Introduction


創価の森通信
FREEDOM


youtube「千の風になって」を以下に添付します





☆創価の森通信は創価学会自在会の同志と一緒に歩むブログです。
以下は別ブログの最新記事です。(別館は音声ソフト対応ではありません)
2018年2月26日 <別館> 血の涙を流した学会員のこと
2018年2月25日 <ひらがな御書> 274.法華経題目抄
2018年2月24日 <ひらがな御書> 273.滝泉寺申状
2018年2月24日 <別館> 御書に阿部日顕を発見しました
2018年2月19日 <別館> 2018年度上半期の運勢(12星座一覧)
2018年2月18日 <ひらがな御書> 272.当体義抄送状
2018年2月18日 <ひらがな御書> 271.一念三千法門



一部の許可画像を除き、創価の森ブログ内の画像関係のコピー・転載等の無断使用を禁じます。「魚拓」にとることも禁じます。

ひらがな御書ホームページここをクリック!


にほんブログ村

# by sokanomori3 | 2018-11-01 01:01

私は大原庄助さんかもしれない


☆朝寝を習慣にするラッキー.


四六時中寝ているわが家の飼い猫ラッキー写真を示します。
b0312424_11142892.jpg


昨日、「大原庄助さんになりたい」と申し上げました。
その記事URLを以下に添付します。
sokafree.exblog.jp/28158596/

私は大原庄助さんではありませんが、ラッキーは・・
「私は大原庄助さんかもしれない」と申しております。(笑い)
猫というのは、四六時中寝ていて、朝寝どころか、昼寝、夕寝、夜寝します。
ただし、風呂嫌いなので風呂には入らず、酒も飲みません。
でも、まあ、大原庄助さんの眷属なんです。

月曜の朝から、気合の入らない記事でスミマセン。
次回は気合の入る記事を書きます!

尚、<別館>には気合の入った記事を書きました。
その記事は、→ここをクリック!



この記事は後日消去します。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-26 05:37

大原庄助さんになりたい


☆ワガママに生きてみたい.


読者の皆さま、おはようございます。

真面目に生きてばかりの2月末の日曜日の朝です。
少々、くたびれています。背中と肩がこっています。
先週も先々週も、もみほぐしに行きたかった。
でも行けませんでした。やること一杯あって。

1日ぐらい、ワガママに生きてみたい気もするのです。
今日はありのままの希望を語りたいと思います。

まず、朝散歩。20キロのオモリを背負って5キロほど。
公園でストレッチ。入念にやりたい。
帰宅後、風呂に入り、丹念に体を洗う。
清潔な服を着る。歯を磨き、耳掃除して、爪を切る。
ただしヒゲは剃らない。知り合いにも会わない。
それから「もみほぐし」の店に行く。
上半身をたっぷりもみもみしてもらう。

昼食を食べつつビールを飲む。(笑い)
気持ちよくなったところで昼寝する。(爆笑)
起きてボーとしながら生鮮食品スーパーに出向き買い物。
夕飯のおかずを仕込む。また風呂に入る。
手作り料理で夕飯を食し、日本酒の熱燗を飲む。
このとき、たっぷりニンニクを食べる。
夕食後、猫と戯れるがニンニク臭で逃げられる。(笑い)

酔っぱらって、いつの間にか寝てしまい朝になる。
翌日は会社の予定を仮病でキャンセルする・・
そういう大原さんになってみたい・・

けれど、そんなふうに生きられないのです。
今日は御書学習会があり、また、友人と会わなければならない。
まして仮病なんてできないですしね。

昨夜は本当はニンニク料理を無性に食べたかった。
でも協議会だったし、夕飯は質素なものでした。
なかなか大原さんにはなれませんね。
でも、これも仏道修行です。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-25 07:54 | つぶやき | Comments(2)

功徳を得られない理由


☆法華経の心に背けば功徳なし.


新池御書1439の御文を以下に示し所感を述べます。
最初にひらがな文、後に原文を示します。

つらつら せけんの ていを かんずれば ひと みな この きょうを しんじてには
きょうかんを にぎると いえども きょうの こころに そむく あいだ
あくどうを まぬがれがたし
たとえば ひとに みな 5ぞう あり
1ぞうも そんずれば その ぞう より やまい いできて
あまりの ぞうを やぶり ついに いのちを うしなうが ごとし
ここを もって でんぎょうだいしは「ほけきょうを さんすと いえども
かえって ほっけの こころを ころす」とう うんぬん
もんの こころは ほけきょうを たもち よみ たてまつり ほむれども
ほっけの こころに そむきぬれば かえって しゃくそん じっぽうの しょぶつを
ころすに なりぬと もうす こころ なり
ついに せけんの あくぎょう しゅうざいは しゅみの ごとく なれども
この きょうに あい たてまつりぬれば
しょざいは そうろの ごとくに ほけきょうの にちりんに あい たてまつりて きゆべし
しかれども この きょうの じゅうしほうぼうの なかに
ひとつも ふたつも おかしぬれば その つみ きえがたし.

倩世間の 体を 観ずれば 人 皆 口には 此の経を 信じ
手には 経巻を にぎると いへども
経の心に そむく間 悪道を 免れ難し
譬えば 人に 皆 五臓あり
一臓も 損ずれば 其の 臓より 病 出で来て
余の臓を 破り 終に 命を失うが如し
爰を以て 伝教大師は 「法華経を 讃すと雖も 還つて 法華の心を 死す」等 云云
文の心は 法華経を 持ち 読み 奉り 讃むれども
法華の心に 背きぬれば 還つて 釈尊 十方の 諸仏を 殺すに成りぬと 申す意なり
終に 世間の 悪業 衆罪は 須弥の如く なれども 此の経に あひ 奉りぬれば
諸罪は霜 露の如くに 法華経の 日輪に 値い 奉りて 消ゆべし
然れども 此の経の 十四謗法の 中に 一も二も をかしぬれば 其の罪 消えがたし.



法華経をたもち読み、讃めていても、法華経の心に背くならば、
釈尊・十方の諸仏を殺しているに等しく、宿命転換できないとのご指導です。
御本尊に祈って行動しても、仏になるのではなく魔になることは日顕宗が実証済み。
学会員であっても、大聖人の仏法に背けば結果は出ません。

過去の記事で、私は以下の内容を記しました。

「祈りが叶わない」という人がいるが、何故だろう。
おそらく、祈りの叶わない人は、祈っていても行動していないか、
真剣に祈れていないのではないか・・

この記事URLを以下に示します。
sokanomori.exblog.jp/13976309/


もしも、祈って、行動していても功徳が得られないなら、
「法華経の心に背く」何かがあるのかも知れません。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-24 06:57 | Comments(5)

ホンダジェット首位


☆戦闘機のようなフォルム.


日経新聞のホンダジェット記事写真を以下に添付します。
b0312424_23021899.jpg

写真解説「2017年度販売実績首位となったホンダの小型ジェット機の新聞記事の写真です」

連日、冬季オリンピックのメダル獲得ニュースが続いている。
いつも悲惨な事件のニュースが多い報道が、にわかに明るくなっている。
その只中に、さらに輝かしいニュースが登場した。
ホンダのジェット機の2017年度販売実績が、小型部門で世界シュア首位になった。
以下に、その記事内容を抜粋し、所感を述べる。

ホンダのビジネスジェット機の2017年の納入帰趨が43機となり、
米セスナ社の主力機を抜いて首位となった。
燃費性能の良さや室内空間の広さが評価された。
ホンダジェットは2015年末に米国航空局の認証を得て100機以上の受注を抱えていたが、
初年度の16年は生産ノウハウが不足し23機の納入にとどまった。
17年は、セスナの主力機の販売実績を上回り、機種別で首位となった。
ホンダジェットの価格は450万ドル(約4億8000万円)。
ホンダの自動車部門、二輪車部門から見れば航空機の売り上げは小さいが、
将来は自動車などに続く収益源に育てる。
ホンダジェットは、燃費性能が競合機種とくらべ約20%燃費が良い。

(以上、日本経済新聞2月22日夕刊より)

ホンダジェットの美しい機体の写真が印象的な記事でした。
Youtubeで飛行している動画を見ましたが、スバラシイ品質です。
www.youtube.com/watch?v=KlnOXMQ5A0g
日本人として、心がスカッとするニュースです。
いいですね、この手のニュース。^^

昭和40年代、50年代と、日本は明るいニュースが多かったように思います。
でも、あの3・11以降、悲しいニュースがものすごく増えた。

それにしてもホンダは超一流企業ですね。
私の会社など二流、三流ですからため息出ます。
三菱の大型旅客機も早く完成してほしいです。
www.youtube.com/watch?v=6m2R_4x

ガンバレ、ホンダ!
ガンバレ、三菱!


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-23 06:02 | 経済 | Comments(0)

「死にたい」若者たち


☆SNSに沢山「死にたい」


「死にたい SNSに氾濫」という新聞見出の写真を添付します。
b0312424_23471161.jpg


読売新聞に死にたいというSNSの書き込みについて述べていました。
以下にその記事の一部を抜粋して所感を申し上げます。

昨年10月、自殺願望をインターネットでつぶやき、事件に巻き込まれた男女9人の事件があったが、SNSには今も「死にたい」「消えたい」と訴える若者の投稿があふれている。
「生きる意味ってなに?」
「なんかむなしい」・・

大阪府在住の20代男性はツイッターでつぶやく。
この男性は職場での仕事を評価されず「仕事ができない」と言われ続けた。
いつしか自暴自棄となり、手首を刃物で傷つける行為を重ねた。
「ツイッターは自分のはけ口として使っている」
「他の人に共感されると気が楽になる」という。

神奈川県の30代男性は実家で引きこもり、ツイッターに書き込む。
「排除され、差別されて、偏見を受ける社会で頑張ろうと思えるはずがない。
一番の間違いは、この世界に生まれて来たことかも」

(以上、読売新聞2月20日より)

日本は、若者の死亡原因のトップが自殺だという。
先進国の中で日本だけだという。
SNSのつぶやきが、すなわち自殺への決意にはイコールではないだろう。
けれど、「死にたい」が口癖では局面は打開されない。

私も長く、浮かばれない時代が続きました。
私が浮かばれたのは27歳の時。離婚問題の最中に転職したときのこと。
給与30万円の職場をゲット、やりたい仕事で好条件でした。
離婚問題の渦中、死にたいとは思いませんでしたが、死んでもかまわないとは思いました。
希望はなかったし、未来は真っ暗でした。
けれど、私には信心がありました。
藁をも掴む気持ちで必死で100万遍を唱えました。
sokanomori.exblog.jp/15414508/

「もう振り返らない。僕は前を見て歩む!」そう決意できました。
私には新しい職場という歩むべき道が生まれた。

けれど、もし、その道がなかったら・・
私とて、どうなったかは分からない。

新聞の若者2人に共通しているは、周囲の目に敏感になりすぎていること。
言い方を変えれば、夢がない、歩むべき道がないからそうなる。
やるべき目標が定まれば、今の苦悩は瞬時に消え失せるでしょう。
しかし、満足のいく目標はおいそれと見つからない。

犬も歩けば棒に当る。
引きこもっていては局面は変わらない。
変わらないどころか年々老いるだけです。
何かを始めること、そこから何かが見えるもの。
いつか素敵な夢を持ち、夢に向かって進むことが大事です。

人生の楽しみ、幸福とは、夢と目標とが骨格でしょう。
夢も希望もなければ、死んでいるのも同じ。

読者の中に意気消沈し、希望なき人がいるかも知れない。
ともかく、様々な人に会い、求められることをやろう。
相手が喜んでくれることをやろう。

そこにあなたの幸福の種子が必ずあるのですから。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-22 05:20 | 管理人より | Comments(4)

座談会場提供の功徳


☆会合で美しくなる.


座談会会場の清掃風景の写真4枚を以下に添付します。
b0312424_18235024.jpg
b0312424_18233403.jpg
b0312424_18231605.jpg
b0312424_18225993.jpg

写真解説「わが家で行われた座談会の開始前の清掃風景の写真です。1枚目は仏間とフローリングの部屋の仕切りを外して掃除機をかけている写真、2・3枚目は会合用のカーペットを引いた写真、4枚目はカーペットを保管している屋根裏倉庫のハシゴの写真です」

私は40歳のとき、窓際族となって悩んで信心をしました。
当時の私の苦悩と信心の体験は以下の通りです。
sokanomori.exblog.jp/15414796/
その300万遍の信心の功徳で建てたのがこの家です。

会合を行う時は、15帖(8帖の仏間と7帖の隣室)の会場として提供します。
座談会はPM2時から行われたので、午前中から掃除をしました。
不用なものを廃棄して物を別室に移動、掃除機、拭き掃除をします。
屋根裏にあるカーペットをフローリングの部屋に敷きます。
お仏壇の埃も綺麗にして作業完了です。

いつも思うのですが、会合の功徳は「部屋が綺麗になる」ことですね。
しかも皆が元気になるので、私の心は歓喜に満ちるのです。
ありがたいです。会合をわが家でできること。

わが家はどんなに大きな声で勤行しても、歌っても外に音が漏れません。
個人会館ではありませんが、人数は40名だって入れます。
近頃は日中の座談会が多いです。明るくて気持ちいい。

今日は午後の2時からの座談会で、フィギアの羽生選手の本番とほぼ重なった。
ですから遅刻者が少し多かったのです。(笑い)
でも、皆、羽生選手がどうなった知らなかった。
会合の最後、担当幹部がスマホを見て言いました。
「羽生選手が金メダルを取りました!」
すると「うおー!」と大盛り上がりしました。

会合終了後、ある壮年部員がわが家を訪れました。
冬季オリンピックに熱中していたみたいです。
「時間、間違えちゃいました!」と照れ笑いしていました。
まあ、そんなこともありますよね。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-17 20:05 | 体験談 | Comments(19)

創価学会員と星占いの関係


☆遊びの範囲で楽しむ.


3年間(2018~2020)星占いの本の写真を添付します。
b0312424_23270809.jpg

写真解説「みずがめ座の2020年度の解説文の「古い武器を手放す」部分の写真です」

昔、血液型占いというのが流行りました。
私が学生部の時ですから、ウン十年前です。
創価学会員たるもの、そんなものには興味なし・・
なんてことはなく(笑い)、あの人はO型の暗いタイプだとか、あの先輩はB型だからいい加減だとか、大いに盛り上がったものです。
また、当時、ノストラダムスの大予言が一世を風靡しました。
けっこう信ぴょう性(らしさ)があり、かなり本気で信じていました。
あの1999年7の月に大王が・・というフレーズ、怖かったです。
核戦争になるのかなあ、どこがやられるのかなあ・・
その時に、創価の偉大が証明されるに違いない!
などと妙に思い入れをしていました。
でも、1999年は、なーんにも起こらなかった。(笑い)
何だったのでしょうか、あれは・・

さて、おみくじや占いなど、信じないとはいえ、妙な広告を電車で見たのです。
「3年先の星占い」というもので、水瓶座の私は一応、広告チェック。
そこには次のような意味深なことがことが書かれていました。
「2020年に古い武器を捨てることになる」・・

何と、私の定年退職とドンピシャではありませんか。
私、2020年に定年退職する。まったく畑違いの仕事を始めます。
このことは、当ブログで沢山記事にしてきましたね。

気になり、本屋に行きましたよ。(笑い)
それで水瓶座の1冊を手に取り、買ったのです。

そこには次のような内容が書かれていました。

2017年12月20日から2020年3月22日にかけて・・

古い武器を手放す

どんな物語にも、はじまりと終りがあります。
私たちはたった一つの物語を生きている訳ではなく、たとえば一枚の服を買って、着古してそれを処分するように、いくつもの物語の始まりや終わりを並行して経験します。
学校への入学と卒業のような何年かかかる物語もあれば、お祭りを企画し、準備して終える、というような数か月の物語もあります。
この時期(2020年ごろまでに)、水瓶座はいくつかの物語が終わります。
自然に終わる物語もあれば、自分の力で終わらせる物語もある。
「物語の終わり」という言葉から、恋愛が終わるのでは? 幸福な生活が終わるのでは? という連想をしてしまう人もいるかも知れませんが、そういう意味ではありません。
ここでの終わりは、もっと別な終わりです。

ずっと自分を守ってくれていた「得意技」や「成功パターン」が、ここではすでに力を失っていることに気付かされるかも知れません。
すると、もう、効果のない技を手放す作業が始まります。
長い間苦しめられてきた問題や、周囲の人々といっしょに見て、見ぬ振りをしてきた問題を、しっかり解決すべく「俎上にのせる」(まな板にのせる意味)こともできるでしょう。
考えないようにしてきたこと、「恥部」としてきたことを、あえて目の前にさらして正面から取り組むことで、周囲の人々も「正気に返る」かもしれません。
恐れてきたことや不安なことがあっても「終わらせる」ための行動を起こせます。
長い間の悩みから、自分で自分を解放できます。

とは言え、もういらない武器や防具でも、それを捨てるには勇気が必要です。
ゆえにこの作業は、一朝一夕には終わりません。
約2年半という時間をかけて、ようやく達成できるかどうかの闘いです。
これをやり遂げたとき、本当の人生を取り戻します・・

(以上、「3年の星占い」2018~2020 水瓶座 より)

こんなふうに書かれていたのです。
私の思い、私の計画そのものが「ドンピシャ」だったので驚きました。
2020年1月30日、私は今の仕事から次の仕事に転職するのです。
今までのスキルを活かすのではなく、まったく別の事をする。
そう、この星占いに書かれている「古い武器を手放す」のです。

そのシナリオが星占いの本に書いてあったということでしかありません。
でも、あまりに計画通りなのでオモシロかったです。

さて、私は学会員ですから、占いに何を書かれようと平気です。
悪いことが書かれていても、私は信心で乗り越えますから。

ともあれ、私は60歳でチェンジしますよ。
今から、ワクワクしています!


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-17 06:32 | 私の仕事 | Comments(6)

備えあれば憂いなし


☆先手を打つ賢さを持て.


土手に施された耐震工事の写真を以下に添付します。
b0312424_05510268.jpg

b0312424_05511964.jpg
<写真解説>「コンクリート製の古い土手の壁にBOXの形をした耐震補強材が沢山取付けられている写真です。2枚目はその拡大写真」



先日、久しぶりにある道を歩いた。
すると、土手のコンクリ製のブロックや陸橋が補強されていた。
陸橋には補強金具も取り付けられていた。
この補強、おそらく土手に長い杭を打ち込んだものだろう。
杭を打ち込み、抜けないように外側を固めているようだ。
なかなか考えた工法だと感心した。

巨大地震が来たら、都内の古いコンクリートは崩れる。
その問題箇所を誰かが調べマップにし、優先順位を決めて補強している。
間違いなく、公明党が関わっていることだろう。
コストをかけず、でも少しでも強度を持たせる。
大事な仕事だし、賢い仕事だ。

余裕のあるときに将来のリスクに備える・・
わが人生も後手を引きたくない。
賢く、先手でありたいと思う。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-16 05:58 | 希望の哲学

ある金持ちの母の人生


☆すべてを捨て家を出る.


バブル全盛の只中に聞いた話をします。

私の勤め先の同僚が会社を辞め、父親の資産管理をするという。
父親が大地主で、そこにマンションを建てるという。

私は若く、朝から晩までハードに仕事をしていた。
当時、資産管理だけで順調に生きられる彼を私は茫然と眺めた。
退職を表明して以降、彼は安穏としていた。
その彼が、お母さんのことを話してくれた。

「母は今、遠い旅館で住み込みの仕事をしている。
俺は居場所を知っているが、親父は母がどこにいるのか知らない。
家を出た母のことは許さないと言っている。
悪いのは親父。威張ってばかり・・」

当時、私は28歳であったと記憶している。
大地主の息子のお母さんは家を出て住込みの仕事をしていた。
横暴な夫がイヤでイヤでたまらなかったのだろう。

お金がいくらあっても、奴隷のように生きることは耐えられない。
「同じ場所で、同じ空気を吸うのもイヤ」・・
そんな関係になってしまえば、住込みの仕事の生活の方がマシ。
一生懸命仕事をすれば、職場で感謝もされるだろう。
自分で稼いだお金で、自立した生活は生きがいもある。
今の私には、そのお母さんの気持ちが良くわかる。

私はカネの亡者たちの異常極まりない生活を見てきた。
「金持ちは幸せ」というのは幻想だと、つくづく学んだ。
社会人として生きた数十年は、そういう人々を観察した数十年である。

確かにおカネは必要だし、あれば生活は快適にもなる。
けれど、おカネを沢山持っていてもだめ。
譬えるなら、次のようなことになる。

貧乏父さんは中古の軽自動車に乗っている。
当然、洗車は自分でするし、近所からすれば幸せそうに見えない。
ぶつけられ、へこんだ車体も自分で修理する。

金持ち父さんはピカピカのベンツに乗っている。
ぶつけられても相手のクルマがへこむだけ。
休日はゴルフ。家族で海外旅行にも頻繁に行く。

世間から見れば金持ち父さんは幸せで、貧乏父さんはさえない。
でも、家族だけはごまかせない。
お金に不自由しない家族にとって、お金があることは当たり前のこと。
尊敬の材料にはならない。衣食住足りて、何を知るか・・

貧乏父さんは、奥さん、子供を大事にする。
奥さんはありきたりの食品を工夫して美味しい料理を作る。
衣類は高級でないが、洗濯をこまめにしてアイロンも当てる。
子供たちはお父さんお母さんに支えられ、感謝している。
その家にはおカネはないが、美しい笑顔がある。

一方、金持ち父さんというといつも自慢話ばかり。
浮気もするし、小言も多い。いつも威張っている。
偉いのは自分。他を見下し、勝他の気味悪い生活である。
家族は、カタチは快適でも心は快適ではない。
家族で何か協力し合うこともない。
感謝の心も笑顔も少ない。
こんなことが本当にある。

この世の宝は金銀財宝ではありません。
心です。仏の命が宝です。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-13 22:22 | Comments(0)

本州縦断ツアーに出発しました!


☆年内2056kmを歩けるか.


スマホ内蔵の「本州縦断仮想コース」画面を示します。
b0312424_20422174.jpg

b0312424_20423220.jpg
<写真解説>
「選定した本州縦断コースの画面と、そのスタート地点の青森市の表示写真です」

私は一年間にどの程度の距離を移動することができるでしょうか。
基本的に健康のため歩くことが多い。その歩み(ジョギング含む)を積み上げると地球一周とかできないか・・


と考えていたら、スマホの万歩計に以下のシュミレーションがありました。

1.東京山手線 34.7キロメートル。
2.琵琶湖一周 137.4キロメートル。
3.東海道五十三次 448キロメートル。
4.新幹線 東京・博多間 1064.1キロメートル。
5.日本本州縦断 2056キロメートル。

これは日々の万歩計の距離を積算し、目的地まで歩くというゲーム。
私、一日平均7km前後歩いています。
すでに2月。年末まで365日-43日=残322日です。
今からスタートしても日本縦断シュミレーションは達成できそう。
ということで、本州縦断の旅、今日の昼からスタートしました。

地球一周の距離は4万キロメートルですから、このゲーム20年分ですね。
今58歳ですから78歳までには地球丸ごとツアーになる。
それが達成できれば健康な老後は間違いない。^^

ということで仮想空間の旅、ときどきご報告しますね!
さて、到着地点の鹿児島市に着くのはいつ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-12 21:13 | 健康づくり | Comments(2)

初心者だから仕方ない


☆プライマーを忘れる.


グラインダー削りとシーリング処理の写真を示します。
b0312424_15512145.jpg
b0312424_15513344.jpg
b0312424_15514223.jpg
b0312424_15515091.jpg
b0312424_15515836.jpg

写真解説「削り用、カット用の替え刃で削り、ブロワ―で清掃、シーリングの5枚写真です」

sokafree.exblog.jp/28072264/
上URLは前回の作業で、今回はその続編です。

1.壁補修材で破損部を埋めて一週間乾燥させました。
2.最初に盛り上がって固まった補修材をサンダーで平滑に削り、溝部分も削りました。
3.縦方向の透き間の盛り上がり部分をダイヤモンドカッターで切りました。
4.形を整えた後にブロワ―で清掃しました。
(ブロワ―先の映像(補修部分)が削り終わった状態です)
5.変成シリコンシーリングを施しました。

前回の作業で使った補修材はしっかり固まっていました。
思った以上に強く、これなら地震でも割れないでしょう。
今回はここまで。次回は塗装になります。

さて、順調に見えますが大きなミスをしました。
それは、かなめのプライマー塗りを忘れたこと・・
プライマーというのは埃などを固定し、シーリングの密着性を高めるもの。
これを忘れると、将来、剥がれてくるのです。(^^:
仕方ありません。その時はまた対処しましょう。

初めての作業で、未知との遭遇の連続でした。
進めながら考え、買い物も同時並行ですから時間がかかります。
3枚目写真のように「削った粉」が壁などに大量に付着しました。
最初、マスクも保護メガネもせず作業をしていて、粉塵が煙のように出てまずいと分かり、作業中断してマスクやゴーグル、写真のブロワ―も追加購入しました。
ブロワ―は1万円、5100円、3500円の3種類がありましたが、サンプルの作動テストを店員にしていただき、風力に差がなかったので一番安いブロワ―にしました。

おっかなびっくりでここまで作業ができました。
この次が「塗装」というのもすごく問題の作業になります。
家の色が薄いオレンジ色?なので、部分塗装はごまかせない。
塗装の調合は素人にはできないので、思案のしどころ。
考えとしては、滑落した部分をホームセンターに持ち込み、塗料の色合わせをする・・
しかし、以前の滑落部分は捨ててしまった。(汗)
ですから、次のひび割れ箇所からサンプルを取るしかない。

塗装に至るのは随分先のことになりそうです。
このように、いちいち後手を引く仕事となっています。
よちよち歩き大工見習いですが焦らずやろう・・

以上、壁修理の中間報告でした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-11 05:40 | 大工は魔法 | Comments(2)

気付けば土曜日の朝


☆やるべきことが山積み.


夢なのだろうか、現実なのだろうか・・
この一週間はハードなスケジュールだったのに実感がないです。
確かにマラソン大会で21kmを走ったし、徹夜の大仕事もこなしました。
sokafree.exblog.jp/28087035/

でも、まるで現実感が伴わないのです。
火事場の馬鹿力とでも申しましょうか。
必死で、無我夢中でやって、気付けば二連休の朝です。
なんだか、忙殺されて、生きているのかすら実感がない。
ジーンと痺れているような感じ。(笑い)

この二連休も、いつもながらやるべきこと満載です。
どうしてこんなに頑張るのか、もっとのんびりすべきでないかと思います。
やるべきことが沢山あることは幸せですが、振り返ったり味わったりする時間がない。
例えるなら、立ち食いソバを3分で食べているようなもの。
お腹は膨れるけれど、ソバ、汁、薬味の味の一つ一つは分からない。
食べてすぐに店を出て他のことをするから、何にも記憶にも残らない。

昨夜、韓国での冬季オリンピックの開会式、少しTVで見ました。
各国の選手団が入場するシーンを呆然と見ながら夕食を食べ、日本酒を飲んだのです。
疲れもあったし、酔いが回って気付けば土曜の朝・・

ともあれ、今日も明日もやること一杯です。
座談会の伝達、家の片づけ(来週座談会なので)、同時放送、少し遅れ気味のひらがな御書作成、先日のマラソン大会の写真プリントアウトと友人・参加者への郵送・・
そうだ、Sさんにお礼のメールも送らねば!

それと日曜日は、仏法対話が予定されているのです。
仲の良い婦人部さんの未入会の夫とお茶会です。
私と奥さんと、婦人部さんとそのご主人とお茶を飲みつつ親睦を深める・・
これ、超大事な予定なんですね。
婦人部さんの念願の夢がかかっているのですから。

それに加えてですよ、壁の修理の続きもある。(笑い)
sokafree.exblog.jp/28072264/
まるで私には休息というものがない。

落ち着かないし、ブログ記事はまともなものは書けないです。
でも、元気に頑張っているのでご安心を。
頑張りすぎない程度に頑張りますよ。

そうだ、きょうマッサージに行きたいなあ!
肩がこっているんです。じわり疲労感もありますしね。
さて、その時間はあるのだろうか・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-10 06:53 | つぶやき | Comments(3)

24時間戦えなくはない


☆マラソントレーニングの力.


飲み干した栄養ドリンク(リポD)の写真を添付します。
b0312424_20470674.jpg

写真解説「パソコン・キーボード前のリポビタンDの空瓶の写真です」

21kmレースを終えて数日が経過した。
体は超元気で、徹夜の仕事をすることになった。
徹夜明けの翌日、スタッフの一人が私に栄養ドリンクをくれた。
「お疲れ様です。差し入れです!」とのこと。
彼は、昨夜23時まで仕事をしていたし、疲れてもいたろう。
それなのに、わざわざドリンクを買ってきてくれた。
朝から飲みたい気分ではなかったが、即座に開封して飲み干した。
「ありがとう。さあ、もう一息だ、がんばろう!」
そこから、さらに怒涛の仕事をした。^^

このようなハードな仕事がときどきある。
でも、体力があれば大丈夫、ハードな仕事も楽しめる。
休憩もなく、ほぼ24時間のフル稼働であった。

思うに、体は鍛えているに越したことはない。
健康は福運とイコールの大きな財産ではなかろうか。
朝晩の勤行も大事だが、運動も同じく大事だと思う。
信心で心を磨き、運動で体を鍛える・・
身も心も健康であれば、怖いものはない。

58歳の青春の只中、徹夜の仕事はドラマチックでした。
先日は、走っていて転倒、受け身をした。
sokafree.exblog.jp/28061490/

まだまだ、私も頑張れそうだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-08 20:53 | 健康ジョギング | Comments(2)

外壁が大変なことになりました


☆作戦変更で対処する.


以下に外壁修理の一連の流れの写真を示します。
b0312424_15393209.jpg
b0312424_15394039.jpg
b0312424_15394821.jpg

次のタイミングで「な、なんじゃこりゃー!」でした。(^^:
b0312424_15395753.jpg

上記4枚の写真を以下に解説します。

1.カッターナイフでサイディングのシーリングを切りました。
2.ラジオペンチでシーリングをつまみ出します。
3.そこからシーリングを引き剥がします。
4.ヒビの部位を指で触るとサイディングが滑落!

この滑落は、まったくの予想外で「なんじゃー!」になった訳です。
予定はシリコンを外し、ヒビをサンダーで削り、新しくシリコンで埋めるというもの。
でも、その前にサイディングの補修をしなければならなくなりました。
急ぎ、ホームセンターに出向いて壁補修材を購入しました。

以下に、その壁修理の工程写真を示します。

b0312424_15400806.jpg
b0312424_15401911.jpg
b0312424_15402785.jpg
b0312424_15403639.jpg


上記4枚の写真を以下に解説します。

5.サンダーで割れ目横のサイディングを削りました。
6.削った状態。破損部の奥に見えるのは断熱材です。
7.壁補修材に水を加え団子にした状態。
8.壁補修材を詰めて穴埋めをした状態。

かなり雑な仕上がりですが、完成後に削る予定です。
表面乾燥時間は「20°Cで24時間」ということなので今回はここまで。
養生して雨対策を施しました。続きは来週にします。

せっかく購入した用具類でしたが、予想外の展開でした。
壁補修で購入した工具類の報告記事を以下に示します。
sokafree.exblog.jp/28069780/

ほんの少し「テスト補修」のつもりが思わぬことに・・
料理もそうですが、大工修行も大変ですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-05 00:16 | 大工は魔法 | Comments(5)

外壁・コンクリ破損部の修理を決意


☆外壁修理の用具類.


外壁修理のために購入した10品目の商品の写真です。
b0312424_17264707.jpg
b0312424_17271103.jpg
b0312424_17272098.jpg
b0312424_17272991.jpg

写真解説「壁やコンクリートの破損部を削り、シリコンで埋める用具類の写真です」

家の外壁修理を行うことにしました。
以下に、購入した工具・資材と購入価格を示します。

1.塗装用マスキングテープ 135円
2.コーキング用ヘラ2種類 433円
3.ボンド用プライマー 565円
4.ラジオペンチ 500円
5.カッターナイフ2種 1558円
6.グラインダ(100mm) 9980円
7.変成シリコンパウチ 480円
8.ダイヤモンドカッター 500円
---------------------------------------------
合計金額 1万4150円

コーキング剤は、100mlの一番少量タイプです。
実際に本格的な修繕を行うにはまったく足りません。
テスト的に一部分を修繕してみよう、ということなのです。
ダイヤモンドカッター(コンクリ用)は一番安価なもの。
ちなみに、グラインダーは国産のサンコーミタチ社製。
12000回転の「MG100A3」という商品です。

グラインダーは、鉄やコンクリートを切ったり磨いたりする工具です。
本来、外壁工事ではV字カッターが使われますが高額なので見送りました。
この装備でチャレンジいたします。
ガンバリマス!^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-04 05:51 | 大工は魔法 | Comments(1)

大石寺と創価学会の使命


☆広宣流布は創価が築く.


戸田城聖「広宣流布は時を待つべきのみ」YouTubeです




添付したyoutubeの戸田先生の指導を以下に要約します。

「大石寺はですね、ただ法を守る一方で良かったんです。
法を伝えるなんて夢にもできなかったんです。
一生懸命に大聖人様の大法を護るだけで精一杯だったんです。
今度は700年、時が来ましたから。
「時を待つべきのみ」という大聖人の教えがありましてね、
時が来なければ広宣流布はできない。
「時を待つべきのみ」という御言葉に対して御山は時を待っとたんです。
その時が今来たんです。やっと今来た。
「時を待つべきのみ、事の戒法と云うは是なり」
時が必ず来るぞと、その時に巡り会わせたんだから
こっちは運がいいんですよ」

この指導の「時を待つべきのみ」の御文は、身延相承書(1600)の一節です。
日蓮大聖人61歳の御時(御入滅の1ヵ月前)の御書です。
大聖人の仏法の全てを日興上人に付属することが述べられています。
日興上人の赤誠は、700年後の未来まで正法を伝えました。
そして時が来て創価学会が生まれました。

大石寺あっての創価学会です。
でも、創価学会なくして大聖人の仏法は万人に開かれなかった。
その創価学会とは何か。牧口、戸田、池田先生あっての創価学会です。
三代会長が世界広宣流布の道を開いてくださった。
今、大聖人の仏法は創価学会にあります。
大石寺の使命は終りました。

ひらがな御書版・身延相承書を以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b1600

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-03 06:41 | 戸田城聖先生 | Comments(0)

夜間走行中に転倒しました


☆完全に一回転して・・


何やら深夜から明日の朝にかけて雪が降るらしい。
タイミングが悪い。降らないでほしい。
マラソン大会が近く、大いに不都合なのです。
それに現在、会社の工事が動いていて降るとたちまち停滞する。
すなわち売り上げが減る。コストが上がる。利益が減る。
積もってもらっては困ります。でも降りそうです。

先日、夜間にランニングしていて転びました。
そこそこのスピードで走っていて、前のめりにつまずいた。
とっさに「受け身をとらなければ!」と回転した。
冷たいアスファルトでパチンと受け身・・
で、腕と背骨の一箇所と腰骨の側面をしたたか打ちました。
でも、痛みが残る怪我にはならず助かったのです。
(ちょこっとシビレましたが)

なんとかアクシデントに対処できる運動神経は残っていますね。
よかったですが、やっぱり夜道は危ない。
夜は、ライトを持って走らないとだめですよね。
ランニング用ライト、買わなければ!

さて、明日の朝はどうなりますか。



追伸:翌朝の雪の写真を以下に添付します。

b0312424_05333602.jpg

薄っすら積もっていますが、これなら大丈夫です。

10日前に降った雪の過去記事を以下に添付します。
http://sokafree.exblog.jp/28029906/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-01 21:05 | つぶやき | Comments(5)

善無畏三蔵抄(ぜんむいさんぞうしょう)


☆悪口罵詈に反論せず.


善無畏三蔵抄(ぜんむいさんぞうしょう)に次の御文がある。
先に平仮名文、後に原文を示します。

しゃかにょらいの おんみょうをば のうにんと なづけて この どに いり たもうに
いっさいしゅじょうの ひぼうを とがめず
よく しのび たもう ゆえ なり
これらの ひじゅつは たぶつの かけ たまえる ところなり.

釈迦如来の御名をば 能忍と名けて 此の土に 入り給うに
一切衆生の 誹謗を とがめず よく忍び 給ふ 故なり
此等の 秘術は 他仏のかけ給へる ところなり.


(以上、御書885ページより)



一切衆生の誹謗をとがめずよく忍んだ・・
誹謗、批判を受けるままにして、そのことには反論しなかったということでしょうか。
そもそも言わせる者には言わせておけばいいのです。
相手の口を封じることはできないのだから。

第一、批判者の言葉を人は鵜呑みにしないものです。
もし、鵜呑みにするなら、その人のレベルが低いだけ。
普通は、双方の言い分を聞き、また実績から判断する。

譬えば、日顕が池田先生の悪口を言ったとしても、双方を見比べたら一目瞭然です。
悪口、言われてもいいではありませんか。
「愚人にほめられたるは第一の恥なり」(237)ですしね。
万人に認められるなんてことはあり得ないですから。

近代は愚痴、批判、悪口の増大した時代です。
人情のない、薄汚れた批判者など相手にしても仕方ありません。
陰徳あれば陽報ありで、コツコツと広宣流布を果たすことが大事でしょう。

仏とは能忍(のうにん:よく忍ぶ)の異名です。
耐えて歩んでいくうちに、何とも思わなくなるものです。
むしろ御書を心肝に染めることができる。
境涯が開ける。強くなれる。幸せになれる。
それが秘術なのだと思います。

以下のようなオカシナ連中と接しないことです。
http://sokafree.exblog.jp/27755784/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-02-01 05:51 | ひらがな御書に学ぶ | Comments(0)

58歳の誕生日


☆ひらがな御書269編へ.


青いロウソクのあるショートケーキの写真を添付します。
b0312424_22164738.jpg

写真解説「数字の8のカタチをしたロウソクが刺さっているショートケーキの写真です」

ケーキに8の字の飾り物(ローソク)がありました。
「何? 8ってどういう意味なの?」(私)
「えっ? 58歳の8じゃない」(奥さん)
58だったら分かるけど、8だけだとちょっと分からなかった。
ということで、ついに58歳の誕生日となりました。

「朝からケーキなのか」ですって?
いいえ、これは一昨日の日曜日の「前祝」のときのもの。
平日の夜は帰宅時間が読めませんから、その前に祝ってもらったのです。
4種類の小さなケーキがあって、選んだケーキに8の字のローソクが付けられた。
「火はつけないの?」と聞くと「つけません」とのこと。
ライターが見当たらなかったのでしょうか。

さて、また一つ年を取りました。
ただし、57が58になったという程度なので盛り上がりません。
ケーキは美味しかったですよ。奥さん、地元の人気店で買ったらしい。
ケーキはショートケーキが好き。ケーキらしいケーキだから。

私の誕生日に、ひらがな御書の269編目を収録しました。
http://hiraganagosho.web.fc2.com/b1009

270だったら、なんともスキッとするのですが269です。
でも、いよいよ270が目前になり嬉しいです。
振り返れば48歳の時、創価の森ブログを立ち上げました。
ですから、ブログは本年10周年になります。

森通信の過去3年間の誕生日記事を以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/m2015.55
http://sokafree.exblog.jp/m2016.56
http://sokafree.exblog.jp/m2017.57

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-01-31 05:27 | 創価の森通信フリーダム | Comments(6)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
未分類

最新のコメント

尚、非公開さん、同じ内容..
by sokanomori3 at 05:55
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:34
うるとらまんさん、こんば..
by sokanomori3 at 18:26
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori3 at 17:14
そこなんですよね。アンチ..
by うるとらまん at 16:33
桜子さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:31
菊川さん、お久しぶりです..
by 桜子 at 00:44
7610さん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 23:31
日本は念仏思想が強い国で..
by 7610 at 22:55
いりこさん、本、注文しま..
by sokanomori3 at 22:00
本のことありがとうござい..
by いりこです。 at 21:40
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 23:34
3人目の非公開さん、こん..
by sokanomori3 at 23:32
2人目の非公開さん、メー..
by sokanomori3 at 22:42
2人目の非公開さん、メー..
by sokanomori2 at 06:04
離婚に応じてもらえないで..
by sokanomori3 at 04:51
いりこさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:18
先日はありがとうございま..
by いりこ at 20:39
2人目の非公開さん、メー..
by sokanomori3 at 06:09
1人目の非公開さん、おは..
by sokanomori3 at 06:08

リンク

以前の記事

2018年 11月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア