人気ブログランキング |

カテゴリ:<別館>のご案内( 32 )

「日顕宗法主の死去」の記事案内


☆どう歴史は動くのか.


日顕死去の翌日、早朝に撮影した空の写真2枚を示します。
b0312424_12273674.jpg

b0312424_12273974.jpg
写真解説.
早朝の空の写真です。暑い雲に覆われ、太陽の姿は見ることができません。風が強く、風速旗がほぼ真横にはためいています。


2019年9月20日の早朝、日蓮正宗の
先代の法主・日顕が死去しました。
このニュースはテレビなどでは流れず、
ネットで確認できたのは、午後の
遅い時間になってからでした。


死去から14時間後、ネットに葬儀の予定が掲載されました。
以下に、その報告をした記事を添付したします。
sokafree.exblog.jp/29648941/

その翌日以降、私は聖教新聞に目を通しましたが、そこには日顕に関する
記述は一切なく、また、他紙にも記載がありませんでした。
(9月23日現在も、聖教新聞は日顕の訃報を一切報じていない)
これほどの大きなニュースがほとんど報じられず、
マスコミが取り上げないことが不思議で仕方ありません。
もし、池田先生が早朝に死去されれば少なくとも昼のニュースに出るだろうし、
夕刊の新聞、また夜のニュースは大々的に報じられるはず。
さらにネットには無数の反応が見られたと思います。

死去の翌日、この記事に掲げた写真の風景を見上げながら思いました。
「600もある寺院と組織は何を語り、何を決意するのか」
「これからの葬儀に正宗信徒はどう動くのだろう」

同時に、池田先生が亡くなられたときのことを考えました。
「先生はいつ、どんな時に亡くなられるのだろう」
「葬儀はどのようにして行われるのだろう」

ともかくこれからの宗門、また学会の動向をしっかり把握したいです。
その記録を<別館>の新カテゴリに残していきます。

以下に、新シリーズ「日顕死去のカテゴリ」を示します。
https://sokamori2.exblog.jp/i73/

尚、一般紙や週刊誌などで日顕死去に関する情報がありましたら、
コメント欄にお教えいただけるとありがたいです。
ご協力、宜しくお願い申し上げます。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-09-23 06:17 | <別館>のご案内 | Comments(0)

日本と韓国は世界一の友好国になるべきです


☆youtube.com/watch?v=Fhm0qa0n184


このyoutubeは、韓国人の男性が日本を好きになるプロセスが語られています。
11分30秒間の内容ですが、お時間のある方は見てほしいです。
見ていると、涙が出るぐらいの素晴らしい内容です。
これを見て、今の異常な日韓関係が虚しくなりました。

韓国と日本の言葉は似ているのだそうです。
(韓国語を知らない私は何が似ているのかは知りません)
顔もまったく一緒だし、何も変わらないですよね。
よくよく考えてみれば、一番近い国だし、いがみ合うなんてオカシイ。
仲よくすればいい訳ですね、でも犬猿の仲になっている。
なぜなのでしょうか。それは韓国が反日だからですね。

日本には根本的に反韓ではないです。日本人は差別を嫌うから。
ただし、ねつ造された反日運動には腹を立てます。
韓国が反日を捨てれば日本は韓国を大事するのです。
それなのに反日をエスカレートさせている。
慰安婦、徴用工、レーダー問題、日王発言、エトセトラ・・
誰ですか、その反日を炊きつけ、大騒ぎしているのは。
それはムンジェインですよね。韓国左翼連中ですよね。
日本は何度謝り、何度謝罪しましたか?
国家間で「もう過去のことは水に流しましょう」とした。
それなのに、財団を解散させ、過去の契約を無効にして、
再び謝れ、賠償せよなんて、絶対に間違いなく韓国が悪いのです。
日本は引きませんよ。約束を破ったのはムンジェインだから。
日本を差別し、日本を永遠に許さないなら付き合うことはできません。
どうして、そんな当たり前のことが分からない?
ムン韓国は自己中心、独善なんです。
正直、腹立ちますよ。
バカじゃないのって。

でもね、私は韓国人を嫌っているんじゃない。
むしろ、普通の韓国人には親しみを感じますよ。
韓国と日本はとても良く似ている。
だからこそ仲良くすべきです。

<別館>に善良な韓国人のご紹介をいたしました。
お時間のある方はご覧になってください。

sokamori2.exblog.jp/29509273/



ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-07-07 05:33 | <別館>のご案内 | Comments(0)

世間並みの婚活努力をしましょう


☆のんびりの人は一生独身.


現在、私は一昨日から風邪を引いて弱っています。
風邪は怖いです。昨年は高熱を出して難聴になって、
それで「祈って、行動して、治りました」が本当に大変でした。
https://sokafree.exblog.jp/28274522/
ですからこの土日、学会活動は全てキャンセルしました。

さて、<別館>で「結婚のすすめ」を書いています。
いよいよ、シニア編を書こうという段階になりました。
youtubeで研究してきましたが、以下のyoutubeは価値があります。
「仕事を辞めても婚約者を取れ 」というyoutubeです。

www.youtube.com/watch?v=C1PF9f3Nsfc




ご覧になられて、どのように感じましたか?
私は100%この内容を支持します。中途半端な婚活は結果は出ないとのこと。
男も女も、相手に尽くさないと結婚はできないようです。
勿論、双方が活動家で魅力的なら成り立つでしょう。
でも、相手が未活動だったり、未入会なら成り立たない。
結婚するまでは、相手にしっかりと尽くさないとですね。
周囲から「活動をさぼってる」と批判されても動じないことです。
しっかりお付き合いして、相手との間に信頼の根を張らないと、
花も実も得られない人生になってしまいます。

とにかく、婚期やチャンスを失うのは愚かなことです。
結婚は女子部は35歳までですよ。35歳を過ぎると本当に厳しくなる。
一生、独身で生きるならのんびりしていてもいいですけどね。

「お題目をあげただけで、いい人が現れて結婚できる」なんて、
申し訳ないですが、私はないと思います。
「行動なき祈り」は空転の祈りだからです。
そういう発想は、働かなくてもお金が得られるとか、
洗濯しなくても衣類が綺麗になると考えるに等しいです。
お題目あげているからムリをしても守られるとか、
私の風邪をこじらせて半年も苦労した体験からすれば、
そういう考え方ではいけないということは明白でしょう。
仏法は道理であって、魔法ではありません。

以下に、<別館>連載中の結婚のすすめを示します。
結婚適齢期を過ぎている方は、ぜひ見てください。

https://sokamori2.exblog.jp/i69/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-06-02 19:59 | <別館>のご案内 | Comments(2)

気晴らし程度なら宗教はなんでもいい


☆創価の宗教とは何か.


公園に立っている少女像の写真を以下に添付します。
b0312424_12310722.jpg


この写真は、つくば市で撮影したもので、清々しい少女像です。
希望を胸に前を向いて歩む姿が印象的な銅像です。

さて、<別館>に「創価学会の真実は体験からしか見えない」記事を書きました。
以下に添付します。外部関係者のYouTubeも含めご覧になってください。
https://sokamori2.exblog.jp/29352023/

創価学会にせよ、外部にせよ、リクツだけでは是非は問えないものです。
実際にやってみて、現実がどうなのかが大事です。
以下に、「千編の題目の功徳」と「河合師範の指導」を示します。
https://sokafree.exblog.jp/27803829/
https://sokafree.exblog.jp/22302359/

観念での心地良さなら、古代の神話やキリスト教でもいい。
伝統文化に支えられた美しい寺院や庭園のある宗教は魅力的でしょう。
でも、宗教は絵に描いた餅では意味がない。
貴重な時間を割いて投資するのだから、少なくとも
投資に見合った利益が得られなければならない。
このため、初代会長の牧口先生は「実験証明」を重視された。
だから創価学会は、発足当時から今日まで「体験主義」なのです。
私たちは信・行・学を実践します。それは空想や観念の遊戯ではなく、
「功徳」「幸せなる」という結果を得るための修行です。

私は不幸になって信心し、鮮烈な体験を得て学会を理解しました。
内部でも学会を批判する人がいますが、そういう人たちは恵まれているのでしょう。
不幸ならば素直に実践するしかないし、乗り越えたいならやるしかないのですから。
批判は余裕のある証拠で、不幸のどん底では自分のことで精一杯です。
あの人がどうのこうの、そんな余裕は一切ありません。

不幸になって、泣きながらお題目をあげる日々がありました。
必死で小説・人間革命や御書を読みあさりました。
すると考えられない幸福に至るものでした。
本当です。私はそうなりましたから。


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-04-07 06:40 | <別館>のご案内 | Comments(8)

職場のいじめとの戦い方


☆<別館>記事のご案内.


以下に、舟のカタチをした風見鶏の写真を添付します。
b0312424_21420863.jpg


この写真、スゴイでしょう?
皆さん、見たことありますか、こういう風見鶏。
まあ、風見鶏とは言わないでしょうけど、とにかく舟なんです。
「宙船(そらふね)だ!」って思いました。(笑い)
すると以下の歌が心の中に流れたのでした。
youtube.com/watch?v=YfmHvbe

さて、<別館>にお月さんへのコメント、一応、申し上げました。
いじめはいけません。陰険な悪口も意地悪もいけません。
でも、いじめも悪口も、この世の中からなくならない。
とにかく、その濁悪に打ち勝つしかない。
と、いうことで11編のシリーズで申し上げました。
以下に、その記事カテをご案内申し上げます。
sokamori2.exblog.jp/i67/

みなさん、いじめに負けず、断じて勝ちましょうね!
ガンバレ、お月さんとその眷属さんたち!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2019-03-20 05:27 | <別館>のご案内 | Comments(0)

憲法改正の是非を問う


☆憲法問題を掘り下げる.


憲法改正を党是とする自由民主党。
その自民党と連立を組む公明党。
今、この連立政権が日本の未来を切り開いています。

時代は移り、アメリカの国力が落ちる中で発生したのは、
ロシアと中国という強大な軍事国家による侵略でした。
この問題の意味することは、戦後70年の日本の歴史の歩みを
同じように考えてはいけない、という教訓です。

日本の国力は、少子高齢化によって確実に弱まります。
日本は日本人だけで経済活動をすることはできません。
外国人を受け入れ、外国人と共に生きるしかありません。
内外に問題を抱えながら、日本を維持する・・
そのためにも、法律の新陳代謝が必要です。

私たちは生活するに働かなければなりませんし、
健康を維持するにも運動をし栄養をとらなければなりません。
国も同じで常に資金を投じ、手間暇かけて進化させなければなりません。
進化なき生物が淘汰され、滅びるように、
進化を否定する国の未来に繁栄はありません。

未来を考えず、その日暮らしの家庭に幸福がないように、
怠惰で働かず、努力を放棄した人に満足がないように、
今まで無事だったかから、これからも無事という
能天気な単純思考であってはなりません。
国民あっての国ですが、国あっての国民です。
どちらも大事な存在なのです。

このたび、<別館>に「憲法改正を考える」カテを創設しました。
安倍首相は、2020年に憲法改正の国民投票をすると言っています。
それまでロングランの連載になると思います。

以下に、その「憲法改正」カテを示します。
sokamori2.exblog.jp/i64/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-12-12 05:32 | <別館>のご案内 | Comments(4)

中国と創価学会の関係について


☆中国帝国への対抗策.


「歴史で読む中国の不可解」表紙を以下に添付します。
b0312424_05315373.jpg

出典:www.amazon.co.jp/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%

日本経済新聞の広告に興味深いサブタイトルを見ました。
題名は「歴史で読む中国の不可解 岡本隆司 著」
サブタイトルに「上から目線は変えられない」
「2000年間不変の謎を説く」と書かれていました。

広告解説:「なぜ平気で他国良領を自国と主張するのか?
不可解極まる隣国の行動を理路整然と説明。
歴史が語る、中国とロシアのDNA。独裁を好む傾向。
日本は歴史から何を学び、警戒すべきか」と書かれています。
近年、傲慢さを増す中国への批判書でしょう。

さて、<別館>に「中国と創価学会の関係」カテを書きました
近年の中国の南シナ海問題、覇権問題に対する創価学会の行動に疑問を持ったからです。
いろいろ調べてみて見えたものは、国の立場で考え方が異なるということでした。
「同じアジア人なのに、こんなにも違うのか」と驚きもしました。

日本国内でも総理大臣の家に生まれる子供と庶民子供では違います。
泥棒の息子、共産党員の息子、学会員の息子も違います。
同じく日本人と中国人、韓国人、ロシア人やフィリピン人は違います。
人は歴史と風土とで民度が基盤形成されていきます。
これは牧口先生の「人生地理学」に明確です。
ですから「対話で解決する」と言っても、相手の国土世間をしっかり把握し、
歴史、経済、軍事、性格を知って交渉する必要があります。
対話は誰にでもできる。問題は結果です。

中国の海洋覇権問題は本当に大きな問題です。
その中国は2000年の歴史で作られ、固定化した性格があります。
日本も韓国も同じです。国ごとに性格と行動が違うのです。
その価値観の違う国が理解し合うためにはどうすればいいのでしょうか。
それは仲良くなると決めて、相手を理解する努力が必要だということです。
その上で対話し、信頼、信用を形成することです。

大事なことは創価学会員の方程式と同じだということです。
まず「誓願」する、そして「行動」すること
「恒久平和」を決意し、対立を避け、協力し合うこと
その方法論しかありません。

そのことを<別館>に40編の記事として書きました。
ご興味のある方は、以下のURL先をご覧ください。
https://sokamori2.exblog.jp/i63/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-11-25 06:35 | <別館>のご案内 | Comments(0)

雑多なお話しあれこれ


☆<別館>に詩集「草の葉」.


おはようございます。
ちょっと驚いたニュースからお話ししましょう。
それは「交通違反者524人逮捕」というニュース。

交通違反をしたのに反則金を納めなかったり出頭に応じない違反者561人に対して
警視庁が逮捕状を取って524人を逮捕したとのことでした。
警察をナメたらこうなるぞ!との怒りの逮捕劇。
6月29日までに逮捕されたのは、都内でスピード違反や信号無視などの
交通違反をした男女524人。
警視庁は再三の出頭要請にも応じず、反則金を納めないなどの悪質な違反者で
時効が迫ったものを対象にしたとのこと。
今524人が払った罰金は合わせて665万円に上るという。
一方、「ニュースで逮捕状が出たのを知った」と言って出頭した
11人は逮捕されなかったという。

都内で出頭要請に応じない人がまだ600人近くいて、
警視庁は出頭に応じなければ逮捕すると述べている。
逮捕は、履歴書に残るから大変ですよ。
読者の中に、そんな人はいないと思うけど、もしキップ切られてそのままなら、
即刻、警察に行きましょうね!

さて、本日はひらがな御書で「盂蘭盆御書」をアップしました。
餓鬼界に堕ちた母を仏法で救うという凄まじい御書です。
hiraganagosho.web.fc2.com/b1427.html

それと、<別館>に「ホイットマン詩集」の記事を二つ入れました。
sokamori2.exblog.jp/28411412/
sokamori2.exblog.jp/28413118/

ホイットマンの詩集「草の葉」、この年になって初めて読んで、
その凄さに驚いています。
過去読んだ詩集の中でナンバーワンです。

次に、小説「新人間革命第30巻のスクラップブック」写真を添付します。

b0312424_06433967.jpg

すでに6冊が満杯になり、さらにスクラップブックが必要みたい・・
でも、嬉しい。この今の時代に生きててよかった!
このスクラップブックはわが家の家宝です。
第30巻の読書感想文は、更新していませんが以下の通り。
https://sokamori2.exblog.jp/i49/

以下はオマケの写真です。アジサイの花の上にいるカナブン。

b0312424_06542154.jpg

フワフワの花のベッドに安らぐ?カナブンです。
梅雨が明けたとのこと。猛暑になることのこと。
この夏は体調にお互い、気をつけましょうね!


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-06-30 06:22 | <別館>のご案内 | Comments(0)

ブログ史上、最大のテーマに挑む


☆広宣流布と師弟不二.

b0312424_22150051.jpg

このイラストは創価の森ブログ用の赤猫です。


創価の森<別館>では「深く掘り下げる」テーマを書いています。
前回は「学会復帰への道」と題し、退転状態からどのように組織に復帰したか、
また、復帰後、自宅を座談会場として提供するまでのお話をしました。
鳴かず、飛ばず、10年も会合に出ず、「未活動」へ。
そんな劣等生が、平凡ではあるが活動家になった話でした。
その「学会復帰への道」カテを以下に示します。
https://sokamori2.exblog.jp/i57/

次のテーマを考えているとき、あるコメントを思い出した。
そこには次の内容が書かれていた。

「今は広宣流布を祈れないです。でも広宣流布できる自分になりたい、
病気を治し、生きることが楽しくなりたい。そのためには、
もがきながらでも、祈っていくしかないんですね」・・

でも、信心は祈ることではないのです。
信心とは「決めて、祈って、行動する」ことです。
sokafree.exblog.jp/22302359/
まず「決める」、すなわち「決意する」ことです。
「広宣流布が祈れない」のは「広宣流布への決意がない」から。

「自分のことしかできないのにムリ」ですって?
でも、大丈夫。全員、一人残らず広宣流布できるのです。
師弟不二の誉れある人生を歩めるのです。

ということで新シリーズ「広宣流布の人生」をスタートします。
過去最大のテーマですし、ちゃんと書けるでしょうか。
あくまで、個人的見解ですからご了承ください。

その新カテゴリの記事URLを以下に示します!
https://sokamori2.exblog.jp/i59/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-06-07 06:06 | <別館>のご案内 | Comments(2)

「学会復帰への道」シリーズ


☆平凡な学会員の凄さ.


ひらがな御書スタッフのゆり子さんから頂いたテーマ「学会復帰への道」。
いよいよクライマックスが近くなってきました。
退転した私が、10年の空白から学会に戻ってきて、
ついに平凡ではあるけれど一人前の学会員になるという話。
私がずっと言い続けてきたリアルな「平凡な学会員」が一杯いる座談会。
座談会には、等身大のありのままの学会員が顔をそろえています。
「平凡な学会員」を言い換えるなら「平凡な仏」です。
平凡でも仏ですから、世界で一番幸せなん人ということになります。
平凡な仏というのは私独自の表現方法です。
無名の普通の庶民が、地域に根差し、信心して、
大富豪よりも幸せになっていくのです。

「お前が仏と言えるのか」ですって?
はい。私は私のこと、増上慢でなく、本気でそう思っています。
というか、そういう学会員は無数にいるのです。
私の地区にだって、ざっと見渡しても20人以上います。
少なくとも、協議会に参加している、座談会に常連で参加している、
折伏もしている、その生活に歓喜している、そんな人たちは仏です。
学会には幾百万の仏がいて、その末端に私もいるのです。

能力が高いとか低いとか、美人だからそうでないとか、金持ちとか貧乏とか、
病気だから健康だから、なんて関係ないですよ。
どんな立場であっても仏になれるというのが学会です。

そのこと、<別館>に連載で書いております。
以下にその「学会復帰への道」カテゴリを以下に示します。
sokamori2.exblog.jp/i57/


ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-05-31 06:03 | <別館>のご案内 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句散歩
学会活動
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:52
Commented ..
by sokanomori3 at 22:35
kaisenさん、非公開..
by sokanomori3 at 21:04
菊川様こんばんは。 ..
by kaisen at 18:45
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 22:30
菊川様こんばんは。 ..
by kaisen at 21:04
みわちゃんさん、こんばん..
by sokanomori3 at 20:54
始めまして 4年目を終..
by みわちゃん at 08:11
ゆりこさん、こんにちわ。..
by sokanomori3 at 15:02
kaisenさん、こんに..
by sokanomori3 at 14:59
菊川さんの再就職は、親孝..
by ゆりこ at 12:03
菊川様こんにちは。 ..
by kaisen at 11:32
poorさん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:45
おめでとうございます。 ..
by poor at 00:23
>それだけに相当きつ..
by sokanomori3 at 17:45
介護の仕事は今や花形です..
by SHIN at 17:16
はい、考え得る全てを考え..
by sokanomori3 at 11:59
>奥さんがそれでいいよと..
by sokanomori3 at 05:15
めっちゃ気合入れて臨んだ..
by 千早 at 16:20
面接の方もびっくりされた..
by 千早 at 16:14

リンク

以前の記事

2020年 11月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア