人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 41 )

Introduction


創価の森通信
FREEDOM

Youtube「クリスマスソング」を以下に添付します




☆創価の森通信は創価学会自在会の同志と一緒に歩むブログです。
以下は別ブログの最新記事です。(別館は音声ソフト対応ではありません)

2019年12月6日 <別館> 幸福な独身生活を得るために必要なこと
2019年12月2日 <別館> 御形木御本尊の途方もない価値と功徳
2019年11月29日 <別館> 正しい目標を所有して前進する
2019年11月28日 <別館> 誠実に真心を尽くして経済革命する
2019年11月27日 <別館> 独身女性の経済革命の一つの方法
2019年11月26日 <別館> 不幸にならなければ得られない幸せがある
2019年3月16日 <ひらがな御書> ひらがな御書ご案内
2019年3月16日 <ひらがな御書> ひらがな御書交互文

ひらがな御書ホームページここをクリック!



by sokanomori3 | 2020-11-01 00:00

12月はキリスト教に近づく(消す記事)


☆youtube.com/watch?v=kICsgwrR




いよいよ、12月も中旬。この時期はクリスマスで町が綺麗になりますね。
創価の森ブログも、このときばかりはキリスト教に接近します。
キリストとて、人々を幸せにしたいと願い生きた。
彼は仏教に劣るけれど、人類に貢献したことは間違いない。
「友なるイエスは」との賛美歌があるが、確かに友人にも感じます。
ともかく25日までは、讃美歌を含むクリスマスソングyoutubeを
創価の森ブログに貼ります。ご了承ください。

さて、<別館>に「使命」を記事にしました。
今後、連載にするつもりです。
見て頂けたら嬉しいです。

以下に、「使命とは何か」カテを示します。
→sokamori2.exblog.jp/i76/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-12-13 05:20

キョンシーさんからの重要な質問(消す記事)


☆使命とは幸福の異名なり.


キョンシーさんから重要なご質問をいただきました。

>自分の使命は、どうすれば見つかるのでしょうか。

これ、本当に大事なんです。使命とはイコール幸せですから。
使命なき人生に、幸せはありませんから。
その質問のあった記事を以下に示します。
→sokamori2.exblog.jp/29802144/

フローレンス・ナイチンゲールは言いました。

>人はその人が考えた通りの人生を生きるのです

sokamori2.exblog.jp/29818840/より.

「考え通り」に人は人生を歩んで行きます。
その考えが「使命」へと昇華するとき、人は幸福になり、
使命なき人生は、必ず無明へと転落します。

この宝とも言える使命を、どうすれば得られるのでしょうか。
書けるかどうか分かりませんが、<別館>に
記事にしてみたいと思います。

かなりの連載になるかも知れません。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-12-12 06:21

リアル記事を書きます(消す記事)


☆リアル体験で伝えます.


現在、私は定年退職と転職の内容を多く書いています。
それは定年を迎えられる人や、定年を機に転職される方々に
何かしらの参考にしていただきたいという思いがあるからです。
そして、介護職は大変という風評について、その真意を確かめて
ご報告したいと考えています。なぜなら、大変ということに
はなはだ疑問を持っているからです。

体験もしないで「大変だから」という情報を耳にして
介護職を敬遠するとしたら、もったいないと思うからです。
そもそも、人手不足なことは明白ですし、社会が必要としている
というのはとても素晴らしいことだからです。
まして、やりがいがある仕事だったらどうでしょうか?

私は、現在の仕事も明らかにするつもりです。
今の立場、どんなプロセスで何をしてきたのか、
どんな良いことがあって、どんな苦しいことがあったのか、
なぜ、60歳で定年を決意しなければならなかったのか、
そして、60歳までの歩みと60歳以降あゆみとが、
どちらが深刻なものかも明らかにいたします。

空想や観念ではなく、実体験としてお伝えしたいと思います。
ネットは噂話やウソやでたらめが横行しています。
その闇を破りたいと考えているのです。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-12-10 05:19

過去記事を再びアップ(消す記事)


☆千早さん、ご確認ください.


この記事は4月に投稿したものですが、新しい記事に埋もれてしまったので、
最新記事の位置に置きます。宜しくお願い申し上げます。
(以下の文章は過去のままです)

表紙、ひらがな訳目次、御書5編の変更をしました。
ご確認いただき、感想をお聞かせください。

1.表紙のリンクの文字変更:hiraganagosho.web.fc2
2.ひらがな訳の目次変更:hiraganagosho.web.fc2.a

目次変更では、「別名」にもジャンプ機能を持たせました。
(交互文の目次は、別名ジャンプやページ数などの表記はしていません)
さらに、以下の5編の平仮名訳文の句読点を変更しました。

ほっけしょうみょうしょう平仮名文a1586
はくまいいっぴょうごしょ平仮名訳a1596
みのぶそうじょうしょ平仮名訳a1600
いけがみそうじょうしょ平仮名訳a1600-2
にっこうゆいかいおきぶみ平仮名訳a1617

以下の5編の交互文の多少の変更を行っています。
(.があるので、平仮名文には句読点は微量にしか入れていません)

ほっけしょうみょうしょう交互文b1586
はくまいいっぴょうごしょ交互文b1596
みのぶそうじょうしょ交互文b1600
いけがみそうじょうしょ交互文b1600-2
にっこうゆいかいおきぶみ交互文b1617

追記:一応、ここまで進めましたから、F5を押してご確認ください。
まずは、このカタチでご意見をいただきたいと思います。
遠慮なく、ご意見くださいね!
以上、宜しくお願いいたします。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-05-18 17:01 | Comments(4)

耳が聞こえるんです(90%以上回復)


☆美しい夏の夜の風景.


電柱がある夜の草地の写真を以下に添付します。
b0312424_22593662.jpg

ありがたいことに耳が回復してきています。
4月に難聴になり、苦しんだ数か月でした。
その難聴の発端となる出来事の記事を以下に示します。
hsokafree.exblog.jp/28274522/

会社からの帰り道、多種多様な草の虫が大合唱していました。
物言わぬ星の下で、凛とした鳴き声を奏でるのです。
私はしばし佇み、その鳴き声に聞き惚れました。
これほどに美しく心地よい音色を、私は聞いたことがありません。
時折、風が吹いて、耳に風の音が轟くのです。
肌の気持ち良さと、風の音の心地良さ・・
つくづく「耳は宝」って思いました。
宝石のように輝く音たちでした。

ともかく聴力が90%以上回復してきました。
もう少しで完治しそうです。

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-08-09 23:15 | Comments(11)

映画「スパルタカス」の感想


☆私たちは馬や牛ではない.


映画「スパルタカス」のDVDを購入して鑑賞しました。
以前から見たかったのですが今になった。
私の奥さんが宝塚でスパルタカスが演じられたと聞き、
そのあらすじを聞いて、いつか見たいと思っていた。

このスパルタカス、反乱軍の指導者の名前です。
内容は、第三次奴隷戦争(紀元前73年から紀元前71年)のイタリア半島で起きた
ローマ軍と剣闘士・奴隷による史実の物語です。
奴隷戦争は三度発生し、スパルタカスの戦いは最後の最大規模のものでした。
この戦争は、指導者スパルタカスの名にちなんでスパルタカスの反乱
またはスパルタカスの乱とも呼ばれています。

物語は70人の剣闘士奴隷たちが、スパルタカスを指導者とする反乱軍となり、
男性・女性そして子どもを含む約12万人の軍に膨れ上がり、
イタリア各地を放浪したのです。
この奴隷集団は強く、ローマ軍をことごとく撃退します。
ローマの首脳は連戦連敗しましたが、最終的には8個軍団をも動員して包囲します。
スパルタカスの軍は、イタリア半島最南端のカラブリアに封じ込められ、
ついに全兵力の決戦となり、敗れて全滅します。
この第三次奴隷戦争は、近代の歴史家から
「抑圧から解放を求める労働者階級の英雄」と評価されています。

さて、当時、世界最強のローマ軍を幾度も打ち破ったスパルタカス。
彼は鎖につながれた奴隷の身から、軍の最高指揮官になりました。
そして彼は幾度も「フリーダム」(自由)を訴えるのです。

奴隷同士で殺し合いをさせ、それを酒を飲みながら楽しむローマ人。
狭い部屋に押し込められ、虐げられる奴隷たち・・
同じ人間として、ささやかな自由と幸せを得るために、
立ち上がったスパルタカスの戦いの物語です。
敗軍は武器を奪われ鎖に繋がれます。
ローマ軍の指揮官がその敗軍に向かい叫びます。

「スパルタカスを差し出せば、命を助けてやる!」
「もし、死んでいれば死体を差し出せ!」

この時、スパルタカスは立ち、自らの名を言わんとしたとき、
その隣の兵士が大声で叫びました。
「私がスパルタカスだ!」
言い終わるやいなや、別の兵士が立ち言いました。
「いや、違う。私がスパルタカスだ!」
すると次々に、あちらこちら、軍全体が立ち上がり、
「私がスパルタカスだ!」と叫ぶのでした。

以下に、その映画の象徴的シーンのYouTubeを添付します。
youtube.com/watch?v=FKCmyiljKo0

一体、誰がスパルタカスなのかは分かりません。
結果、数千人の軍全員が処刑されるに至ります。
友を裏切らない信念の生き方が心を打ちました。
それと「フリーダム」という言葉が何度か聞けて感慨深かかった。
当ブログ「創価の森通信フリーダム」ですから。

名作です。大変感銘を受けました。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-07-24 06:01 | Comments(0)

異常な紛糾に恐怖すら感じる


☆言った言わないで炎上.


国会が異常続きである。
首相が「いいね!」と言った言わないで大騒ぎになっている。
正確には「新しい獣医大学の考えはいいね」との発言のようだが、
「獣医学部新設への相談や依頼はなかった」とする首相の過去の発言に
「整合性」がない、だから「ソンタクがあったはず!」とする・・
そんな野党議員のバカ騒ぎが延々続いている。

「いいね」がイコール、学園新設の圧力になると騒ぐ議員やマスコミ・・
その狂気さに愕然とし、ヒステリー国家に恐怖すら感じる。
言った、言わないでここまで国会が攪乱させられるなら、
ありとあらゆる政治行動はマヒするだろう。
何もしないことが政治家の仕事になるだろう。
カネを使わず、何もしないことが良い政治家になるだろう。
政治家はバカ騒ぎだけで給料をもらい、
マスコミはくだらない揚げ足取りで売り上げを伸ばすだろう。
針の先ほどのことで、ソンタクと揶揄され、金銭の動きもないのに首相辞任要求。
あるいはパワハラと言われ、セクハラと批判されるニュースばかり。
これ、無責任野党やマスコミの吊るし上げ、逆パワハラではないか。
こんなことがまかり通っていいのだろうか。

クダラナイ国会中継より、まだ<別館>記事がましでしょう。
別館の最新記事URLを以下に示します。
sokamori2.exblog.jp/28328932/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-05-24 05:14 | Comments(0)

創価学会は本当にスゴイ


☆小説・人間革命の凄さ.


今、全42巻の小説・人間革命が完結に向けて執筆中です。
私は毎日、通勤電車で読み返し、スクラップブックに収録しています。
その作業を延々と繰り返す中で、見えてきたことがある。
それは、「創価学会の偉大さ」。

この小説は、大聖人の御書と双璧をなすものと思います。
大聖人の仏法で大事なことは「身読」です。観念論ではない。
大聖人が法華経を身読されて初めて法華経が完成することになったのです。
御本尊の中央に、南無妙法蓮華経日蓮としたためられている。
実践(大聖人)で実証を得られたからこそ、本物なんです。
理屈は理屈でしかない。大切なことは実証です。

同じことが小説・人間革命にも言える。
師弟のおりなす本当の実証が書かれている。
学者の法華経、学者の御書研究ではない。
大聖人も創価三代の会長(牧口・戸田・池田先生)も同じ。
実践し、広宣流布を命がけで果たされた。

この実践の記録こそが、現代の大聖人の仏法の証。
日顕宗にはその実証がない。彼らは理屈だけ。
学会員は濁悪に生き、そして難を乗り越えて行く。
その実証ゆえに創価は偉大なのです。

その最大、最高の実践者が池田先生です。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-04-11 06:18 | Comments(4)

朴前大統領への求刑迫る


☆4月6日の判決に注目.


朴(ぱく)前韓国大統領が拘置所に収監されて久しい。
私は朴氏の裁判を注視してきた。
共謀関係とされている親友は懲役20年の求刑になった。
一方、共謀を全面否定する朴氏に、検察側は30年の懲役と118億円の罰金刑を求めている。
その判決は4月6日に下される。

朴氏の親友の問題は明らかだが、朴氏はおそらく被害者であろう。
現在、朴氏は66歳だから、求刑が30年ともなると獄中から出られないまま死亡するだろうし、
仮に20年の求刑でも同様の悲惨な結果となるであろう。
マリー・アントワネットの公開処刑を彷彿とさせる裁判にならないでほしいと願っている。

一国の首相が罪人となり、獄に繋がれる。
しかも、おそらく「冤罪」である。
勿論、騙されてはいけない立場だったことを考慮しても、30年の懲役と118億円の罰金なんて、
いくらなんでもやり過ぎではないだろうか。

過日、北朝鮮がシリアの毒ガス兵器製造に関与していたというニュースが流れた。
核兵器大国を目指し、毒ガスなどの大量殺人兵器もビジネスにする。
他国に秘密裏に侵入し、住民を拉致する。
そしてネットで電子マネーを盗む・・
このような犯罪国家でありながら笑顔で手を結ぼう、話し合おうとする韓国。
凶暴な存在は許し、凶暴でない者はさらし者にする・・。
この世の異常と悲劇を見る思いがする。

ともかく、朴氏の求刑が過大な量刑とならないことを希望したい。
そして朴氏が罪を終えて出獄し、小さな幸せでいいから掴んでほしいと思う。

朴氏の過去記事URLを以下に添付します。
sokamori2.exblog.jp/26414816/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-03-23 06:12


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句散歩
学会活動
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:52
Commented ..
by sokanomori3 at 22:35
kaisenさん、非公開..
by sokanomori3 at 21:04
菊川様こんばんは。 ..
by kaisen at 18:45
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 22:30
菊川様こんばんは。 ..
by kaisen at 21:04
みわちゃんさん、こんばん..
by sokanomori3 at 20:54
始めまして 4年目を終..
by みわちゃん at 08:11
ゆりこさん、こんにちわ。..
by sokanomori3 at 15:02
kaisenさん、こんに..
by sokanomori3 at 14:59
菊川さんの再就職は、親孝..
by ゆりこ at 12:03
菊川様こんにちは。 ..
by kaisen at 11:32
poorさん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:45
おめでとうございます。 ..
by poor at 00:23
>それだけに相当きつ..
by sokanomori3 at 17:45
介護の仕事は今や花形です..
by SHIN at 17:16
はい、考え得る全てを考え..
by sokanomori3 at 11:59
>奥さんがそれでいいよと..
by sokanomori3 at 05:15
めっちゃ気合入れて臨んだ..
by 千早 at 16:20
面接の方もびっくりされた..
by 千早 at 16:14

リンク

以前の記事

2020年 11月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア