわ。 ..
by sokanomori3 at 10:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:19
菊川さんコメントすごくお..
by 千早 at 20:11
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 05:18
菊川さま、こんにちは。 ..
by キョンシー at 20:43
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:10

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2024年 11月
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護